Banner sale pc eba42cc4d9d2a4cfc3a83423bd6841d7198896438b784322aac6113aedb36928
Left arrow c422a6a2978ef292db3f0551ccb8069f1681f64779fa70529e8db42fb45ea680
Right arrow fbe37751943529a5234923a259d8d877f7254b9f0aba35d9a7ced2afc355c069
  • Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

    SOLD

  • Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

    SOLD

  • Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

    SOLD

Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

SOLD

Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

SOLD

Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

SOLD

Mooer Micro Preamp 006 プリアンプ fenderトーン アンプシミュレーター

この商品は取引が終了しました

商品の説明

購入後2回のスタジオ使用のみですが、ボードに入れて運んだ際に少し傷などはついています。箱などは購入時のままです。購入後まだ一カ月も経っていません。サウンドはfenderアンプらしくJC120などのアンプも、それらしく真空管っぽくなります。また、2チャンネル仕様なので、ブーストとクランチがこれ一台でまかなえますので、JCなどしかない場所のセッションなどにはこれ一個あれば大丈夫でしょう。当方の場合は、使っている他のエフェクターとの相性があまりよくなかったので、手放したいと思います。配送はレターパック500を予定していますが、箱つぶれなど心配な場合は他の方法も対応いたします。MooerMicroPreamp006は、クラシックなトーンを現代的にリファインした、90年代の“新しいツイードアンプ”のトーンを収録したミニサイズのプリアンプペダルです。ヴィンテージな風合いのツイードキャビネットに覆われた40Wコンボアンプには12インチスピーカーが1発セットされていました。90年代に発売されながら、後にリイシューモデルも出た名作のトーンが、この小さなペダルで再現できます。●MicroPreampMooerMicroPreampシリーズは、様々な真空管アンプのサウンドをミニサイズ筐体に収録したデジタルプリアンプペダルです。“InteligentAmplifierModeling”テクノロジーにより、本物のチューブアンプが持つサウンド、ダイナミクス、レスポンスをキャプチャしました。小さな筐体には機能が満載。3バンドEQを搭載し、2つのチャンネルを選択可能、さらにキャビネットシミュレータも内蔵します。フットスイッチはアクティブ/バイパスだけでなくチャンネル切替えスイッチとして使うこともできます。MicroPreampシリーズのペダルは、エフェクターとしてはもちろんのこと、エフェクトリターンやパワーアンプインプットに接続し、アンプのパワーアンプを直接駆動させることもできます。さらにスピーカーシミュレータを使用してのラインレコーディングも可能。PAやモニターに直接出力することもできます。●完全独立したデュアルチャンネルMicroPreampシリーズは独立した2つのチャンネルを選択することができます。操作を行うコントロールノブは共通していますが、2つのチャンネル間でノブの操作が影響することはありません。CH/CABボタンやフットスイッチでチャンネルを切替えると、現在のノブの位置にかかわらず、前回の設定がそのままロードされます。つまり、一度作った音は、チャンネルを切替えてノブを動かしても影響することがありません。チャンネルを切り替えるとLEDカラーが変わるため、現在のチャンネルも一目でわかります。●キャビネットシミュレータMicroPreampシリーズにはスピーカーから出た音をシミュレートするスピーカーシミュレータを内蔵し、PAやモニター、オーディオインターフェイスなどに直接接続することもできます。スピーカーシミュレータのON/OFFはCH/CABボタンを長押しする切り替わります。キャビネットシミュレータがONになっている間、LEDはゆっくりと点滅します。●コントロール・VOL:音量を調整します。・GAIN:歪みの強さを調整します。・TRE:高域の出方を調整します。・MID:中域の出方を調整します。・BASS:低域の出方を調整します。・CH/CAB:プッシュすることでチャンネルを切替えます。また、2秒間の長押しでキャビネットシミュレータのON/OFFを切替えます。・フットスイッチ:2つの動作モードを備えています。動作モードを切り替えるにはフットスイッチを2秒間長押しします。アクティブ/バイパス:フットスイッチを押すことでプリアンプのアクティブとバイパスを切替えます。通常のエフェクターのように使うことができます。チャンネル切替え:フットスイッチを押すことで2つのチャンネルを切替えます。常時ONのプリアンプとして使う際に有効です。●接続・DCIN:センターマイナスDC9Vアダプターを接続します。消費電流は220mAです。・INPUT:楽器側のケーブルを接続します。プリアンプとして使う場合、前段に歪みエフェクターなどを接続することも効果的です。・OUTPUT:アンプやPA側のケーブルを接続します。アンプのインプットやエフェクトリターン、PAなどに接続します。空間系エフェクトなどは後段に接続すると効果的です。●スペックインプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:1MΩ)アウトプット:1/4インチモノラルオーディオジャック(インピーダンス:100Ω)電源:レギュレートされたセンターマイナスDC9Vアダプター(電池はご使用になれません)消費電流:220mAサイズ:93.5mm(D)×42mm(W)×52mm(H)重量:160g