アップライトベースの特徴と使用しているアーティストまとめ

みなさんはエレクトリックアップライトベースをご存知でしょうか。

サイレントベース、ソリッドウッドベースなどとも呼ばれ、エレキベースの仕組みに加え、ウッドベースのような特徴を備えています。

エレクトリックアップライトベースとは?

エレクトリックアップライトベースとは、簡単にいうと縦式のベースです。

ウッドベースとエレキベースの間の位置にある楽器ですかね!

まだ歴史が浅い楽器なので、メーカーによっては、サイレントベース、ソリッドウッドベースなどという名前がついています。

EUBと略されたり、エレアプとも呼ばれたりしますね!

item_UYAMAHASLB2002_0https://www.mikigakki.com/

エレクトリックアップライトベースの特徴

エレクトリックアップライトベースの特徴は、

  • ウッドベースのようなフレットレスの指板
  • ウッドベースや通常のエレキベースと比べ細い本体

の二つが挙げられます。ウッドベースに電装系をつなげ、不要になった木材を外したもの、とも言えるでしょう。

そのため、当然音もウッドベースに近いサスティンが短く丸みのある音になります。

さらに、ボディの構造には、ソリッドボディとホロウボディがあり、それぞれに個性があります。

ソリッドボディタイプのアップライトベースの特徴

ソリッドボディのアップライトベースは、ネックほどの幅しかないシンプルなボディが最大の特徴です。

ルックスのインパクトはもちろん軽量で持ち運びにも困りません。

また、ボディ材が少ない分、音がより硬く、はっきりする傾向があります。

aria_swblite2bkahttp://www.soundhouse.co.jp/

ホロウボディタイプのアップライトベースの特徴

ホロウボディは、ソリッドに比べてボディが大きいですがウッドベースに比べたらかなり軽く、よりウッドベースに近い機能を求める方にオススメです。

ウッドベースをそのまま小さくしたようなイメージで、音もウッドベースに近いですね。

landscape_swbartistavcahttp://www.soundhouse.co.jp/
ウッドベースの「フレットレス」って何?という方は、こちらの記事が参考になるでしょう。
なにがいいの?フレットレスベースのすすめ
ピックアップはタッチニュアンスや独特なあの『みょ~ん』としたサスティンを再生するために、基本的にはピエゾタイプのピックアップが使用されています。

モデルによってはマグネットピックアップが追加搭載されており、より幅広いサウンドメイキングが可能になっているモデルもあります。

引用元:エレクトリックアップライトベースの世界

上記のようなピックアップによって、ウッドベースのような独特なサウンドが得られるんですね!

また、ブリッジ部分に弦高を調整する機能がついています。

アップライトベースを演奏するアーティスト

アップライトベースはあまり有名人が多くない印象を受けている方もいると思いますが、実際はどうでしょうか?

今回は多くの人がご存知の二人をご紹介します。

ザ・ドリフターズのいかりや長介

アップライトベースといえば、いかりや長介さんが非常に有名です!

コントで有名なザ・ドリフターズですが、実は座・ドリフターズはそもそもバンドなのです。ご存知でしたか?

最近のメディア露出の例では、KIRINのCMで、渋かっこいい演奏を見せてくれています。

東京事変などにベーシストとしても参加している敏腕音楽プロデューサー、亀田誠治

我らが亀田誠治!!

超有名な音楽プロデューサーでありながら、東京事変を代表とする様々なバンドにベーシストとして参加している亀田氏は、アップライトベースを使用した楽曲も手がけています。

喧嘩上等、化粧直しなどでも使われていますよ!

いかがでしたか?

アップライトベースは、エレキベースというよりはウッドベースよりな印象ですね。

見た目のインパクトと独特な音は本当に魅力的なので、挑戦してみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する商品

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

<p>今回はマーティンのD-18を紹介して行きたいと思います。一生もののアコースティックギターが欲しい!!その中でもやっぱりマーティンだ!!となった時、きっと候補に上がってくる1本だと思います。 フラグシップモデルのD-28よりも少し価格が安く、それでも、上位モデルとして本格派のマーティンのア...

新しいジャパニーズロックンロールを求め続ける a flood of circleのおすすめ曲

新しいジャパニーズロックンロールを求め続ける a flood of circleのおすすめ曲

海外のロックシーンを意識しつつ、日本語だからこそ歌えるロックンロールを求め続けるバンドがあります。その名は a flood of circle。2006年の結成からメンバーの脱退、加入などタフな時期を乗り越えて活動し続ける彼らが目指すのは新しい日本語ロックのスタイル。挑戦をやめず進化し続ける ...

ギタリストなら抑えておきたい!おすすめシールド特集第2弾!

ギタリストなら抑えておきたい!おすすめシールド特集第2弾!

こんにちは。シールド、みなさんはこだわってますか?どんなシールドを使うかでサウンドキャラクターは左右されます。一般的なものからマニアックなものまで、あらゆるケーブルが世に出回っていますがそれぞれに個性があり、それをセレクトするのもギターを楽しむうえでの醍醐味といえるでしょう。ということで今回は...

初心者にオススメ!モノグラムギターの特徴とオススメモデル

初心者にオススメ!モノグラムギターの特徴とオススメモデル

これからギターを始めたい方にぜひチェックして欲しいブランドが「モノグラム」と言うメーカーのギターです。王者フェンダーのルックスが非常に意識されており、低価格ながらもしっかりと良い所どりのような再現をしているメーカーです。この記事ではそんなモノグラムギターの特徴とオススメモデルをご紹介します。

フェンダーUSAテレキャスターのエレキギターの歴史まとめ【Fender USA】

フェンダーUSAテレキャスターのエレキギターの歴史まとめ【Fender USA】

フェンダーUSAのテレキャスターといえば、商業用に大量生産された初のソリッドボディのエレクトリックギターであり、現在でも発表当時のままほとんど仕様が変わらない数少ないギターの一つです。一世を風靡、という輝かしい話も聞かないですが、ストラトキャスター、レスポール、ときたら次はテレキャスター、とい...

おすすめの記事一覧

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

価格以上のクオリティ!高品質なバッカス製エレキギターの特徴!

価格以上のクオリティ!高品質なバッカス製エレキギターの特徴!

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

楽器・機材を探す