MusicLab社のReal Guitarで、ナイスな音作りにトライしましょう

DTMの楽曲作りで、最も苦労するのが、ギターの打ち込みです。もちろん、プロ並みの演奏力を持つ人なら、リアルにギターを弾いて録音することもできますが、アマチュアにとっては、なかなか満足のいく結果が出ません。今回紹介するRealGuitarは、ギターを使った楽曲づくりに、新たな息吹を吹き込むものと思います。

この記事ではRealGuitarの特徴と使い方について解説します

目次

  • 打ち込みでは限界がある、ギター演奏の再現
  • ギターの弦、一本一本の音が輝いています
  • RealGuita4で追加されたSong modeは驚きです
  • まとめ:RealGuitarはDTMのあらたな革命児となるか

打ち込みでは限界がある、ギター演奏の再現

MusicLab 社 RealGuitarは、高品位なサンプリング・サウンドをベースに、MIDIキーボード/MIDIシーケンサーで、ソロからバッキング、アルペジオなどの奏法を、これまでに無いリアルな音で再現するアコースティック・ギター専用ソフト音源です。

生演奏以外の手法で、ギター音源を再現するには、以前はmidiデータの打ち込みという手法か、ループファイルのギター音源を利用するしかありませんでした。

打ち込みでの再現は、メロディーやアルペジオ程度でしたら、それなりにギターの「鳴り」のノウハウを身につけていれば、ある程度再現可能でしたが、コードのバッキングを再現しようとすると、6つの弦の音の強さ、長さ、ずれなどの微妙なニュアンスが必要です。曲想に合わせた奏法をイメージしながら、打ち込んでも、実際に演奏させてみると、しっくりこないことが多く、修正にも時間がかかります。

ループファイルを使用した場合も、イメージにぴったりのループがなかったり、組み合わせるとしっくりこないことも多く、DTMユーザーにとっては最大の悩みでした。

ギターの弦、一本一本の音が輝いています

midiキーボードがあれば,キーボードにそれぞれの音色が割り当てられるので、キーボードでギターを奏でることができます。RealGuitarjは555 MBのデータに、Steel Picked、Steel Fingered、Nylon Picked、Nylon Fingered、Steel 2 Picked、Steel 2 (Doubling)、12-string、Steel Stereoの8つの音色がサンプリングされています。

キーボードでギターを弾く、ちょっと邪道かもしれませんが、ギター特有のミュード奏法などもサポートしており、再現されたギターの音色は、本当にリアルで、美しい響きをかもしだします。この素晴らしい音を実際にギターで再現するとしたら、マーチンやギブソンなどの高価なギターと凄腕のプレーヤーが必要でしょうね。ただ、見ている人はちょっと違和感を抱くかもしれません。それほど、素晴らしい音色です。

RealGuita4で追加されたSong modeは驚きです

RealGuitar4には、新たにSong modeが追加されました。このモードではアルペジオからバッキングまで、様々な奏法パターンが用意されており、コードにあわせて演奏することができます。奏法パターンは1250用意されており、ほとんどのジャンルの曲にあわせることができます。

スタンドアローンではDAWのトラックにあたる、Time Lineにコードと演奏パターンを記入することで、演奏をさせます。DAWと一緒に使用するためには、DAWのトラックにRealGuitarをプラグインさせて、同期させます。

専用に開発されたインターフェースには、非常に高度な MIDI管理機能が搭載されており、ソロ・フレーズからコード・バッキング、アルペジオまで、従来のサンプリング・ライブラリやソフトウェアでは再現できなかった、ギター特有の奏法をいとも簡単に、そして驚くほどリアルに表現する事ができます。コードは音楽理論に基づいた、サークル・オブ・フィフスをベースにした「コード・セレクタ」で、様々なコード設定ができます。

さらに、よりRealなパフォーマンスを再現するために、Humanizeオプションを搭載し、ピックポジションやピッチ、ベロシティ、発音タイミングなどをランダム変化させることによって、弦の押さえ方の強さ、ミスタッチなど、実際にギタリストが演奏しているような人間味を加えることもできます。

まとめ:RealGuitarはDTMのあらたな革命児となるか

RealGuitar4の出現は、DTMの曲作りに大きな影響を与えました。Real Guitarシリーズはストラトキャストを再現したRealStratや、Paul Custome Guitaを再現したRealLPCなど5種類のギターシミュレーションソフトが用意され、国産ソフトではProminy社からHamingbirdといった素晴らしいギター音源も発売されています。いつの日か、DAWにこのようなギターシミュレーションソフトがバンドルされ、AI技術が発達すれば、音楽づくりにも新しい流れが誕生するものと思います。

【全年代別】フェンダージャパンのシリアルナンバーと製造年度一覧表

【全年代別】フェンダージャパンのシリアルナンバーと製造年度一覧表

みなさんはエレキギターにシリアルナンバーがあるのはご存知でしょうか?さすがにシリアルナンバーに関して知っている方は多いと思います。どのギターにも1本1本個別のシリアルナンバーがつけられていますが、フェンダージャパン(fender japan)製のエレキギターはその英数字を元にギターの製造年度が...

エフェクターボードの要!パワーサプライのオススメと特徴!

エフェクターボードの要!パワーサプライのオススメと特徴!

こんにちは。エフェクターボードに一番必要なものと言えばなんでしょう。エフェクター本体やパッチケーブルはもちろん必要ですが、エフェクターボードが大きくなればなるほど必要なのが「パワーサプライ」ではないでしょうか。「自分のエフェクターボードには〜台あるからこれくらいの数の出力端子が必要…」「もっと...

知らないと困る!?ベースアンプの使い方

知らないと困る!?ベースアンプの使い方

いろんな種類のベースアンプがある中で、どうやって使うの?と悩んだことありませんか?ここでは基本的なベースアンプの基本的な使い方、繋げ方、順番、各つまみの役割を説明していきます!

今の7弦の音に不満はありませんか!?リプレイスメント7弦用ピックアップのおすすめと特徴!

今の7弦の音に不満はありませんか!?リプレイスメント7弦用ピックアップのおすすめと特徴!

そのラウドな重低音が魅力の7弦ギター。しかし載っているピックアップによりその低域の再生力は大きく左右されます。最近急速に市民権を得るようになってきた7弦ギターですが以前までは選択肢が少なく同様にピックアップやブリッジなどのパーツも殆ど出回っていませんでした。しかし7弦及びその他多弦ギターの普及...

人気の高いシリーズ、Taylorアコギ 300シリーズの魅力と選び方

人気の高いシリーズ、Taylorアコギ 300シリーズの魅力と選び方

テイラーのアコースティックギターの中でも人気の高いシリーズといえばこの300シリーズです。しかし、300シリーズの中にも様々なラインナップがあり、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いと思います。この記事では、そんな300シリーズの魅力とおすすめのラインナップ、選び方をご紹介します。1974年...

おすすめの記事一覧

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

楽器・機材を探す