まわりに差をつけよう!独特なサウンドのJAZZ MASTERの魅力

元祖のJAZZ MASTER(ジャズマスター)が発売されたのは1958年、老舗ブランド「Fender」社が当時のジャズのギタリスト達に向け開発されたものが最初です。今でもFenderのジャズマスターはとても人気ですが、他メーカーからも「JAZZ MASTERタイプ」として様々な商品が発売されています。

この記事では本家Fenderのジャズマスターに加え、他メーカーの人気のジャズマスタータイプをご紹介させていただきます。「本家とは何が違うのか?」などといった所も比較していきたいと思います。

#jazzmaster

jack kolbさん(@strings_999)が投稿した写真 -

目次

  • 本家「Fender JAZZ MASTER」の魅力
    • Fender USAアメリカンヴィンテージシリーズ1962 JAZZ MASTER
  • JAZZ MASTERの特徴
    • 各パーツの違い
  • Fender以外のJAZZ MASTERタイプギター
    • Crews Maniac Sound / KEY KTR JM-PH
    • Navigator Jazzmaster Type

本家「Fender JAZZ MASTER」の魅力

1980年代に1度は不人気で販売が中止された事もありましたが、発売当初から根強いファンも多く、このギターにしか出せないサウンドを持っています。

名前の通り、ジャズに特化したストラトギターの上位モデルとして発売され、豊かな中音域や独立したトーンスイッチなど魅力がたくさんに詰まったギターです。

Fender USAアメリカンヴィンテージシリーズ1962 JAZZ MASTER

Fenderギターのジャズマスターで1番人気のモデルがこの62年を再現したモデルになっています。カラーはサンバースト、大きな装飾などもなく「渋い」1本に仕上がってます。

66年の再現モデルはネックにバインディングと言われる淵が加工され、ポジションマークもドットからブロック型に。ツマミなどのパーツも少し変わり、派手に見える印象です。

実はこのギターはメーカーでの在庫が非常に切れやすく(製造本数自体が少ないようです...)新品で見つけた場合はかなりのチャンスと言えます。

JAZZ MASTERの特徴

各パーツの違い

上記でもお伝えした通り、ジャズマスターはストラトの上位機種。また、JAZZに特化したギターとして作られています。その為、他のギターと異なる部分が数多くございます。その違いの前にお伝えしておきたい事は...

ジャズマスターはJAZZ以外でもバッチリ使えます!

POPやROCK、グランジなどの様々なシーンで活躍しています。

ボディの形

左右非対称で大きめのボディシェイプは「オフセットウェスト」と呼ばれ、立っても座っても安定できるバランスを狙っています。

ネック

初めてローズ指板を採用したモデルでアール(ネックのグリップ)が大きく、コードストロークなどがとてもし易い仕様になっています。

トレモロ・アーム

ストラトキャスターのシンクロナイズド・トレモロとは違い、ジャズマスター向けに新たに開発されたフローティング・トレモロはテイルピースを動かすシステムで、ビグズビーと同じコンセプトでした。より全体に、優しくビブラートをかける事ができます。

ピックアップ

外観はギブソンのP-90に近い、大きなサイズのシングルコイル・ピックアップが2基マウントされています。

また、最大の特徴は6弦側に付いている「プリセット・トーン/ボリューム回路」です。切り替えスイッチにより、本来のコントロール系の状態とプリセットの状態を行ったり来たりできます。

このように様々な特徴からジャズマスターにしか出せない音が存在します。

Fender以外のJAZZ MASTERタイプギター

最後にFender社以外のジャズマスタータイプをご紹介します。なぜ「タイプ」と付くのかと言うと、商業登録の為(つまり著作権です)に「ジャズマスターです!」と販売する訳にはいかないからです。しかし、真似て作っているだけでは無く、本家が苦手とする激しいプレイなどにも対応するようにパーツなどを考慮して作られています。捉え方としては、「より現代の音楽にあった」作りと言えるでしょう。

Crews Maniac Sound / KEY KTR JM-PH

こちらは本家のスペックに限りなく近づけつつ、10万円以下で買う事の出来るジャズマスタータイプです!非常にコストパフォーマンスに優れたモデルなのでオススメです。

Navigator Jazzmaster Type

こちらは本家の苦手な激しいプレイなどに対応する為、ブリッジをレスポールと同じものにするなどの工夫が施されています。本家に比べ、繊細なイメージなのでよりオールジャンルに対応したジャズマスターが欲しい方にはオススメです。

あとがき

いろいろな種類があるジャズマスター。皆様はどちらの方がお好みだったでしょうか?決して「本物」「偽物」と区別されるものでは無く、いろいろなメーカーがジャズマスターの魅力的なサウンドを追求した結果、多くの種類が存在しています。皆様のプレイされる環境に合わせて、一番合ったものを選んでみてください。

この記事に関連する商品

  • 初心者にオススメ!モノグラムギターの特徴とオススメモデル

    初心者にオススメ!モノグラムギターの特徴とオススメモデル

    これからギターを始めたい方にぜひチェックして欲しいブランドが「モノグラム」と言うメーカーのギターです。王者フェンダーのルックスが非常に意識されており、低価格ながらもしっかりと良い所どりのような再現をしているメーカーです。この記事ではそんなモノグラムギターの特徴とオススメモデルをご紹介します。

  • バッド・フィンガーのメロディーメイカーはストラトキャスターを操るピート・ハム

    バッド・フィンガーのメロディーメイカーはストラトキャスターを操るピート・ハム

    ザ・ビートルズの仮楽曲名『Bad  Finger  Boogie』から名付けられたグループ、  バッド・フィンガー。地元ウェールズで結成したパンサーズ時代から約14年という短いキャリアのバンドでしたが、シーンに大きな足跡を残した事は言うまでもありません。そんなバンド・フィンガーを支えたメロディ...

  • フェンダーUSAジャズマスターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    フェンダーUSAジャズマスターの特徴と種類、おすすめシリーズ

    世界中で愛されるギターメーカーのひとつにフェンダーUSAがあります。初心者からアーティスト、コレクターまであらゆる人々に愛される幅広いラインナップをそろえているメーカーです。その中でもフェンダーUSAは中心核になっているギターが多く、人気の高いモデルを数々創り出しています。そんなフェンダーUS...

  • アメリカの問題を歌ったギタリスト、フランク・ザッパの名曲

    アメリカの問題を歌ったギタリスト、フランク・ザッパの名曲

    アメリカの問題点を指摘する曲を歌い続けました。60枚以上のアルバムを52年の人生の中で発表するなど、積極的に音楽活動に取り組みました。1964年に、後にザ・マザーズ・オブ・インヴェンションに名前を変える「ザ・ソウル・ジャイアンツ」に加入しました。翌年にバンド名を変更します。フランク・ザッパはバ...

  • いくらなら買い?中古のフェンダーUSAストラトキャスターの相場

    いくらなら買い?中古のフェンダーUSAストラトキャスターの相場

    ストラトキャスターといえば、やはり本家フェンダーUSAのストラトキャスターをイメージされる方は多いのではないでしょうか。ですが、店頭で見るとスタンダードモデルでは10万円台後半〜という価格帯で、10万円前後で買えるフェンダージャパンやbacchusなどのストラトキャスターやストラトキャスタータ...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す