スタイルに囚われない!ジョニー・バックランドの使用ギター&おすすめ曲3選!

大人気ロックバンド、コールドプレイのギタリストのジョニー・バックランド(Jonny Buckland)。彼はイギリス出身のミュージシャンでかなりのファンを持つ男です。ジョニーはコールドプレイには欠かせないギタリストで、ギターや音楽に縛られないプレイスタイルが話題となっています。今回はそんなジョニー・バックランドの使用ギターやおすすめ曲を交えながら、彼の魅力を深掘りしていきたいと思います!

Sing it Jonny. | "How come cars don't slow when it feels like the end of my world?" -Everglow | #coldplay #jonnybuckland #everglowred

Everglowing Espinozaさん(@just_coldplay)が投稿した写真 -

目次

  • 天才ギタリスト、ジョニーの今まで
  • 音に囚われない!ジョニーの魅力を追求!
  • ジョニーの使用ギターを大公開!
  • ジョニーを体感しよう!おすすめ曲3選!
  • プロフィール情報!
  • まとめ

天才ギタリスト、ジョニーの今まで

ジョニー・バックランドはイギリス・ロンドン出身のミュージシャンです。大人気ロックバンド、コールドプレイのギタリストとして有名ですね!

Jonny????? #jonnybuckland #coldplay

*Amber*さん(@sound.of.coldplay)が投稿した写真 -

ジョニーは4歳まではロンドンで過ごし、その後は家族全員で北ウェールズに引っ越しました。幼少期は至って普通に過ごしていたジョニーでしたが、ジョニーが11歳の時に初めてギターに出会います。これがコールドプレイのギタリストになる最初の一歩でした。

兄の影響で始めたギター。当時はストーン・ローゼズの影響を強く受けたプレイスタイルを取っていました。11歳からギターを練習し続けたジョニーですが、実は音楽以外にも勉学にも強い関心を持っていて、天文学と数学を学ぶために、ロンドン大学に入学します。入学してすぐに、クリス・マーティンと出会い、ロンドン大学でコールドプレイのメンバーと次々に合流していきます。運命って些細なところに転がっているのですね!ロンドン大学への入学が彼の人生を大きく変えていきます!

1999年にコールドプレイのギタリストとしてデビューし、今ではクリスに「ジョニー無くして、コールドプレイは存在しない」と言わせるほど、コールドプレイにとって大切なギタリストとなりました!

音に囚われない!ジョニーの魅力を追求!

ジョニーの魅力はなんと言っても、音に囚われずにギターをプレイするところだと私は思います。

Legends #JonnyBuckland #ChrisMartin #Coldplay #Buckin

Jonny Buckland Fan Accさん(@thebucklander)が投稿した写真 -

よく、ジ・エッジとプレイスタイルを比較されますが、似た部分は確かにあります。しかし、私はジョニーの方がもう少し自由というか曲に合わせて臨機応変に対応できているなと感じます。

その臨機応変なプレイスタイルが、一曲一曲に別々の命を吹き込み、違う魅力を演出することができているのだと思います!ここまで器用で音に囚われないギタリストは滅多にいないのではないでしょうか?

何よりも、自分のためではなくバンドのためにプレイするんだという心意気がかっこいいですよね!だからこそジョニーはコールドプレイにとって、絶対に欠かせないギタリストと言われるのでしょう!

ジョニーの使用ギターを大公開!

気になるジョニーの使用ギター!ここで一挙大公開したいと思います。ギターの購入に悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください!

Gibson ES-335

Gibson 1974 Les Paul

1972 Fender Telecaster

他にも下記のようなギターをジョニーは使用しています!

  • Fender 1972 Vintage Thinline Telecaster Natural
  • Fender American Vintage `65 Jazzmaster Electric Guitar
  • Fender Jaguar Relssue Electric Guitar
  • Rickenbacker 360 12-string Electric Guitar
  • Nash S-63 Electric Guitar
  • Fender JD Telecaster Black
  • Guild F-50 Acoustic Guitar Natural
  • Martin 000-15
  • Gibson Songwriter Deluxe Studio  EC Acoustic Guitar
  • Squier Classic Vibe 50`s Stratocaster Sherwood Green

ジョニーを体感しよう!おすすめ曲3選!

Everglow

ピアノから始まるこの曲。雰囲気がとてもよく、リラックスしたい時などに聴くとかなりGOODです!

Hymn For The Weekend

MVの世界観がとてもいいので、ぜひMVと一緒に最初は見てみてください!

Paradise

なんとも不思議なMV。それが一気に私たちの心を掴みます!それとは対照的な壮大な歌がいいです!私の一押しです!

プロフィール情報!

Smiles brighter than my future. ?? #JonnyBuckland #ChrisMartin #Coldplay #Buckin

Jonny Buckland Fan Accさん(@thebucklander)が投稿した写真 -

  • 名前:ジョニー・バックランド(Jonathan Mark Buckland)
  • 生年月日:1977年9月11日
  • 出身地:イングランド、ロンドン
  • ジャンル:オルナティヴロック、ブリットポップ
  • 担当楽器:ギター、ハーモニカ
  • 所属バンド:コールドプレイ
  • 公式サイト
  • YouTube:Coldplay official
  • instagram:@coldplay
  • Twitter:@coldplay
  • Facebook:@coldplay

まとめ

コールドプレイのメンバーからもかなり信頼されているジョニー。彼無くしてコールドプレイはないという意味が私もわかった気がします。これを気に皆さんもジョニーやコールドプレイに興味を持っていただければ幸いです!ぜひ彼のギタープレイに注目してみてくださいね!

この記事に関連する商品

  • ベースの大敵!ネックの反りとの付き合い方!

    ベースの大敵!ネックの反りとの付き合い方!

    ベースのメンテナンスはしていますか?ベースの最大の敵と言われているネックの反り。このネックの反り方にもいろいろあります。ここでは、ネックの反りについて説明していきます。 

  • エレキギターのピッキングを歯切れよく鳴らすためには角度に気をつけよう

    エレキギターのピッキングを歯切れよく鳴らすためには角度に気をつけよう

    上手い人と初心者に同じギターを弾き比べてもらうと、ギターのセッティングが同じはずのときでも全く違う音が出てきてびっくりすることってありませんか?セッティングが同じ状態で、同じフレーズを弾いて違う音が鳴るというのはどういうことなのでしょうか?実は、それはピッキングの仕方に大きな要因があるのです。...

  • 世界で1本!自分だけのオリジナルベースをESPでオーダーしよう!

    世界で1本!自分だけのオリジナルベースをESPでオーダーしよう!

    世界で1本しかない自分だけのベースは全てのプレーヤーの憧れですよね。自分のこだわりを詰め込んで木材から金属パーツまで細かく選定して見た目もインパクトのあるものにしたりと夢が広がります。まるでプロになったかのような感覚になるし、ESPの確かな技術を持ったクラフトマンが自分のために丁寧に仕上げてく...

  • 【値段別!】アコギの選び方とおすすめシリーズ

    【値段別!】アコギの選び方とおすすめシリーズ

    アコースティックギター(以下アコギ)を選ぶ時に皆さんはなにを考えて選ぶでしょうか。どのメーカーのアコギを買うにしろ、想定している予算があるかと思います。数多くのメーカーのアコギがあり、同じ価格帯・値段にも様々な種類のアコギが販売されている中から、1本を選ぶのはなかなか難しい作業です。そこで、今...

  • 欧州ギターメーカーの雄!Mayones Guitarsの特徴とおすすめシリーズ

    欧州ギターメーカーの雄!Mayones Guitarsの特徴とおすすめシリーズ

    こんにちは。Mayones Guitars、ここ最近で急速に台頭してきたギターメーカーですね。急速に台頭してきたこともあり、最近では多くの有名なミュージシャンもこのギターを使用するようになってきました。今日はそんな最近よく話題にのぼるMayones Guitarsの特徴とおすすめシリーズを特集...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す