新たなスタイルとなったFender Japanのおすすめモデルと選び方

初めてギターを手にするのに最適な価格や「日本製」を大切にする品質管理など、長年に渡り愛され続けたFender Japan(フェンダージャパン)。楽器に興味を持った方なら「聞いた事がある!」という方も少なくないのではないでしょうか?しかし、そんな老舗ブランドとの別れは突然に...

2015年4月よりFender Japanは代理店の変更によりライセンス契約の失効、楽器店からは姿を消してしまいました。

しかし、本家FENDER社は日本製の品質や製品スペックを同様に新たなラインナップとして Fender Japan Exclusive series(フェンダージャパン エクスクルーシブシリーズ)を発表しました。

受け継がれたスタイルや進化し続けるスペック。そんなFenderギターのラインナップから今回は、これからギターを始めたい!といった方にオススメのモデルを数本紹介させていただきます。また、今回の記事で使われている木材などのスペックもご紹介させていただきます。木材などによるサウンドの違いなどは別の機会に詳しくご紹介させていただきます。

Do you prefer to play acoustic or electric? What did you learn on first? #FenderParamountSeries

Fenderさん(@fender)が投稿した写真 -

目次

  • 愛され続ける王道「ストラトキャスター」
    • Fender / Japan Exclusive Classic 50s Stratocaster Black
  • ストラトキャスターの上位モデルとして登場「テレキャスター」
    • Fender / Japan Exclusive Classic 50s Telecaster / Vintage Natural
  • 当時、入門用ギターだったモデルの進化系「ムスタング」
    • Fender / Japan Exclusive Classic 60s Mustang Vintage White
  • あとがき

愛され続ける王道「ストラトキャスター」

エレキギターの中でもストラトキャスタータイプは、長年に渡り愛され続ける形、すべてのジャンルに対応する万能タイプなギターです。

'Stratisfying' #FenderEliteSeries

Fenderさん(@fender)が投稿した写真 -

1.Fender / Japan Exclusive Classic 50s Stratocaster

  • Body : Basswood
  • Neck : Maple
  • Fingerboard : Maple
  • Neck Shape : Slim "C"
  • Scale Length : 25.5" (648 mm)
  • Fingerboard Radius : 7.25" (184.1 mm)
  • Number of Frets : 21
  • Fret Size : Vintage-Style
  • String Nut : Synthetic Bone
  • Nut Width : 1.650" (42 mm)
  • Pickup : Vintage-Style Single-Coil Strat
  • Controls : Master Volume, 2-Tone, 5-Position Blade-SW
  • Bridge : 6-Saddle Vintage-Style Synchronized Tremolo

「ギターってどんな形?」と質問をした際に多くの人がこの形をイメージされるのではないでしょうか!

これぞFENDER社の代名詞とも言えるモデル「Stratocaster (ストラトキャスター)」です。

楽器などお探しの際に「STタイプ」と書かれているものも多いと思いますが、大抵の場合はこのストラトギターを意味しています。タイプと書かれているのは著作権などの大人事情の為ですが、基本的にはこの形をイメージしていただいて問題ありません!

では、これもよくある表記なのですが「50Sや60S」などの意味についても簡単にですがご説明させていただきます。

これは19~年代のギターを再現しました!といった意味になります。大きく分けて50年代、60年代、70年代と異なったスペックの代表モデルが存在した為に、この表記が用いられてます。実際の年代生まれのギターはというと...

このような見た目の物が多く、価格も¥3,000,000以上の物がほとんどです。

前振りが長くなってしまいましたが、このように歴代の良いところを再現したものが今回ご紹介させていただいたClassic 50s Stratocasterの様なモデルになります。

老若男女問わずに扱いやすいボディサイズ、ジャンルを極端に選ばない明るくクリーンなサウンドはこれからギターを始める方には非常にオススメです。ギターを初めて最初の頃は「あのバンドのあんな音が出したい!」などいろいろと悩まれる事も多いと思いますが、スタンダードならではの癖の無さは長く付き合う為にとても重要になってきます。カラーバリエーションも豊富の為、自分の好きな色も見つけやすくなっています。

ストラトキャスターの上位モデルとして登場「テレキャスター」

形を残しつつも、よりサウンドに個性を持たせたモデル。

Hope Your #TeleTuesday is rocking...

Fenderさん(@fender)が投稿した写真 -

2.Fender / Japan Exclusive Classic 50s Telecaster

  • Body Material:Ash
  • Body Finish:Polyester
  • Neck Material:1-Piece Maple
  • Neck Shape:Slim "C"
  • Scale Length:25.5" (648 mm) Fingerboard Radius:7.25" (184.1 mm) Number of Frets:21
  • Fret Size:Vintage-Style
  • String Nut:Synthetic Bone
  • Nut Width:1.650" (42 mm)
  • Neck Plate:4-Bolt
  • Neck Finish:Polyester
  • Fingerboard:Maple
  • Position Inlays:Black Dot
  • Controls:Volume, Tone
  • Pickup Switching:3-Position Blade: Position 1. Bridge Pickup, Position 2. Bridge and Neck Pickups, Position 3. Neck Pickup
  • Pickup Configuration:SS
  • Bridge:3-Saddle Vintage-Style Strings-Through-Body Tele with Chrome Barrel Saddles Tuning Machines:Gotoh(R) Cast/Sealed

ストラトキャスターに並ぶ人気の形がこちらのテレキャスターです。もとはストラトキャスター の上位モデルとして登場しただけあって、サウンドはストラトキャスターに近いものがありま す。モデルにもよりますが、高音部分は非常にきらびやかでシャープ、低音部分は芯のあるハッ キリしたサウンドなど存在感を十分にもったギターと言えます。こちらのモデルは先ほどのスト ラトキャスターでもご紹介しましたが、50s、つまりは50年代のテレキャスターのスタイル を再現したモデルになります。

また、こちらのギターを見てアニメ「BECK」などを想像される方も少なく無いのではないでし ょうか?タイアップなどにもよく使われる馴染み易い1本ですね。

「画像」

当時、入門用ギターだったモデルの進化系「ムスタング」

発売当初は入門用、今では不動の人気を確立したモデル。

Picked up a 50mm lens today for my #sonya6000 // #fendermustang #deluxereverb

Alex Bemisさん(@alexanderbemis)が投稿した写真 -

3.Fender / Japan Exclusive Classic 60s Mustang

  • Body Material:Poplar
  • Body Finish:Polyester
  • Neck Material:Maple
  • Neck Shape:Slim "C"
  • Scale Length:24" (610 mm) Fingerboard Radius:7.25" (184.1 mm) Number of Frets:22
  • Fret Size:Vintage-Style
  • String Nut:Synthetic Bone
  • Nut Width:1.615" (41.02 mm)
  • Neck Plate:4-Bolt
  • Neck Finish:Polyester
  • Fingerboard:Rosewood
  • Position Inlays:White Dot
  • Controls:Master Volume, Master Tone
  • Pickup Switching:2-On/Off Slide Switches, One for Each Pickup Pickup Configuration:SS
  • Bridge:Floating Bridge with Dynamic Vibrato Tailpiece
  • Tuning Machines:Vintage-Style with Aged White Plastic Buttons

最後にご紹介するのがこちらのMustang(ムスタング)。ストラトやテレキャスターに比べると、ボディ のサイズが一回り小さくなる為、体の小さい方や女性に大変人気なモデルです。

もちろん男性も激しく 弾いてる方もいらっしゃいますので、決して子供向け!のようなギターではありません。

スケールと言われるギターの長さが他より短いショートスケールと言われるものを採用している為、同 じ弦を張っても少し柔らかく感じれるので弾きやすさも抜群です。

カラーバリエーションも豊富で「ドロフィンブルー」などは映画「ソラニン」で宮崎あおいさんも使わ れていました。

大ヒットしたアニメ「けいおん」などでも使用され、実はすごく人気の高いモデルなのがこのムスタン グです。せっかくなので、このムスタングをかっこよく弾きまわしている日本の有名アーティスト 「L'Arc~en~Ciel」のVo.HYDEさんの動画をご覧ください!(本人が使用しているのは70年代製の USA製のものです。)

あとがき

今回は登場から1年程が経った新しいFender Japanを簡単にですがご紹介させていただきました。 形や色、特徴も様々なギターの中から代表的な3種類。まさしくスタンダードと呼ばれるモデル 達です。よく「USAの劣化版?」などと聞かれる事もありますが、決してそうでは無い「初めて 手にするのに最適なメーカーの一つ」と捉えてください。

購入を悩まれている初心者の方に「こんなギターがあるんだ!」と心踊っていただけたら幸いで す。専門サイトにはやはり専門用語も多かれ少なかれでてきますので、少し購入に躊躇してしま う事もあると思いますが、もしこのサイトを見ながら始めようか悩まれてる方がいたら著者から の主観で一言お伝えしておきます。

「まずは見た目から!」

自分の好きな形を最優先に考えてあげてください。そうすれば愛着のある大切な1本になる事は間違いありません。

この記事に関連する商品

「Mr.Thunderfinger」ザ・フーのジョン・エントウィッスルの魅力

「Mr.Thunderfinger」ザ・フーのジョン・エントウィッスルの魅力

ジョン・エントウィッスルは、ザ・フーのベーシストで、リードベースとも呼ばれる独特のベースラインを書くことで有名です。ジョン・エントウィッスル(John Entwistle、本名:John Alec Entwistle,、1944年10月9日 - 2002年6月27日)は、イギリスのミュージシャ...

BOSSの新世代ギターアンプ!KATANAアンプの特徴と解説!

BOSSの新世代ギターアンプ!KATANAアンプの特徴と解説!

BOSSとして初めて発売された「WAZAアンプ」。皆さんはもうチェックしたでしょうか?フラッグシップアンプである「WAZAアンプ」の"技"を継承しつつ圧倒的なサウンドパフォーマンスを実現したのが今回ご紹介するKATANAアンプシリーズです。KATANAの名が示す通りエッジィなサウンドが魅力のK...

ロック詩人として名高いルー・リードの名曲たち

ロック詩人として名高いルー・リードの名曲たち

ルー・リードは20世紀を代表するアーティストの一人で、その歌詞の巧みさからロックの詩人として名高い評価を受けています。1942年に生まれ、2013年にその生涯を終えるまでに生み出した名曲たちを聞きながら、彼の人生のエピソードなどを振り返ってみましょう。

TOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーのシグネチャー!Music Man Lukeシリーズの特徴とラインナップ!

TOTOのギタリスト、スティーブ・ルカサーのシグネチャー!Music Man Lukeシリーズの特徴とラインナップ!

Steve Lukatherのシグネチャーモデル、Lukeをご存知でしょうか。Steve Lukatherと言えばTOTOをはじめ、多くの楽曲に参加している世界的なギタリストです。その演奏技術は世界をリードし、プロギタリストからも一目置かれる存在です。今回はそのSteve Lukatherのシ...

カート・コバーンは何がすごいのか? ニルヴァーナの花形ギタリストの秘密に迫る

カート・コバーンは何がすごいのか? ニルヴァーナの花形ギタリストの秘密に迫る

バンドをしている人ならば一度は耳にしたことはあるであろう、カート・コバーン。あまり詳しくない人からすれば「なんか有名なロックの人でしょ?」というイメージかもしれません。ですが、彼はロック史おける偉大なミュージシャンであるということを声を大にして言いたいです。今回はカート・コバーンの歩んできた道...

おすすめの記事一覧

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

楽器・機材を探す