ジョー・サトリアーニの使用ギター&おすすめ曲3選!名ギタリストって本当?

ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)はアメリカ出身のギタリスト。名ギタリストのうちの一人で、ジョーのギターは多くの人からの支持があります。ギタリストとしてだけではなく、作曲家としてギター・インストゥルメンタルを制作していて、その音楽性の高さも評価されています。今回はそんな音楽の天才、ジョー・サトリアーニの使用ギター・機材やおすすめ曲を交えて、彼の魅力を追求していきたいと思います!

目次

  • ジョー・サトリアーニってどんな人?
  • 音楽性の高さがヤバイ!魅力を追求!
  • 音はここから!ジョーのギターを紹介!
  • ジョーの世界を体感!おすすめ曲3選!
  • プロフィール情報!
  • まとめ

ジョー・サトリアーニってどんな人?

ジョー・サトリアーニはアメリカ出身のミュージシャンです。

Golly, my very own Satch Towel! #staydryinstyle #dryingwiththealien

Joe Satrianiさん(@joesatriani)が投稿した写真 -

ギタリストとしてはかなり評価も高く、なんとスティヴ・ヴァイやカーク・ハメットなどという有名ミュージシャンにギターを教えたという伝説もあります!ジョーは有名ミュージシャンの育成も手がける人物なんですね!また、大物ミュージシャンからの信頼が厚く、ミック・ジャガーの来日公演にも出演したりしていました。

ジョーは作曲家としても活動しており、彼が作曲したものはよくコマーシャルのBGMなどにも使用されています。特に有名なのは「Summer Song」です!

昔は長髪だったジョーも現在はスキンヘッドをアイコンに活動しています。音楽ユニット「チキンフット」として今も素敵な音楽を作り続けています!

音楽性の高さがヤバイ!魅力&プレイを追求!

ジョーの魅力はやっぱり「音楽性の高さ」です!彼が作り出す音には命が吹き込まれています。

Signature #JS move! Photo by Jac Malloy #umtour2013 #um_austin #satch

Joe Satrianiさん(@joesatriani)が投稿した写真 -

ロックだけではなく、BGMからギター・インストゥルメンタルなど幅広く作曲できるのが彼の凄いところ!

ギタリストとしては「テクニカルで心で弾くギター」を私たちに届けてれます。有名ミュージシャンにギターを教えていただけあって、ギターのテクニックはかなりのものです。完璧な演奏を心がけているジョーですが、タッピングやアーミングなど時々音にスパイスを入れる所が最高!

緩急のつけ方が上手く、音で私たちの心を支配してくるジョー・サトリアーニ。名ギタリストと崇められる理由が分かった気がします。

音はここから!ジョーのギターを紹介!

名ギタリストが使用するギター。気になりますよね!ジョーが使用するギターをここで一挙公開していきます!

Ibanez JS1200

erryさん(@erryibanez)が投稿した写真 -

1957 Gibson ES-225

1965 Gibson J-45

他にも下記のようなギターをジョーは使用しています!

  • Ibanez JS2400 Joe Satriani Signature Electric Guitar
  • Hangstorm Ⅲ
  • 1948 Martin OOO-21
  • Stock 1955 Les Paul Goldtop
  • 1957 Gibson Les Paul Junior
  • 1958 Gibson Flying V
  • 1958 Gibson L-5CES
  • 1958 Fender Esquire
  • 1965 Gibson J-45
  • 1969 Fender Stratocaster Electric Guitar

ジョーの世界を体感!おすすめ曲3選!

Always With Me,Always With You

私はこの曲から歌詞が想像できてしまうほど、この曲から風景を感じました。長髪時代のジョーにも注目です!

Light Years Away

最初からノリノリになれるこの曲!彼のギター技術に注目です!どうしたら指がこんなに早く動くのか不思議です!

Satch Boogie

ちょっと前の曲ですが、昔から彼が名ギタリストだということが分かります!

プロフィール情報!

Photo by Peter Roche #umtour2013 #ohio

Joe Satrianiさん(@joesatriani)が投稿した写真 -

  • 名前:ジョー・サトリアーニ(Joe Satriani)
  • 生年月日:1956年7月15日
  • 出身地:アメリカ合衆国ニューヨーク州
  • 身長:172cm
  • ジャンル:ハードロック、ロック、インストゥルメンタル・ロック
  • 職業:ギタリスト、作曲家
  • 所属ユニット:チキンフット、G3
  • 公式サイト
  • YouTube:joesatrianiVEVO
  • Facebook:@joesatriani
  • Twitter:@chikenfootjoe
  • instagram:@joesatriani

まとめ

世界のギタリストの中でもトップに君臨するジョー・サトリアーニ。彼の指先から奏でられる音のは命が宿っており、魂を震わせてきます!これを機に、皆さんもぜひジョーの音に酔いしれちゃってください!SNSも覗いたりすると彼の魅力がより分かりますよ!

この記事に関連する商品

  • デザインも光るマーティン15シリーズの特徴とおすすめモデル

    デザインも光るマーティン15シリーズの特徴とおすすめモデル

    アコースティックギター(以下アコギ)にとって、サウンドは絶対的なものです、誰もが自分の満足するサウンドを探していきます。しかし、それだけではありません。デザインも大きな要因です。高価なアコギを買うのなら、なおさら、自分にとって全てが満足いくアコギを手にしたいものです。マーティンの15シリーズは...

  • 進化し続けるサウンド、Taylorアコギのおすすめモデル

    進化し続けるサウンド、Taylorアコギのおすすめモデル

    老舗ブランドの創業が18~年代に比べTaylor(テイラー)社は1974年に設立された、比較的新しいギターメーカーです。このTaylorが老舗ブランドを押しのけて、今やトップの座に君臨しようとしています。では、なぜTaylorがトップブランドにのぼりつめたのか…それは木材の厳選や加工に至るまで...

  • トム・ヨークの使用ギターとおすすめ曲5選!高音&裏声が魅力!

    トム・ヨークの使用ギターとおすすめ曲5選!高音&裏声が魅力!

    大人気ロックバンド「レディオヘッド」のボーカル兼ギタリスト、トム・ヨーク(Thom Yorke)。ピアノや他の楽器も使いこなす、マルチプレイヤーとしても有名なミュージシャンです。バンドとしての活動の他、ソロとしても活動の幅を広げ、音楽を探求し続けているトム。今回はそんなトムの使用しているギター...

  • 今更聞けない!真空管アンプとは?

    今更聞けない!真空管アンプとは?

    「真空管の入ったアンプは本当に良い音がする!」真空管と聞いただけでそう答える人が多くいます。また機材を選ぶ上で「どうせ買うなら真空管入りの方がいいよね!」なんてそんな会話もよく耳にするのではないでしょうか...?真空管にはいろいろな種類があり、それぞれのメーカーや商品によって音が違ったり、多彩...

  • 魂で歌うぞ!届けるぞ!!オリー・マーズの魅力的な世界へご招待!

    魂で歌うぞ!届けるぞ!!オリー・マーズの魅力的な世界へご招待!

    イギリスに「魂で歌う歌手」が存在します。その名もオリー・マーズ。心で叫ぶことによって、聴く側の心も自然と響くものです。オリー・マーズの正直で純粋な音楽は世界中のファンを感動させています。今回はそんな「魂で歌い、心で叫ぶ」歌手オリー・マーズの魅力をお伝えしたいと思います。&nbsp;<block...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す