初心者におすすめのエレキギター!スクワイヤーの特徴と種類、おすすめシリーズ

ギターを始めてみたいけど、最初はどのギターを買えばいいのか分からない…そんな初心者の方におすすめなのが「スクワイヤー」というフェンダー傘下のブランドです。低価格ながらフェンダー社ならではの品質、サウンドはコストパフォーマンスに大変優れています。ここでは、スクワイヤーのエレキギターについてその特徴や種類、おすすめシリーズ等をまとめてみました。(名前についてはスクワイヤー、スクワイヤ、スクワイアなどと呼ばれますが、ここではスクワイヤーに統一します。)

目次

  • Squier(スクワイヤー)の特徴
  • フェンダーとの違いは?
  • おすすめのシリーズ・モデル
  • ストラトキャスターから選抜
    • 現代的なスタンダードシリーズ
    • ピックアップがアップグレード!デラックスシリーズ
    • Squierトップクラスの実力!クラシック・バイブシリーズ
  • テレキャスターから選抜
    • 扱いやすいスタンダードシリーズ
    • 高いコストパフォーマンス!アフィニティシリーズ
  • まとめ

Squier(スクワイヤー)の特徴

スクワイヤーとは、エレキギター界最大手のメーカーであるフェンダー社のブランドの1つです。エントリークラスという位置付けなので、初心者でも手に入りやすい価格帯で販売されており、最初の1本として最適だと思います。

ストラトキャスターをはじめ、テレキャスター、ジャガー、ムスタングといったフェンダーシリーズのギターが多数あります。

フェンダーのギターは数多くのコピーモデルが存在しますが、スクワイヤーはそのようなコピーモデルとは違い、正真正銘のフェンダー直系のブランドです。例えばストラトキャスターの場合、コピーモデルは「ストラトタイプ」などと呼ばれますが、スクワイヤーのギターは堂々と「ストラトキャスター」と呼ぶことができます。

サウンド面に関しても、フェンダーらしい抜けの良い音を出してくれます。低価格で「フェンダーの音」を出してくれるのは嬉しいですね。

フェンダーとの違いは?

ヘッドロゴが「fender」ではなく「squier」になっているのが大きな違いです。フェンダーのブランドの1つなので、フェンダー社のギターということに間違いはありません。

ただ低価格のブランドとして名前をつけているだけであり、フェンダーの公式サイトにも製品が載っています。

材質はフェンダー本家と比べればやはり安価な物が使われることが多いのですが、低価格とはいえ楽器として品質が良いものを提供しています。

また、フェンダーのギターはネックや指板の形状のバリエーションが非常に多く、モデルや年代によって様々です。これはヴィンテージモデルから現代風のモデルまで扱うフェンダーならではのこだわりであり、人によって弾きやすいギター、弾きにくいギターが分かれます。

対してスクワイヤーはある程度ネックや指板の形状を統一させることにより、どのモデルでも同じような弾き心地を得ることができるようになっています。これはコストを削る意図もあるのでしょうが、結果的にどのモデルでもあまり演奏性に違いを感じさせず、単純に自分が気に入った機種を選ぶことが出来ます。

部位他メーカーとの違いや特徴
ボディカラーラインナップが豊富で様々な色が発売されている
ネックグリップ感が統一されているのでモデルごとの違いが少ない
価格比較的、購入しやすい価格の販売モデルが多い

Squierのおすすめのシリーズ・モデル

ここでは、スクワイヤーの主な製品であるストラトキャスターとテレキャスターについて、それぞれのシリーズの特徴を見ていきましょう。

ストラトキャスターから選抜

エレキギターを代表する、王道とも言える機種です。ここでは特におすすめのシリーズについて紹介しましょう。

現代的なスタンダードシリーズ

最も標準的なモデルです。ボディ材はアガチス という木材が使われており、その音色はアルダーに近いものです。

フェンダーのストラトキャスターは主にアルダーが使用されているので、材質としては本家の音色に近いということになります。

基本的な作りは昔ながらのストラトキャスターでありながらも、2点支持トレモロを装備していたりと、細かい部分が現代的な仕様になっています。

これぞストラトキャスター、といった抜けのある、乾いたサウンドを響かせてくれます。

ピックアップがアップグレード!デラックスシリーズ

こちらは上のスタンダードシリーズを更に現代風にアレンジしたシリーズです。

セイモア・ダンカン製のピックアップを搭載しており、スタンダードラインよりもワンランク上のサウンドが魅力です。

ヴィンテージストラトキャスターの音色とは少し異なりますが、ディストーションを深くかけるようなハードロック等を演奏するのに適しています。

Squierトップクラスの実力!クラシック・バイブシリーズ

スクワイヤーのストラトキャスターの中でトップクラスの品質を持ち、本家フェンダーに匹敵するほどのレベルの高いシリーズです。サウンド、ルックス共にヴィンテージを意識しています。

ボディ材はフェンダーと同じくアルダーが使用され、さらにフェンダーUSA製のピックアップを搭載するなど、材質としてのクオリティはかなりのものです。

また、フェンダーUSA同様、ピックアップやコントロールノブのプラスチックパーツにエイジド加工が施されていたりと、細かい所までこだわった仕様となっています。

枯れたサウンドは見事にヴィンテージのストラトキャスターを再現しています。

テレキャスター (Telecaster)から選抜

こちらもストラトキャスターと同じく、エレキギターを代表するモデルです。トレブルの強い特徴的な音はこのギターにしか出せないでしょう。

軽くて演奏性に優れているのも利点です。こちらもおすすめシリーズについて紹介していきます。

扱いやすいスタンダードシリーズ

ストラトキャスターと同じく、ボディにアガチスを採用しています。ブリッヂは6連サドルであり、音の伸びが良く、細かい調整が可能です。

ヴィンテージというよりは現代的な仕様であり、演奏性も優れています。ジャキジャキとしたサウンドはまさにテレキャスターならではのもの。

高いコストパフォーマンス!アフィニティシリーズ

スタンダードと比べて低価格なシリーズです。2万円代で市場に出回っています。

とはいえ品質はなかなかのものであり、ボディ材にアルダーを使用していたりと意外に侮れません。こちらはヴィンテージを意識しているようです。程よく枯れていて、なおかつしっかりと主張するトレブルサウンドが特徴。

まとめ

スクワイアーはコストパフォーマンスに優れた、初心者にとてもおすすめのギターです。

最初の1本としてはもちろん、違うタイプのギターを持っているけどストラトキャスターやテレキャスターにも興味がある、そのような方もスクワイヤーを一度試奏してみてはいかがでしょうか?

低価格とは思えないサウンドにきっと驚くことでしょう。

この記事に関連する商品

  • 初心者に向けるギターの種類と選び方解説

    初心者に向けるギターの種類と選び方解説

    「これからギターを始めたい」「始めたいけどどれを買ったら良いかでつまずいてしまっている」などなど。楽器購入に不安を感じる方は少なく無いと思います。そんな皆様にこの記事では初めて買うオススメギターなどを中心にご紹介させていただきます。ギターの中でも購入しやすい価格帯で人気のある物をピックアップさ...

  • ベースで使えるワウペダル!オススメペダル3種

    ベースで使えるワウペダル!オススメペダル3種

    名前の通り「ワウワウ」と音を変化させるフィルター系ペダルの代表、ワウペダル。ギターではお馴染みのエフェクターですが、ベース用のワウペダルもあります。ファンクなどのジャンルではベースギターにワウペダルを使用するのはかなりポピュラーであり、音作りの重要な要素の1つとなっています。現在ではポップスで...

  • 存在感抜群!アップライトベースのオススメモデル3種

    存在感抜群!アップライトベースのオススメモデル3種

    最近は音楽ジャンルが複雑化していることで様々な奇抜なバンドが増えています。本来、ロックといえばエレキギター・エレキベース・ドラムという楽器がメインでしたが今は違いアップライトベースやヴァイオリンだったり管楽器を取り入れるバンドも増えています。それらの変化からこれまでなかったサウンドが出てきてい...

  • ザック・ワイルドの使用ギター&おすすめ曲3選!豪快な演奏が魅力的!?

    ザック・ワイルドの使用ギター&おすすめ曲3選!豪快な演奏が魅力的!?

    アメリカ出身のギタリスト、ザック・ワイルド(Zakk Wylde)。現在も大人気ロックバンドのブラック・レーベル・ソサイアティーのメンバーとして活動しています。他にもオジー・オズボーンのメンバーとして活動していた経験があり、いくつかのバンドを掛け持ちしていたザック。今回はそんなザックの使用して...

  • 幼少期に親しんだジャズ、少年期に聴きたブルース、学生時代に出会ったフォークと多彩なテクニックを聴かせるジョン・ガイルズ・Jr.

    幼少期に親しんだジャズ、少年期に聴きたブルース、学生時代に出会ったフォークと多彩なテクニックを聴かせるジョン・ガイルズ・Jr.

    1946年生まれのジョン・ガイルズ・Jr.は1982年にリリースされたJ・ガイルズ・バンドのアルバム『FREEZE  FRAME』(1981)に収録されている代表曲『堕ちた天使』でも知られています。ジャズやブルース、フォークそしてロックなどさまざまなジャンルを基盤にギブソン・フライングVなどで...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す