エフェクター初心者の方必見!BOSSから始めるおススメ歪み系と選び方

ギターを初めてしばらく経つと「エフェクター」という存在が気になりだすのではないでしょうか?イメージするギターのサウンドを出すのはなかなか難しい事ですよね。

ROLAND(ローランド)のBOSS(ボス)コンパクトエフェクターシリーズは非常に手にしやすい価格ながら、そのサウンドクオリティの高さ故に昔から多くのプロ、アマミュージシャンに愛されてきました。独自のサウンドプログラムや使用し続けても壊れにくい耐久性など、長く愛され続ける為の努力を惜しまないBOSSコンパクトエフェクターシリーズ。この記事ではそんなBOSSコンパクトのラインナップの中から代表的な歪み系のご紹介をさせていただきます。エレキギターには欠かせない歪みのエフェクター選びのご参考にしていただければ幸いです。

Bassline recording for DISM DS1 Made in taiwan vs japan #bosspedals #bossds1 #dism

SWITCH2TEEUNDERGROUNDさん(@atoiswitch2tee)が投稿した写真 -

目次

  • 歪みとはどんな音?
    • オーバードライブとディスト―ションの違い
    • 基本的な使い方
  • 人気の歪み3種類
    • オーバードライブ一番人気!BOSS OD-3
    • ディスト―ションの定番 BOSS DS-1
    • バッキングにも最適 BOSS BD-2
  • さらに激しい歪みを好む方へ
    • BOSS MT-2

歪みとはどんな音?

基本的に歪みと呼ばれる音を言葉で表現すると非常に難しい表現になります。1つ参考にご紹介すると「物体に外力を加えたときに現れる形状または体積の変化。ねじれ・ゆがみ・ちぢみなど」これでは音のイメージはつかないですね。簡単な表現をするとよくアーティストの楽曲で「ズシャーン」と鳴っているあの音が歪みの一種です。個人差もあるので難しいのですが、どこからが歪みでどこまでがクリーンかはあまり気にされなくて問題ありません。

オーバードライブとディスト―ションの違い

このオーバードライブとディスト―ションはどちらも「歪み」系になります。では何を基準に分けられているのでしょうか?この2つを簡単にご説明すると…

オーバードライブ

アンプのボリュームを上げる事により発生する音割れを再現したもの。

ディスト―ション

ギターの音の波形を意図的に崩して歪ませたもの。

上記のような違いになります。原音の成分をより多く含んだオーバードライブには芯が残り、バッキングなどのコードストロークの際に最適です。ディスト―ションはきめ細かな歪みになる為にリフやソロなどによく合います。

基本的な使い方

歪み系は通常の弾く音で使う場合と「ブースト」と呼ばれるソロなどのここぞと言う時に使う2種類の方法がスタンダードです。ブーストは既にアンプ側で歪ませている所に更にかけたりなどもします。簡単に例えてしまうとチョコレート生地のスポンジに更にチョコレートソースをかけているようなものなので、非常に音にインパクトが生まれます。ギターソロなどの目立ちたい所でブーストしてあげると良いかもしれませんね。

人気の歪み系3種類

オーバードライブ一番人気!BOSS OD-3

新開発のデュアルステージ・オーバードライブ回路を搭載したスタンダードなモデル。しっかりとした倍音を出し、ギター本来のサウンドを活かしてくれるのが特徴です。SD-1よりも太く、ゲインが高めとなっているのでより幅広いジャンルに対応するします。

ディスト―ションの定番 BOSS DS-1

ボス最初のディストーションとして1978年にデビューして以来、長年愛され続けているディスト―ション。トーンの利き幅も広く、マイルドなディストーションからシャープなハードサウンドまで音作り可能でグランジ、ロック、メタル問わず幅広く愛用されてきています。

バッキングにも最適 BOSS BD-2

チューブアンプのナチュラル・オーバードライブの歪みを再現したモデル。ギターのボリューム調整でクリーンからクランチまで多彩な表情づけが可能です。さらに可変幅の広いゲイン・ツマミにより限りなくクリーンに近いサウンドから、荒々しいドライブサウンドまでだす事ができます。また、歪みを低めに設定しレベルを上げればゲイン・ブースターとしても優秀な効果を発揮します。非常に幅広い歪みのキャラを引き出せるので、ジャンルを選ばず使える魅力的なオーバードライブ・ペダルです。

さらに激しい歪みを好む方へ

BOSS MT-2

近年の音楽はメタルなどのサウンドとJ-POPなどのメロディアスな雰囲気などを混ぜた楽曲などもよく耳にします。ギターの歪みはより強いものが求められる傾向の中でおススメなのがこちらのMT-2です。歪みの調整の他に音の高、低を調整できるEQも内蔵している為、非常に幅広いサウンドメイキングが可能となっています。「メタルゾーン」と言う名前からメタルが好きじゃない方から避けられがちですが、ゲインつまみを1にしたナチュラルなドライブサウンドなどはどのジャンルにも十分使える程の出来です。

1つのエフェクターで多彩なジャンルの対応ができるのは現代の音楽シーンにとても心強い味方になってくれます。

あとがき

BOSSコンパクトエフェクターの歪み、いかがだったでしょうか?冒頭でも述べましたが、非常に高いコストパフォーマンスと耐久性を兼ね揃えていますので初めての方には特におススメできるブランドです。組み合わせや調整で自分だけの好きな音を作る事ができるので、ご自身にあったエフェクターを是非探してみてください。

この記事に関連する商品

  • ベースアンプの選び方 - 基本からわかる、種類

    ベースアンプの選び方 - 基本からわかる、種類

    ベースアンプと一口に言っても、実際に購入しようとして調べるといろいろな種類がありますね。自宅練習、スタジオ・・・使用する環境やサウンドの違いでベースアンプを選べるように、基本的な知識をまとめます。ここでは、ベースアンプの種類とともに選び方をみていきましょう!

  • ロックの天才ギタリスト!デイヴ・グロールのおすすめ曲5選!魅力的な人柄とは?

    ロックの天才ギタリスト!デイヴ・グロールのおすすめ曲5選!魅力的な人柄とは?

    魅力的な人柄でも知られている天才ギタリストのデイヴ・グロール(David Grohl)。デイヴはバンド経験も豊富で、これまでに様々なバンドに所属していました。ギタリストだけではなく、ドラマーとしても有名です。そんな多才なデイヴとは一体どのような人物なのだろう?おすすめ曲はなんなのだろう?こんな...

  • 主役級の名脇役、「スカイドッグ」デュアン・オールマン

    主役級の名脇役、「スカイドッグ」デュアン・オールマン

    デュアン・オールマンは、1971年、24歳の若さにしてバイクの事故で亡くなっています。40年以上も昔に亡くなった人物にもかかわらず、今なお彼が語り継がれている理由とは何なのでしょうか?ギタリストとしての彼の経歴を紐解きながら、その凄さを確かめていきましょう。

  • 250で有名なDOD 人気の理由はこれだ!

    250で有名なDOD 人気の理由はこれだ!

    DOD(ディーオーディー)というメーカーのエフェクターペダルを皆様はご存知でしょうか?1974年David Oreste Di Francescoによって設立されたアメリカの音響会社で、250という歪み系エフェクターを中心に人気のエフェクターを世に発表していました。残念ながら、1度は生産中止に...

  • エフェクター初心者の方必見!BOSSで始めるDelayとおすすめモデル

    エフェクター初心者の方必見!BOSSで始めるDelayとおすすめモデル

    ギターを初めてしばらく経つと「エフェクター」という存在が気になりだすのではないでしょうか?イメージするギターのサウンドを出すのはなかなか難しい事ですよね。ROLAND(ローランド)のBOSS(ボス)コンパクトエフェクターシリーズは非常に手にしやすい価格ながら、そのサウンドクオリティの高さ故に昔...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す