ベースアンプの選び方 - 基本からわかる、種類

ベースアンプと一口に言っても、実際に購入しようとして調べるといろいろな種類がありますね。

自宅練習、スタジオ・・・使用する環境やサウンドの違いでベースアンプを選べるように、基本的な知識をまとめます。

ここでは、ベースアンプの種類とともに選び方をみていきましょう!

目次

  • ベースアンプとは?
  • ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!
  • ベースアンプの種類
    • コンポアンプ
    • セパレートタイプ
  • 回路の違い
    • 真空管アンプ(チューブアンプ)
    • トランジスタアンプ(ソリッドステート)
  • 出力ワット数

ベースアンプとは?

ベースアンプは、エレキベースから送られた信号を増幅する機器で、一言で言えばベースのためのスピーカー、にあたります。

略して、ベーアンとも言われますね!

ベースをこのベースアンプにつなぐことで、大音量でベースを鳴らすことができるのです。

ギターアンプとベースアンプはレンジが違う!

ギターアンプと構造は同じで、ギターアンプにつなげても音は出るのですが、再生レンジ幅が違うのでベース専用のアンプを使うと良いです。

ギターアンプにベースをつなげて音を出すと、低音域が豊かに鳴らないなど、演奏上の問題点や、微妙に低音寄りのクセがギターアンプについてしまう(※これについては諸説あります)など、デメリットが多いと言われています。

ただ、ギターアンプでベースを鳴らすとギターアンプが壊れる、といった迷信もあるようですが、これはかなり特殊な場合のみで、本当に壊れることは滅多にないので、間違って鳴らしてしまっても慌てないようにしてくださいね。

ベースアンプの種類

ベースアンプは、実は大きく

  • コンボタイプ
  • セパレートタイプ

の2種類に分けることができます。

それぞれどういったものか見てみましょう。

コンボタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが一体になっているものです。

アンプヘッドとは、実際に受け取った音声データを編集・加工する役割を担う部分であり、「音作り」を可能にする部分です。

対してスピーカーキャビネットは、受け取った音声データを実際に音にして鳴らす部分で、これがないとライブなどで音を出すことはできません。

コンボタイプのアンプひとつで音を鳴らすことができるので、接続する手間がないですね!

ampeg-ba108-v2-2http://www.soundhouse.co.jp/

セパレートタイプ

アンプヘッドとスピーカーキャビネットが別々になっているタイプのものです。

それぞれ自由に組合せることができるので、環境に合わせた音作りができるようになっています。

アンプヘッドとスピーカーキャビネットを重ねたものをスタックタイプといいますね。

セパレートタイプはかなり大型のアンプを想定して使われることが多いので、ライブハウスなどに小型のアンプヘッドだけ持ち込んでそちらで音作りをする、というこだわりを見せるベーシストもいるようです。

ampeg_svt3prodhttp://www.soundhouse.co.jp/eden_ex1104chttp://www.soundhouse.co.jp/

回路の違い

ベースアンプに限りませんが、実はアンプは音を作って出力するまでの流れに2種類のパターンがあるのです。

真空管アンプとトランジスタアンプが存在します。

真空管アンプ(チューブアンプ)

真空管を使っているアンプで、暖かみのあるマイルドなサウンドが特徴的です。一体一体にも個性があり、湿度によっても音色が変わったり、寿命が変わったりします。真空管は消耗品のため、交換が必要になってきます。

トランジスタアンプ(ソリッドステート)

性能が安定していて、硬質なサウンドが特徴的です。チューブアンプより、メンテナンスに手間がかかりにくく扱いやすいでしょう。

真空管アンプの方が、少ないワット数で大きなボリュームが鳴る傾向があり、ワット数でいうとトランジスタアンプの40wが真空管アンプの10wに近いぐらいのイメージです。

出力ワット数

ベースアンプには、出力ワット数というものがあります。演奏する環境によってワット数を選んでいきましょう!

目安としては、次のような基準があります。これは基本的にはトランジスタアンプの基準なので、真空管アンプの場合には数字を控えめにして考えてみてください。

  1. 自宅練習用   → 15~30w
  2. 小規模ライブ → 80w~
  3. 大規模ライブ → 300w~

以上、ベースアンプの種類について、タイプ・回路・ワット数の視点からご紹介しました。

メーカーや機種によってもサウンドの違いがあります。自分の環境に合わせて最適なものを選んでいきましょう!

この記事に関連する商品

  • フェンダージャパンエクスクルーシブ ストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

    フェンダージャパンエクスクルーシブ ストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

    フェンダーの新シリーズとして誕生したFender Japan Exclusive seriesはメイドインジャパンのエレキギターです。長年愛されてきた国産シリーズが新たな形で発売されているのです。そこで今回はフェンダージャパンエクスウルーシブのシリーズの中でも定番モデルのストラトキャスターにつ...

  • ギターストラップにも色々あるんです! ストラップの種類と選び方

    ギターストラップにも色々あるんです! ストラップの種類と選び方

    みなさん、ギター立って弾いてますか?実は立って弾く方が手首の角度などを正しくしないと弾けないので、フォームをよくする練習になったりします。この記事ではそんなスタンドプレーに欠かせないアイテム、ギターストラップの種類や材質を、選び方ご紹介していきます。

  • アナログディレイとデジタルディレイは何が違う?

    アナログディレイとデジタルディレイは何が違う?

    アナログディレイとデジタルディレイの違いを把握している方って意外と少ないと思います。そんな方にそれぞれの違い・メリット・デメリットを理解していただきエフェクターボードの構築に役立つ記事になれば幸いです。さて、これらの違いを大まかに説明すると「劣化」です。「劣化」と聞くと良くないイメージがあると...

  • BOSSのエフェクター、SD-1を徹底解説!【SUPER Over Drive】

    BOSSのエフェクター、SD-1を徹底解説!【SUPER Over Drive】

    ギターのエフェクターと言えば、歪み系のエフェクターをはじめに思い浮かべるのではないでしょうか。歪み系の中でもマルチに活躍してくれるのがオーバードライブというエフェクターです。ここの記事では、そんな定番のエフェクター、BOSSのSD-1の特徴と仕様・スペックについて紹介していきます!!

  • 極薄ボディのアイバニーズギター Sシリーズ

    極薄ボディのアイバニーズギター Sシリーズ

    日本の人気楽器メーカーのアイバニーズが発売するエレキギターのラインナップの1つの「S」シリーズ。超極薄のボディからは想像できない太く芯のあるサウンドが非常に人気です。全てのSシリーズにはマホガニーボディが採用されている為、他シリーズよりも見た目と機能性のみで選びやすいシリーズです。この記事では...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す