ベースアンプの選び方 - 基本からわかる、種類のまとめ

ベースアンプと一口に言っても、実際に購入しようとして調べるといろいろな種類がありますね。

自宅練習、スタジオ・・・使用する環境やサウンドの違いでベースアンプを選べるように、基本的な知識をまとめます。

ここでは、ベースアンプの種類とともに選び方をみていきましょう!

目次

  • ベースアンプとは?
  • ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!
  • ベースアンプの種類
    • コンポアンプ
    • セパレートタイプ
  • 回路の違い
    • 真空管アンプ(チューブアンプ)
    • トランジスタアンプ(ソリッドステート)
  • 出力ワット数

ベースアンプとは?

ベースアンプは、エレキベースから送られた信号を増幅する機器で、一言で言えばベースのためのスピーカー、にあたります。

略して、ベーアンとも言われますね!

ベースをこのベースアンプにつなぐことで、大音量でベースを鳴らすことができるのです。

ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!

ギターアンプと構造は同じで、ギターアンプにつなげても音は出るのですが、再生レンジ幅が違うのでベース専用のアンプを使うと良いです。

ギターアンプにベースをつなげて音を出すと、低音域が豊かに鳴らないなど、演奏上の問題点や、微妙に低音寄りのクセがギターアンプについてしまう(※これについては諸説あります)など、デメリットが多いと言われています。

ただ、ギターアンプでベースを鳴らすとギターアンプが壊れる、といった迷信もあるようですが、これはかなり特殊な場合のみで、本当に壊れることは滅多にないので、間違って鳴らしてしまっても慌てないようにしてくださいね。

ベースアンプの種類

ベースアンプは、実は大きく

  • コンボタイプ
  • セパレートタイプ

の2種類に分けることができます。

それぞれどういったものか見てみましょう。

コンボタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが一体になっているものです。

アンプヘッドとは、実際に受け取った音声データを編集・加工する役割を担う部分であり、「音作り」を可能にする部分です。

対してスピーカーキャビネットは、受け取った音声データを実際に音にして鳴らす部分で、これがないとライブなどで音を出すことはできません。

コンボタイプのアンプひとつで音を鳴らすことができるので、接続する手間がないですね!

ampeg-ba108-v2-2http://www.soundhouse.co.jp/

セパレートタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが別々になっているタイプのものです。

それぞれ自由に組合せることができるので、環境に合わせた音作りができるようになっています。

アンプヘッドとスピーカーキャビネットを重ねたものをスタックタイプといいますね。

セパレートタイプはかなり大型のアンプを想定して使われることが多いので、ライブハウスなどに小型のアンプヘッドだけ持ち込んでそちらで音作りをする、というこだわりを見せるベーシストもいるようです。

ampeg_svt3prodhttp://www.soundhouse.co.jp/eden_ex1104chttp://www.soundhouse.co.jp/

回路の違い

ベースアンプに限りませんが、実はアンプは音を作って出力するまでの流れに2種類のパターンがあるのです。

真空管アンプとトランジスタアンプが存在します。

真空管アンプ(チューブアンプ)

真空管を使っているアンプで、暖かみのあるマイルドなサウンドが特徴的です。一体一体にも個性があり、湿度によっても音色が変わったり、寿命が変わったりします。真空管は消耗品のため、交換が必要になってきます。

トランジスタアンプ(ソリッドステート)

性能が安定していて、硬質なサウンドが特徴的です。チューブアンプより、メンテナンスに手間がかかりにくく扱いやすいでしょう。

真空管アンプの方が、少ないワット数で大きなボリュームが鳴る傾向があり、ワット数でいうとトランジスタアンプの40wが真空管アンプの10wに近いぐらいのイメージです。

出力ワット数

ベースアンプには、出力ワット数というものがあります。演奏する環境によってワット数を選んでいきましょう!

目安としては、次のような基準があります。これは基本的にはトランジスタアンプの基準なので、真空管アンプの場合には数字を控えめにして考えてみてください。

  1. 自宅練習用   → 15~30w
  2. 小規模ライブ → 80w~
  3. 大規模ライブ → 300w~

以上、ベースアンプの種類について、タイプ・回路・ワット数の視点からご紹介しました。

メーカーや機種によってもサウンドの違いがあります。自分の環境に合わせて最適なものを選んでいきましょう!

この記事に関連する商品

【完全版】おすすめのフェンダージャパン エレキギター7選!!

【完全版】おすすめのフェンダージャパン エレキギター7選!!

今は生産終了となってしまったフェンダージャパンですが、そのブランド力、人気は未だ高く、コストパフォーマンスも決して悪くありません。現在、フェンダージャパンのエレキギターを入手するには売れ残っている希少な新品を購入するか、中古になってしまいます。それでもフェンダージャパンのエレキギターが欲しい、...

光速ギタリスト!ポール・ギルバートの使用ギター&おすすめ曲3選!

光速ギタリスト!ポール・ギルバートの使用ギター&おすすめ曲3選!

ポール・ギルバート(Paul Gilbert)はアメリカ合衆国出身のミュージシャン、ギタリスト。光速のギタリストとして有名で、早弾きを得意としています。他にも、歯でギターを弾いたりと破天荒なプレイスタイルをとる事でも有名なポール。今回はそんなポール・ギルバートの使用ギターやおすすめ曲を交えなが...

コスパで選ぶなら!エピフォン・レスポールカスタムの特徴と仕様・スペックまとめ

コスパで選ぶなら!エピフォン・レスポールカスタムの特徴と仕様・スペックまとめ

ギタリストなら1度は憧れるレスポールカスタム!!ギブソンはご存知の通りですが、エピフォンにもレスポールカスタムがあるって知っていましたか?その他にも、スタンダード(standard)やスタジオ(studio)などギブソン傘下として、一通りのモデルを生産しています。ここでは、エピフォン(Epip...

個性派ベーシストならこれ!SGベースの魅力に迫る!

個性派ベーシストならこれ!SGベースの魅力に迫る!

みなさん、SGベースってご存知ですか?エレキギターでは定番ともされるほど有名なボディですよね!そのベース版であるSGベースについて紹介していきます!

PRSの新コンセプトをチェック!SEシリーズオリジナルMiraの魅力に迫る!

PRSの新コンセプトをチェック!SEシリーズオリジナルMiraの魅力に迫る!

PRSはハイエンドメーカーとして知られ、美しいルックスとPRSサウンドが魅力のメーカーですね!ギタリストなら一度は弾いてみたいPRSですが、ここの記事ではMiraというモデルに注目してみたいと思います!

おすすめの記事一覧

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

楽器・機材を探す