徹底解説!アコースティックギターの全種類と選び方まとめ

初心者の方にとって、アコースティックギターは種類も豊富で、選び方が難しいと思います。また、付属品なども多く、どれを揃えれば良いかわかりづらいのではないでしょうか?

この記事では、初心者の方にもわかりやすいように、アコースティックギターの基本構造から各名称、種類、そして選び方のコツを徹底解説します。この記事を読んで、初めてのアコギを手に入れましょう!

目次

  • アコギとは
  • 各名称と構造
  • その他のアコギの各部名称
  • アコギが向いている事
  • アコギが向いていない事
  • アコギの種類
    • クラシックギター
    • フォークギター
    • エレクトリックアコースティックギター
  • アコギを選ぶときのコツ
    • 木材
    • 構造
    • ボディシェイプ
    • サウンド
  • アコギを買うときの付属品
    • カポタスト
    • クロス
    • 湿度調整剤
  • アコギは木材である

アコギとは

アコースティックギター(以下アコギ)とは、生ギターとも言われ、クラシックギターやフォークギターの総称を指します。6本の弦を弾くと、その振動がボディを伝わり、共鳴し、それがサウンドホールという穴から外に出ることで音を鳴らしています。電気信号などを使わずに音が鳴る仕組みになっているので、生ギター、また、そのサウンドを生音などと表現します。この振動をいかに大きくできるか?それがそのアコギのサウンドの質として現れます。

高価格帯の上位モデルと安価なエントリーモデルでは、木材や構造が異なるため、この共鳴の差がそのアコギのサウンドの差となって現れます。

各名称と構造

アコギは大きく分けてボディとネックに分かれいます。ボディはトップ、サイド、バックに分かれています。トップは単板か、合板で作られ、単板は1枚の木材で、合板は何枚かの木材が重ねられていることを表します。単板は木材が柔軟にしなるので、より大きく共鳴するため、こちらの方がサウンドが良いです。それに伴い価格は高くなります。合板は、数枚の板が合わさっているので、アコギ自体がしっかりしますが、振動が伝わりにくく、サウンドが劣ります。価格は安く抑えられます。

ボディは現在多くのアコギで、Xブレイシングが採用されています。ブレイシングとは、板の後ろにはってある補強の骨組みのことです。このブレイシングが骨組みにもなりますが、音の伝達板の役割も担っていて、アコギのサウンドの反響に大きく影響します。Xブレイシングとは、アコギの最大手メーカーのマーティン社が考案したXの形の骨組みのことを指します。

その他のアコギの各部名称

ヘッド

ギターの頭にあたる部分のことで、ここにペグが取り付けられています。略してヘッドともいいます。

ナット

弦のヘッドストック側の支点となるパーツですサウン(もう一方の支点はサドル)。上駒、または弦受けとも呼ばれます。アコースティックギターのナットは牛骨やカーボン、プラスティックなどの素材で出来ており、形は四角い棒状。表側には弦の横滑りを防ぐための溝が掘られ、裏面と側面はヘッドストックや指板の端に接着されています。

ネック

ギターの首の部分のことで、棹とも呼びます。ネックの表側に指板が貼り付けられています(ネックと指板が一体型のものも存在します)。弦のテンションに負けないよう、ネック材にはマホガニーやメイプルなど固めの材が選択されます。ネック内に金属製のロッドが埋め込まれたモデルも多くあります。ネックとボディの接合部はジョイントと呼ばれます。

フレット

ギターの指板上に打ち込まれた棒状の金属のことを指します。高さ、幅、形状が異なるさまざまなタイプのフレットが存在します。各フレットの呼び方は、ナットに近い側から1フレット、 2フレット~で、最高フレットはスチール弦のアコースティックギターでは20フレット、ナイロン弦では19フレットのものが多いです。弦をフレットに押さえつけることにより、そのフレットからサドルまでの間の弦が振動し音程が作られます。1フレットごとに半音ずつ上下する間隔で打ち込まれており、ハイポジションになるほどその間隔は狭くなります。

ボディ

アコギにとって命となる部分です。トップ、サイド、バックからなる共鳴箱の部分です。ここが弦の振動を共鳴させサウンドとして反響する部分になります。真ん中の大きな穴をサウンドホールと言います。

アコギが向いている事

アコギが向いている事として1番にあげれられるのが、弾き語りでしょう。アコギはコードを抑えることで和音を鳴らします。コードは各フレットを抑える指さえ覚えればいいので、音符が読めなくてもギターを楽しむことができます。6弦を使い、コードを鳴らすので、1人でその曲の伴奏ができるわけです。1990年代後半に路上アーティスト、路上ライブが爆発的な人気となりましたが、そのほとんどがギターの弾き語りでした。

クラシック、ポップスなどのミュージックにはアコギが適しています。

アコギが向いていない事

逆にアコギに向いてない事は、バンドなどのソロパートになると思います。もちろん、アコギでも、上手くなればバンドの中で、ソロパートをこなしていけます。押尾コータローなどは、アコギ1本、神がかったテクニックで様々なサウンド、表現をします。しかし、例えば高音域の単音を出すのはアコギはボディが邪魔しますし、弦がスチール弦で硬いため、弾きにくさがどうしてもあります。そういう場面では、弦が柔らかく、高音域も弾きやすいエレキギター(以下エレキ)の方が適しているでしょう。またバンドなどの中では、アコギを使用する場合、ピックアップをつけてエレアコ仕様にする必要があります。エレキは元々が電気信号で音を増幅させられるので、バンドなどでは、エレキの方が適していることもたくさんあると思います。またロックミュージックなどを演奏するときは、サウンド的に、エレキの方が圧倒的に適しています。

アコギの種類

アコギはクラシックギターとフォークギターとに分けられます。また現在はアコギとフォークギターはほぼ同じ意味で使われていると言えます。

クラシックギター

クラシックギターとは、ガット弦やナイロン弦を張ったギターのことを指します。名前の通り、クラシック音楽などで使用され、ボサノバ、カントリーミュージックなどで使用されます。ネックは19フレットで、ボディと接合は12フレットのところでされていることが多いです。

フォークギター

フォークギターは和製英語で、正式にはスチール弦アコースティックギターと言われています。名前の通り、フォークソングやポップスに適したギターですが、スキルが上がれば、様々な音楽に使用できる万能なギターでもあります。ネックは21フレットで、14フレットのところでボディと接合されているものが多く、ピック弾きをするので、ボディを傷つけないようにピックガードが貼り付けられています。

エレクトリックアコースティックギター

アコギにピックアップシステムをつけることによって、サウンドを電気増幅させることが可能です。そのアコギをエレクトリックアコースティックギター(以下エレアコ)と言います。ピックアップがつく以外は、普通のアコギと同じものになります。

アコギを選ぶときのコツ

アコギを買うときに見るべきポイントとして、木材、構造、フィット感、そしてサウンドの4点をしっかり確認するべきかと思います。

木材

アコギは使用している木材によって、反響の仕方が変わるため、サウンドの質が変わって来ます。最初の頃はわからないかもしれませんが、様々なアコギのサウンドを聞くことで、その差がわかってくるようになります。代表的な木材として、スプルース、マホガニー、ローズウッドなどがあります。それぞれに特徴があるので、ぜひ、様々な木材でのサウンドの違いを確認してみてください。

構造

アコギはその構造によってサウンドが変わって来ます。これは1番最初にも説明させて頂きました。わかりやすいのはトップが単板か合板か。やはり単板の方がサウンドの良さを感じますが、合板がダメというわけではなく、メーカーによっては合板で味のあるサウンドを作り出しているアコギもあります。また、ブレイシングもサウンドに大きな影響を与えますので、気に入ったサウンドのものがあれば、ブレイシングを調べてみましょう。

ボディシェイプ

これは弾きやすさとも言えるかもしれません。体のサイズや手の大きさがそれぞれ違いますので、自分に合うボディシェイプ、大きさやネックの太さ、形で、弾きやすさは変わって来ます。有名なものですと、マーティン社規格のドレッドノート。ボディのくびれが少なくぼてっとした感じですが、この形が最も有名なアコギの形だと思います。様々なメーカーがこの形を元にそれぞれの企画の大きさのアコギを展開しています。マーティン社では他に、OOO(トリプルオー)というシェイプの大きい小さめのアコギも展開しています。これはエリッククラプトンが使用していることで有名です。このボディの形で弾きやすさが変わりますが、もちろん、反響も変わって来ますので、サウンドも変わって来ます。これもそれぞれ好みがありますので、いろんなものを試奏してみることをオススメします。

サウンド

最後にサウンドです。やはり自分の心にガツンとくるサウンドのアコギを手に入れたいものです。サウンドはアコギの全てと言えると思います。前述した木材、構造、ボディシェイプの全てがそのアコギのサウンドに関わって来ます。もちろん、アコギは木材を使っていて、鳴らすたびに、木材での反響が変わって来ます。最初は鳴らないけど、弾けば弾くほど鳴るアコギもあるので、判断は難しいかもしれませんが、全ての観点から、アコギをチェックして、自分の好みのサウンドのアコギをぜひ手に入れてください。

アコギを買うときの付属品

アコギを買うときに絶対に必要や付属品が何点かあります。最近はネットやアプリなどの登場で教本のようなものが必ずしも必要ではなくなりました。その中で、必ず必要なものがカポタストです。そして、持っておくべきものがクロスと湿度調整剤だと思います。

カポタスト

カポタストとはフレットを全て抑えることによって、弦の長さを任意に短くすることで、楽器全体を移調することができるが、上げるだけで下げることはできない。通常のチューニングでは、コードが難しく、演奏が難しい楽曲を、楽に演奏するために用いられることが多いです。これはあると非常に便利です。持ってくべきものであると思います。

クロス

ギターの汚れを拭き取る掃除の道具です。ギターは思っている以上に汚れます。手垢や空気中の埃が付着します。木材を使用しているので、保存状態が大切になります。使用後は毎回クロスで掃除することをおすすめします。

湿度調整剤

アコギは木材を使用しているので、保存環境には非常に敏感です。特に日本は湿度が高い梅雨があり、冬は乾燥します。湿度の調整は長くアコギを使うためにも大切です。本来は、部屋をアコギに適した湿度(40〜50%程度)に管理するのが、理想ですが、なかなか難しいので、毎回ケースにしまい、ケースの中に湿度調整剤を入れることである程度の管理が可能になります。ぜひ、毎回ケースにしまう癖をつけてもらいたいです。

アコギは木材である

今回、アコギを詳しく掘り下げてみました。構造や特徴、選び方。その中で、忘れてはいけないのはアコギは木材を使用しているということです。木材とは生き物です。構造を知ることも、湿度への対応もそうですし、自分にフィットするアコギを選ぶことも、自分自身が木材と向き合っていることを忘れてはいけないと思います。アコギがより良いサウンドを出すためには、技術だけでなく、そのギターへの愛着、使い方という部分も大切になるのです。ぜひ、よりアコギを掘り下げて、自分にとっての最高のアコギを見つけることができればと思います。

この記事に関連する商品

ベースボーカル!魅力に富んだポリスのスティングが作る名曲まとめ

ベースボーカル!魅力に富んだポリスのスティングが作る名曲まとめ

スティングは、作詞作曲のセンスで有名ですが、自分の歌を際立たせるベースプレイは彼ならでは。そんな彼のおすすめの名曲を紹介していきます。

フェンダーのギターアンプ、Champion 600を徹底解説!【Fender】

フェンダーのギターアンプ、Champion 600を徹底解説!【Fender】

フェンダーのギターアンプは多くのプレイヤー達に支持されています。いろいろなモデルのアンプがありますが、みなさんはどんなアンプを想像しますか?ここの記事では、その中でも人気の高いChampion 600の特徴と仕様・スペックを紹介していきたいと思います。<h2 class="entry-head...

エレキギターの代名詞、フェンダーUSAストラトキャスターの歴史まとめ【Fender USA】

エレキギターの代名詞、フェンダーUSAストラトキャスターの歴史まとめ【Fender USA】

フェンダーUSAのストラトキャスターといえば、現在に至るまで60年以上もの歴史を誇る、エレキギターの草分けとも言える存在です。1980年代のライブ映像を見ても、最近のミュージシャンのMVを見ても、あらゆる音楽シーンの映像にその姿を確認することができ、このシェイプのギターがいかに広く普及している...

エレキギターの弦高は低いほどいい? 弦高調整のチェックポイント

エレキギターの弦高は低いほどいい? 弦高調整のチェックポイント

みなさん、ギターのメンテナンス、していますか?もし弦高が高すぎて弾きにくいと感じることがあれば、弦高調整をしてみてもいい頃でしょう。弦高を上下させることによって生じるメリット・デメリットは次のようになっています。

MusicLab社のReal Guitarで、ナイスな音作りにトライしましょう

MusicLab社のReal Guitarで、ナイスな音作りにトライしましょう

DTMの楽曲作りで、最も苦労するのが、ギターの打ち込みです。もちろん、プロ並みの演奏力を持つ人なら、リアルにギターを弾いて録音することもできますが、アマチュアにとっては、なかなか満足のいく結果が出ません。今回紹介するRealGuitarは、ギターを使った楽曲づくりに、新たな息吹を吹き込むものと...

おすすめの記事一覧

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

楽器・機材を探す