元祖ハイエンドベース MTDの特徴と種類

ハイエンドベースの代名詞とも言える、MTD。憧れはすれども弾いた事はないという方も多いと思います。

今回は少しでも具体的なイメージを感じられるよう、MTDエレキベースの特徴と種類・モデルをご紹介していきます。

目次

  • 成り立ち
  • サウンドの肝、ピックアップとプリアンプ
  • 多彩なウッドマテリアル
  • 535 ? 434? モデル名の秘密
  • 使用アーティスト

"D 'GOUCHE ?" #bassporn #bassforward #mtd4lyfe #michaeltobiasdesign #mtd #mtdbass #joglobasscenter #killerbasses #baixonatural

Alfred B. W.さん(@alfredbwanasida)がシェアした投稿 -

成り立ち

出典:MTD公式サイト

1970年代にギターを作り始めたMichael Tobiasは1977年に自身の工房をスタートします。この時に始めた工房の名前がTobias Guitars、MTDの前身です。

その高い独創性とクオリティは当時から高い評価を集めます。しかし、ハンドメイドギター工房であるTobias Guitarsは生産数を伸ばすことに苦労します。生産性を解消するために、Tobaisがとった手段はTobias Guitarsの事業を売り渡すことでした。

1990年にGibsonがTobiasを買収したあともTobiasのチームは存続し、Gibsonから提供された資材や機材を得て、彼らのチームの手によってTobiasは生産され続けました。

1992年、Tobias Guitarはビジネス的な理由でナッシュビルに移りましたが、トバイアス本人はナッシュビルにはいきませんでした。

これがTobiasがTobias期、Gibson期と呼び分けられる理由ですね。Gibsonを去った後、マイケルトバイアスは新しい楽器を設計し、ニューヨークに彼本人によるカスタムショップをオープンします。これこそがMichael Tobias Design、MTDです。

サウンドの肝、ピックアップとプリアンプ

MTDではほぼ全てのベースにBartolini製のエレクトロニクスが使われています。バキッとハイレンジなサウンドのBartoliniとのコンビネーションこそがMTDのサウンドの要と言っても過言ではないでしょう。

ソープバータイプのピックアップですが、実のところ中身はリバースのPベースタイプになっています。これはMTDのためにカスタムワウンドされています。プリアンプにはNTMBをベーシックにMTD仕様にカスタムされています。3Bandのイコライザーにミドルの周波数帯を切り替えるスイッチつき。MTDのプリアンプ(Custom Bartolini)はどんなセッティングにしても破綻することがありません。日本人的な感覚ではイコライザーは補正程度に使うもので、積極的に使うプレイヤーは多くありませんが、MTDは積極的なイコライジングを推奨しています。

そのためか、イコライザーをフルテンで使っているミュージシャンもとても多いです。その状態で実際に音を出してみると、ゴスペル系ベーシストが出しているあのサウンドです。

一時期のハイエンドベース界隈のBartoliniエレクトロニクスの以上な採用率の高さには間違いなくMTDとBartoliniのコンビが影響しているでしょう。

多彩なウッドマテリアル

MTDはエレクトロニクスはほぼ全てのモデルが同じです。しかし、ウッドマテリアルにスタンダードなものはありません。以下、MTDが使う木材のほんの一部です。

アッシュ、アルダー、メイプル、ウォルナット、マホガニー、ブラックリンバ、パープルハート、チューリップウッド、マートル、レッドウッド、エボニー、ウェンジ……とても数え切れません。

多くの種類の木材を扱うことが出来、それらを組み合わせて適したサウンドに仕上げる、まさにウッドマスター。世の中にはトーンウッドという単語があります。トーンウッドとは、装飾的に使う木材とそうではないものを区別するための単語です。MTDには所謂トーンウッドはありません。その全てがトーンウッドだからです。

また、MTDは今までには考えられなかった使い方を開拓しています。その大きな1つが、アッシュネックでしょう。

アッシュ材は元々ボディ材としてはトラッドな存在でしたが、ネック材として積極的に使われることは非常に珍しいです。アッシュネックの特性はハイレンジでピーキー。通常扱いづらいものですが、MTDにはぴったりかもしれませんね。逆に、メイプルネックがいかにトラッドなサウンドかもわかります。他にウェンジネックはMTDの定番ネックです。非常に強度が高く硬質なウェンジネックはF1カーのような、ザMTDサウンド。

ただし、35インチのように長いスケールに硬質なウッドマテリアルを合わせたMTDを十分に鳴らすにはある程度強い入力が必要です。そういった意味で、日本のマーケットではやはりトラッドな木材が使われたMTDが人気のようですね。

ネックに関して、MTDは少し特殊なシェイピングをします。通常ネックはまっすぐに、左右対称にシェイピングするのが一般的ですが、MTDの場合は左右非対称です。低音弦側の方がより厚くなる仕様で、この加減は1本1本違います。手作業により、それぞれのベースに最適なグリップを探し出しているためです。

535 ? 434? モデル名の秘密

出典:MTD公式サイト

535、434などのシリーズが代表的なMTDベースでしょう。この数字、実は弦の数とスケールの長さを示しています。

ex)

  • 535→5 strings 35 inch scale
  • 434→4 strings 34 inch scale

わかりやすいですね。なので、例えば10strings 40inchの場合は1040です。

ちなみに、通常MTDは21フレット。24フレットモデルは「535-24」というモデル名になります。その他に、クラシックな仕様のSaratoga、ピックアップをリアに寄せたsuper 5などがありますが、あくまでメインは535や434の数字のモデルですね。

使用アーティスト

Andrew Gouche

ゴスペル、R&B界の重鎮。Chaka Kahnを筆頭に、Michael Jackson、Madonna、錚々たるスーパースターのレコーディング、ツアーに参加する本物のファーストコール。高いテクニックと、ゴスペル系ミュージシャンらしいタイム感がオンリーワンのマイノリティ。一般的なベーシストと比べると圧倒的に手数が多いのも特徴的ですね。

しかし、彼のプレイはあくまで裏方、リーダーではありません。まさに本物のベーシスト、グルーヴマシンですね。MTDからは彼のシグネイチャーモデルも発売されています。

Robert Bubby Lewis

近年、日本のシンガーのAIのツアーにも参加しており、日本における知名度も高くなってきています。美しいコードワーク、力強い右手のタッチでの高速プレイ、日本人好みのベーシストですね。

彼仕様のベースは超ワイドピッチで、6弦ベースのネックに5弦を張ったモデルもあるんだそうです。ちなみに日本のアニメ文化が大好きで、日本のファンにはドラゴンボールやワンピースの話をよくしています。渋谷をよく歩いているそうなので、探してみてください。

森多聞

R&BやFUNK、JAZZ、HIPHOP、あらゆるブラックミュージックをもとにしたスタイル。日本人離れした豪快なフレージング、タイム感です。

ナオトインティライミ、久保田利伸、清水翔太、日本のトップミュージシャンのツアーメンバーやレコーディングメンバーに選ばれています。力強いピッキングはピーキーな仕様のMTDの能力を十分に引き出しており、参加している音源を聴いてみるとどストレートなMTDサウンド。

ソース、引用元

https://www.facebook.com/michaeltobiasdesign/

http://www.mtdguitars.com/

この記事に関連する商品

  • ロイ・ブキャナンと双璧をなすテレキャスター使いは“世界でもっとも偉大な無名ギタリスト” ダニー・ガットン

    ロイ・ブキャナンと双璧をなすテレキャスター使いは“世界でもっとも偉大な無名ギタリスト” ダニー・ガットン

    アメリカの首都 ワシントンD.C.に生まれたギタリストのダニー・ガットン。ジャズやカントリーといったフィールドを中心に、マイペースに活動を展開して来ました。しかし、そうでありながらもアメリカGuitar Player誌では“世界でもっとも偉大な無名ギタリスト”という評価を得ます。今回は、そんな...

  • フジゲンの魅力が詰まった代表的ギター!Fujigen ExpertOSの特徴!

    フジゲンの魅力が詰まった代表的ギター!Fujigen ExpertOSの特徴!

    Fujigenの主力製品であるExpertOSは塗りつぶしカラーのシンプルな仕様から美しいメイプル材をトップに配した豪華な仕様までラインナップしており、どれも高いコストパフォーマンスで人気を博しています。今回はそのFujigen ExpertOSが人気の理由、特徴を解説していきたいと思います。

  • 【年代別】ギブソンのシリアルナンバーと製造年度一覧

    【年代別】ギブソンのシリアルナンバーと製造年度一覧

    長い間人気メーカーとして数々のギターを製造しているギブソンは、所有している方や憧れを持っている方が多いでしょう。中古や先代から使用しているものを持っている方は、自分の持っている楽器はいつ製造されたものなのだろうと気になったことはありませんか?またこれから購入を考えている方は、この年代のものが欲...

  • プレべジャズべにもひけをとらない!ジャガーベース

    プレべジャズべにもひけをとらない!ジャガーベース

    ジャガーベースってご存知ですか?実は、定番のプレべやジャズベにもひけをとらない魅力をもっているジャガーベース。ここでは、そんなジャガベについて紹介していきます。

  • フジゲンの作るプレべ!J-Standardシリーズを解説

    フジゲンの作るプレべ!J-Standardシリーズを解説

    数々の人気ベースで初心者からプロまで愛用されている楽器メーカーのフジゲン。ベースのラインナップはExpert・J-standard・Neo Classicを軸に様々な仕様のモデルを販売。多くの種類のベースがあります。今回はこのフジゲンベースの中でも根強い人気があるJ-standardについてご...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す