誰もが憧れるサックスメーカーの王道、セルマーのオススメモデル

サックスメーカーの王様といえば、セルマー(Selmer)ですよね。セルマーの楽器はその性能の高さと音色の深さから古くから多くのプロ・アマチュアから絶大な支持を得ています。

しかし、セルマーという名前は聞いた事はあっても、その詳しい型番まで知らないという人は多いかもしれません。

今回はそんな方に向けて、セルマーのいくつかのメジャーなオススメのモデルの特徴などについてご紹介したいと思います。

目次

  • もっともメジャー!SERIEⅡ
  • SERIEⅡの欠点を改良、SERIEⅢ
  • ビンテージ性を表現、Reference
  • それぞれのまとめ

もっともメジャー!SERIEⅡ

SERIEⅡは、セルマーの楽器の中でも最もメジャーかつ値段的にも、バランスのとれた楽器となっています。

SERIEⅡを表現するときに「最もセルマーらしい」と表現される事もあります。息漏れを最小限まで研究し尽くして開発されていて、キーのアクションや音程など、非常に高い安定性を誇っています。

ジャズ界隈のプロの方で、メインで使っているひとは少ないのですが、サブとして使う方は多くいらっしゃいます。それだけプロの方にも信頼されているコスパの良いモデルということですね!

SERIEⅡの欠点を改良、SERIEⅢ

SERIEⅡは性能として抜群であることには間違いはありませんが、値段を比較するとSERIEⅢは一回り高い値段になっています。

なぜこのような違いがでるのでしょうか?

それは、音程の改善のために、SERIEⅡにはないキーがSERIEⅢには搭載されているからなのです。

生産が中止なったヴィンテージサックスや、古くから親しまれるSERIEⅡの欠点である音程の悪さを格段に改良したものがSERIEⅢなのです。その音程の良さから大半のクラシックの奏者はセルマーのSERIEⅢを使っています。

またジャズ界隈でも日本ジャズ界の巨匠、渡邊貞男さんなどもこの楽器を使っています。

ビンテージ性を表現、Reference

Referenceは、従来のセルマーの代表機種の音と特性を、最先端のデザインと技術に結合させるというセルマーの新たなコンセプトによって誕生した楽器です。

すなわち現代では、非常に値段も高く、入手も難しい、ヴィンテージサックスの設計に準拠しながらも、現代の技術力やデザイン性を実現している楽器なのです。有名なヴィンテージサックス「マークⅥ」の吹きごこちを保ちながらも、性能は現代のサックスと変わらないクオリティを実現しています。

それぞれのまとめ

SERIEⅡ

セルマーの中で最もコストパフォーマンスがよく、多くのプロに愛用されています。「コストパフォーマンス」重視のひと向けです!

SERIEⅢ

非常に高い性能を実現しており、厳密な演奏に向いています。「性能重視」のひと向けです!

Reference

ヴィンテージのサックスのふきごこちを再現しながらも、性能は現代の楽器と同等なクオリティを保って、ヴィンテージサックスのコントロールの難しさを改善しています。「ヴィンテージサックスにあこがれを持つ」ひと向けです!

いかがでしょうか?少しでもセルマーのサックスの魅力が伝わったでしょうか?他のメーカーと比べると一回り値段が高いセルマーのサックスですが、どのモデルもその性能は抜群なのです。良い楽器は成長を早くします。ぜひすばらしい楽器を手にしてサックスライフを充実させてみてはいかがでしょうか?

  • 人気のワウペダルをチェック!オススメ3種

    人気のワウペダルをチェック!オススメ3種

    近年様々な音楽が流行りだしておりそれに従い注目を集めているエフェクターがあります。それこそが今回ご紹介するワウペダルです。フィルター系のエフェクターで独特なサウンドなので少し使いづらさもあり上級者向けのような印象がありますがとても面白いサウンドなので興味のある方は多いと思います。今回の記事でワ...

  • 政治学のバックボーンを持つフロイド・ローズのトリックマン  トム・モレロ

    政治学のバックボーンを持つフロイド・ローズのトリックマン トム・モレロ

    ハーバード大学で政治学を専攻し首席で卒業すると、政治家の秘書まで務めたという驚きの経歴を持つトム・モレロ。1980年代に一世を風靡したチューニングシステム“フロイド・ローズ”を携え、ピックスクラッチを織り交ぜたリフは、彼オリジナルで唯一無二のギターサウンドとなりました。そんな彼のキャリアや、フ...

  • フェルナンデスアンプ徹底解説!

    フェルナンデスアンプ徹底解説!

    フェルナンデスは元々は斎藤楽器という社名で1969年ごろに設立されました。1972年に現在のフェルナンデスという社名になりエレクトリックギター・エレクトリックベース・アンプ・周辺機器などを幅広く展開しており、BOOWYの布袋寅泰やラルクアンシエルのKENが若手のころに愛用しておりシグネチャーモ...

  • ライブの味方Apple MainStage 3の特徴とレビュー

    ライブの味方Apple MainStage 3の特徴とレビュー

    App Storeで3,600円(為替によって価格は変動)でダウンロードできるMainStage 3。Logic Pro Xのおまけのように見られるソフトですが、その実力は価格以上に価値のあるライブ向け音楽ソフトです。Logic Proの豊かな音源や、エフェクトを共有して利用でき、キーボディス...

  • 伝説のメタリカ初期メンバー、ベーシストのクリフ・バートンの凄さに迫る!

    伝説のメタリカ初期メンバー、ベーシストのクリフ・バートンの凄さに迫る!

    みなさんはメタリカに伝説のベーシストがいたことをご存知でしょうか?その名はクリフ・バートン。1982年にメタリカに加入し、1986年に交通事故で亡くなるまで、彼はメタリカの作曲に大きな影響を与え、ステージでその存在感を際立たせていました。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す