メンテナンスの基本、エレキベース弦の交換方法

エレキベース弦、交換してますか?

ベース弦は消耗品で、もちろん自分で簡単に張り替えることができます!

ここではそんなベース弦の交換方法を紹介していきます。

目次

  • 弦の交換頻度
  • エレキベース弦の交換に必要なもの
    • ベース弦
    • ニッパー、ペンチ
  • エレキベース弦の交換方法
    • 古い弦を外す
    • 新しい弦を張る
    • チューニング

弦の交換頻度

弦の交換頻度は、人それぞれです。ギターの弦と違って、ベースの弦はなかなか切れることがありません。

基本的には2~3ヶ月ほどで交換する人が多いようですね!

古くなって音が丸くなったような音を「死んだ音」と表現しますが、その音や感触が好きな人もいます。

ベース弦の交換に必要なもの

ベース弦

替えの弦を用意します。ベース弦にはいろいろな種類がありますが、スケールだけは間違えないように気を付けて下さいね!

ニッパー、ペンチ

弦を切るために使います。100均などで売られているものでも大丈夫ですが、ベースの弦は太いので専用のものか、大きくて強いものを選びましょう。

ベース弦の交換方法

古い弦を外す

まず、古い弦を外しましょう。そこで

弦を切る前に必ずペグを回して弦を緩めてください。緩めずにそのまま切ると、弦がはじけて危険ですよ!ここだけ守れば、どこで切っても問題ありません。

新しい弦を張る

決まりはないですが、4弦から張っていくことが多いです。張る弦を1本とりだしたら、ブリッジに弦を通します。ブリッジから弦を引っ張ったら、ペグに巻きつけます。

ペグに巻きつけるのは、2~3巻くらいがベストな長さになります。それってどのくらい?って思いますが、目安としてペグの1.5個分くらいになるのでそこでまず弦を折り曲げてください。そして、弦を切るのですがペグに固定するための長さも必要になりますので、弦を折ったところからプラス1cm残して切りましょう!

長さが決まったら、ペグポストに穴があるのでそこに弦の先端をいれます。そして弦を支えながらペグを巻いていきましょう!

チューニング

全ての弦が交換できたらチューニングをしましょう!その前にブリッジの駒の上に全ての弦がしっかりのっているか、弦がねじれていないか確認するといいですね!張りたての弦はチューニングが狂いやすいので何度かやって安定させるようにしましょう。

これで弦の張り替えは完成です!始めは戸惑いますが、1回やればだれでも簡単にできるので試してみてくださいね。

この記事に関連する商品

  • 自宅で練習が捗る!オススメの多機能ギターアンプを紹介

    自宅で練習が捗る!オススメの多機能ギターアンプを紹介

    家でアンプを鳴らすには音質だったり、音量だったり、どこかを犠牲にしないといけない…そんな時代はもう終わりました。今のアンプは技術の進歩により、小さいサイズで、小さい音量で、非常にハイクオリティなサウンドを出す事ができます。他にもスマートフォンと連携してアプリを使って音を作れたり音源を流して演奏...

  • マーシャルの発売したスピーカーに注目!

    マーシャルの発売したスピーカーに注目!

    ギターアンプの王道を作ってきたマーシャルが販売する、オーディオ用のスピーカーがあります。それらの商品はマーシャルアンプで培った技術をふんだんに使っており、非常にユーザビリティに優れている製品です。そんなマーシャルのオーディオ部門は、マーシャルらしい使いやすい高機能、シンプルな操作性とアナログな...

  • ギブソンの伝統が受け継がれるレスポールトラディショナルの魅力

    ギブソンの伝統が受け継がれるレスポールトラディショナルの魅力

    ギブソンのレスポールはとても人気がありますね!そんなレスポールは、仕様の違いによっていろんなモデルがあります。ここではその中でもトラディショナルモデルについて紹介していきます。

  • 弦の太さ(ゲージ)が違うと何が違うの?ギター弦の選び方徹底解説!

    弦の太さ(ゲージ)が違うと何が違うの?ギター弦の選び方徹底解説!

    今回はギターの弦のゲージの選び方や用途について解説させて頂きます。弦は多くのメーカーから販売されており種類によってサウンドは様々ですが、それよりも根本的な弦のゲージによって変わる演奏性やサウンドも大事です。ジャンルで好まれるゲージの理由や演奏スタイルによって弾きやすくなる等使う用途も合わせてご...

  • ESPギターの海外版!?LTDギターの特徴

    ESPギターの海外版!?LTDギターの特徴

    国内のギターメーカーとして長く愛されているメーカーのESP。このメーカーの製品の海外向けラインナップとして「LTD」が存在します。その名前の通り、「リミテッド」な仕様のギターは非常にコストパフォーマンスに優れたモデルを多数、販売しています。この記事では、そんなLTDギターの魅力や特徴をご紹介します。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す