クリス・ウォルステンホルムの使用ベース&おすすめ曲3選!安定のサウンドで心を掴む!

クリス・ウォルステンホルム(Chris Wolstenholme)はイギリス出身のベーシストです。MUSE(ミューズ)というバンドで活動しているクリス。元々ドラムを叩いていたはずのクリスがなぜベースに転向したのか。彼の音楽人生は興味をそそる要素がたくさんあります。今回はそんなクリス・ウォルステンホルムの使用ベースやおすすめ曲を紹介しながら、彼の魅力に迫っていきたいと思います!

目次

  • クリスの音楽人生!
  • バンドにいなきゃ困る!クリスの魅力は?
  • クリスの使用ベースの数々!
  • 実際に聴いてみよう!おすすめ曲3選!
  • プロフィール情報!
  • まとめ

#musehalloweenspecial Photo by Matt Hayslett

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

クリスの音楽人生!

クリス・ウォルステンホルムはイギリスのロックバンド、MUSEのベーシシトです。11歳の時にイギリスのロザルム自治区からデヴォン州テーンマスに引っ越したクリス。この引っ越しが彼の人生を大きく変えていきます。

Death by milkshake

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

デヴォンでバンドを結成したクリスは当初ドラムを叩いていました。ここでクリスとは別にバンドを結成していたマシューたちのバンドのベーシストがいきなり脱退。彼らの要望もあり、クリスはドラムを辞めて、マシューたちのバンドのベーシシトとして活動をスタートさせます。これがMUSEの始まりです。

ここで初めてベースに触れたクリスですが、驚くセンスで瞬く間に立派なベーシストになりました。今ではポール・マッカートニーにも絶賛されるほどの実力で、イギリスの音楽業界を代表するベーシストとして君臨しています。

バンドにいなきゃ困る!クリスの魅力は?

クリスの魅力は「絶対的な楽器演奏スキル」と「楽曲制作のセンス」です。

Cuddles with Kevin

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

イギリスの代表的なベーシストというだけあってかなりの実力を持っているクリス。安定した演奏はバンドにとっても必要不可欠であり、彼なくして今のMUSEはありません。

また、元々ドラマーだった事もあり、リズムを取るのもお手の物。ベースではありますが、激しいヘッドバンクをするほど余裕を持って演奏したりも!他にもハーモニカやギターも弾けるクリスはまさにマルチプレイヤーなのです!

MUSEといえばマシューみたいな風潮がありますが、実はMUSEの曲をクリスも制作しています。キャッチなーフレーズはクリスから生まれている事も多々あるみたいです。以上の事からクリスはMUSEにとって必要不可欠な存在なのです!

クリスの使用ベースの数々!

気になるクリスの使用ベースを紹介します!ベース選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

Rickenbacker 4001

Fender Jazz Bass

A funk still life... #studio #fender #fenderjazzbass 1972

Teddy Crockettさん(@teddycrockett)がシェアした投稿 -

Gibson Grabber Bass

他にも下記のようなベースを使用しています!

  • Kitra Double Neck Bass
  • Fender Delux Active Jazz Bass
  • Fender Precision Bass Excallibur 50
  • Pedulla Repture Bass
  • Fender American Standard Jazz Bass Sunburst
  • Fender American Vintage `75 Jazz Bass
  • Status 52-Classic
  • Status The King Bass MK II
  • G6128B Thunder Jet Bass
  • Warwick Streamer Pro M

実際に聴いてみよう!おすすめ曲3選!

Uprising

不思議なイントロからスタートする曲。それだけでワクワク感を得れます!物語を読んでいるような感覚になる面白い曲です!

Starlight

とても聴きやすく耳にも残りやすい曲。シンプルだからこそ記憶にも残りやすいのかもしれません!

New Kind Of Kick

MUSEらしい曲で不思議な世界観とキャッチーなフレーズが特徴的な一曲!個人的に一番好きです!

プロフィール情報!

Starting to cloud over in Orlando. I'm hoping we get out before the storm hits.

@ctwolstenholme78がシェアした投稿 -

  • 名前:クリス・ウォルステンホルム(Chris Wolstenholme)
  • 生年月日:1978年12月2日
  • 出身地:イギリス
  • ジャンル:オルナティブロック、シンフォニックロックなど
  • 担当楽器:ベース、コーラス
  • 公式ホームページ
  • YouTube:Muse
  • Twitter:@CTWolstenholme
  • instagram:@ctwolstenholme78

まとめ

MUSEにとって絶対にいなくてはならないのがクリス。バンドメンバーだけではなく、有名ミュージシャンからも実力を認められている天才的なベーシストです。皆さんもこれを機にクリスのプレイやMUSEの音楽を実際に体感してみてください!SNSも覗くとよりクリスの事が分かりますよ!

この記事に関連する商品

  • ピックアップ交換で更なる音質向上を目指そう!Suhrピックアップのラインナップと特徴!

    ピックアップ交換で更なる音質向上を目指そう!Suhrピックアップのラインナップと特徴!

    皆さんは今のギターのサウンドに満足されていますか?満足されていない、もしくは満足していてももっと良い音にしたい方はピックアップの交換を視野に入れてはいかがでしょうか?ピックアップを変えるだけでサウンドキャラクターはかなり変わりますし、交換も簡単!是非試してみてください!というわけで今回は世界最...

  • フリースタイルダンジョンに出ないのは業界の策略か?鎮座ドープネスを出せ!

    フリースタイルダンジョンに出ないのは業界の策略か?鎮座ドープネスを出せ!

    近年のヒップホップ人気上昇の中、ある一つの現象が起きていることをご存知でしょうか。それは「フリースタイル」と呼ばれるラップが、一般層に認知され始めたことです。その現象を象徴するように「フリースタイルダンジョン」というテレビ番組が始まりました。そして現在、同番組に”あの男”が出場することを望む声...

  • ヘヴィメタルの基礎を築いた、リッチー・ブラックモア名曲

    ヘヴィメタルの基礎を築いた、リッチー・ブラックモア名曲

    リッチー・ブラックモアは、ディープパープルとして活動後、自身のソロバンドであるレインボーとして活躍しました。1970年代というブルース・ロックの全盛期にロックギターにクラシックのフレーズを入れ、ロックの可能性を広げました。1970年代以降のハードロックに多大な影響を及ぼしました。彼のステージ上...

  • カーク・ハメットの使用ギター&おすすめ曲3選!聴きどころ満載のサウンドとは?

    カーク・ハメットの使用ギター&おすすめ曲3選!聴きどころ満載のサウンドとは?

    アメリカのヘヴィメタバンド、メタリカのギタリストであるカーク・ハメット(Kirk Hammete)。メタリカの前はエクソダスのギタリストとして活動するなど、ステージ経験が豊富なカーク。その独自性が強いプレイスタイルは良くも悪くもバンドに影響を与えています。今回はそんなカーク・ハメットの使用して...

  • レッド・ツェッペリンのベーシスト、ジョン・ポール・ジョーンズが弾く良プレイ5選!

    レッド・ツェッペリンのベーシスト、ジョン・ポール・ジョーンズが弾く良プレイ5選!

    ジョン・ポール・ジョーンズというベーシストは、ジミー・ペイジ、ロバート・プラントが脚光をあびるレッド・ツェッペリンにおいて、実は縁の下の力持ち的な、欠かせない存在でした。ベース以外にも様々な楽器をこなすマルチプレイヤーであり、優秀な作曲者でもある彼の楽曲・エピソードをご紹介します。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す