エフェクター界の雄「BOSS」のおすすめの廃盤エフェクター

エフェクターを始め、様々な楽器を製造しているBOSS(ボス)。多くの方が名前を聞き、実際に目にしていると思います。

オーバードライブから始まり、コーラス、ディストージョン、ファズなど、ほぼ全ての種類のエフェクターを作っている、エフェクターの老舗・定番ブランドです。

今回は、BOSSという会社の歴史や名前の由来から、廃盤のおすすめエフェクターをご紹介します。

There are never enough. #bosseffector #boss #musicpedal

?Guillaume✨さん(@gizmaul)が投稿した写真 -

目次

  • ボス株式会社について
    • 沿革
    • 社名の由来をメールで問い合わせてみた
  • 見つけたら即買い推奨のおすすめ廃盤エフェクター!
    • SD-2 DUAL OverDrive
    • DM-3 Delay
  • まとめ

ボス株式会社について

沿革

1972年にTR-33、TR-55、TR-77といったリズム・マシン、いわゆる「TRシリーズ」が、ローランド・ブランドの第1号機です。

このリズムマシンを世に生み出したところから全てがスタートします。

その後、1973年にエフェクターの製造に着手。現在のBOSSの前身であるメグ電子株式会社を大阪に設立します。この年になんと、全米NAMMショーに初参加しているんですね!

BOSS初のエフェクターは1977年に完成。

OD-1というオーバードライブから歴史が始まります。ちなみに、現在、OD-1は希少価値が高く、かなりの高値で取引されています。

現在、1200万台を超える販売台数を誇り、コンパクトエフェクターはOD-1から数えると、100種を超える多種多様なエフェクターを発売してきました。

社名の由来をメールで問い合わせてみた

ネットを探しても、信憑性に欠ける情報しか出てこなかったので、ローランドにメールで問い合わせてみました。回答部分を抜粋します。

BOSS の社名は、ロックを中心としたギターマーケットで商品を展開するにあたり、迫力のある力強いブランド名が必要と考え、英語の「ボス、親分、実力者、支配者」といった意味を表す「BOSS」という名前を採用しました。

※ よろしければ、以下の BOSS の Facebook の投稿もご参照ください。

【BOSS Facebook】
https://www.facebook.com

きっと、並々ならぬ気概をもって、製品開発に着手をしていった結果の社名なのかと思いました!

実際、世界的なシェアを獲得していますので、製品の実力と安定感は他のメーカーと比較しても群を抜いています。

見つけたら即買い推奨のおすすめ廃盤エフェクター!

BOSS SD-2 DUAL OverDrive!

超オススメ理由3つのポイント

  • 歪みはこれ1台で完結!
  • 唯一無二の深い歪みサウンド!
  • 荷物が軽くなる!

SD-1の後継機種として発売されたSD-2ですが、発売期間が1993年4月~1998年12月という短命に終わっています。

SD-1の音色と比較すると、これって後継機種か!?ってぐらい、似ても似つかないサウンドです。

サウンド面もそうですが、とにかく機能が充実!

なんとこれ1台で「クランチ」「リード」両方の音を出せます!

つまり、SD-2があればこんなことができます。

ケース1 ブースター

アンプ:クランチ

SD-2:クランチモード

SD-2のクランチモードはイメージとして、音を明るくしてくれるので、ギターソロの時だけSD-2をONにすると、音が前に出てくれます。バンドサウンドに埋もれないソロが展開できます。

ケース2 ゲイン+ミッドブースター

アンプ:クランチ

SD-2:リードモード

メロの時はSD-2をOFFにしておき、ギターソロやサビでSD-2をONにすると、非常に豊かなゲインとミッドを稼げます。

SD-2のリードモードはBOSSの歪み系エフェクターの中でも、かなり歪む方です。様々な使い方はありますが、唯一無二の歪みを体験してみていただきたい!

ケース3 SD-2だけで完結

アンプ:クリーン

SD-2:クランチ⇔リードモード

メロの時はSD-2をクランチモードにしておき、ギターソロやサビでSD-2をONといった使い方もできます。

ジャズコーラスなど、あまり歪むアンプしかスタジオにない時に非常に重宝します!

BOSS SD-2 DUAL OverDrive

DM-3 Delay

アナログディレイならではの温もりのあるディレイサウンド!

1984年5月から1988年5月という、わりと短命で終わったエフェクターですが、デジタルディレイでは表現できない、独特の温かみのあるサウンドが得られます。

当時、名機DM-2とDD-2の狭間にあり、あまり人気が出なかったモデルと言われていますが、個人的には以下の理由でDM-3をオススメします!

よくDM-2と比較されているので、比較した結果を列挙します。

  • サウンド面に大差がない
  • ディレイタイムが変わらない
  • より安価で手に入る
  • ノイズが少ない

ちなみに、DM-2との機能の差は以下の通りです。

  • 高速応答ノイズ・リダクション
  • 精密フィルター回路
  • ダイレクト・アウト(ドライ音/ディレイ音のステレオ出力が可能)
  • 発振サウンド

Boss DM-2 vs DM-3

とはいえ、DM-3も生産台数が少なく、中古でお目にかかるのはなかなか難しいです。

そこで、現在、未だ人気の高いDM-2の良いところ取りをして、かつ、機能面を充実させた「DM-2W Delay」という新シリーズが発売されています。

https://www.boss.info/jp/products/dm-2w/
これはこれでオススメです!しかも、5年間も保証があります。某家電量販店もビックリな保証期間ですね!

まとめ

BOSSは創業から今年(2017年)でちょうど45年になります。

BOSSのエフェクターを使ったことがないバンドマンはいないのでは!?と言えるぐらい、世界的にも多くの支持を集めているエフェクターです。

「BOSS」という社名を体現しているのは、もちろんのこと、今後も日本発の技術で世界中の音楽機材業界を震撼させてほしいですね!

この記事に関連する商品

  • ギターの弦の交換方法!ブリッジごとのやり方の紹介

    ギターの弦の交換方法!ブリッジごとのやり方の紹介

    ギターをやっていくうえでどうしても避けて通れないのが弦交換です。最初は手間取りますが、慣れてくるとどんどん早くなっていきます。今回はブリッジタイプごとの弦交換の方法の紹介です。

  • 高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

    高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

    テレキャスターと言えばフェンダーの有名モデルですが、もちろん他メーカーでもテレキャスターモデルは沢山リリースされています。予算は抑えたいけど韓国製や中国製のハズレギターを買ってしまったらどうしよう・・・。安いギターを買うとなるとハズレを引く確率は高くなってしまうので心配ですよね。しかし!安心の...

  • ガッツリ歪ませてLet's Rock!!ディストーションの特徴!

    ガッツリ歪ませてLet's Rock!!ディストーションの特徴!

    オーバードライブと双璧を成す歪系エフェクターの代表選手、ディストーション。重めのサウンドを求めるプレイヤーは基本的にみんなディストーションを使っています。今回はそんなディストーションの特徴や定番モデル、最初に買うのはオーバードライブとディストーションどっちがいいのか、と言った初心者の方にも参考...

  • まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

    まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

    美術館に展示されていそうな芸術性に溢れたギター。それが「ゼマティス」です。手作業で作られるその見た目は非常に芸術性に優れ、大量生産ができないことからのレアリティーも非常に高い楽器です。ルックスをフューチャーされる事が多いですが、そのサウンドクオリティも非常に注目です。この記事ではそんなゼマティ...

  • エフェクターの種類とは?ダイナミクス系、ハーモニクス系、フィルター系、補正系について解説!

    エフェクターの種類とは?ダイナミクス系、ハーモニクス系、フィルター系、補正系について解説!

    エフェクターには様々な種類があります。大まかに「歪み系」「揺れ、揺らし系(モジュレーション系)」「空間系」「その他」という種類に分類できます。今回は、「その他」に当たる「ダイナミクス系」「ハーモニクス系」「フィルター系」「補正系」というエフェクターの種類について、その特徴や代表的なシリーズを解...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す