アイバニーズのおすすめエレキベースと特徴、種類一覧

アイバニーズは、日本を代表するメーカーのひとつで、エレキベースにおいても人気のあるメーカーです。

SRシリーズやBTBシリーズといった種類のエレキベースをリリースしており、ベーシストからも人気の高いシリーズとなっています。

この記事では、そんなアイバニーズの特徴、シリーズの種類、おすすめのエレキベースをご紹介していきます。

目次

  • アイバニーズ(Ibanez)の歴史
  • アイバニーズのエレキベースの特徴
  • おすすめシリーズ
    • SRシリーズ
    • ATKシリーズ
    • BTBシリーズ
    • ARTCOREシリーズ
  • 使用アーティスト
    • シャーリー・ダンジェロ
    • マイク・ダントニオ
    • 川添智久

A trio of superb bass guitars. I guess the dog prefers the middle one! ?? Credit: @scottsbasslessons

Bass Guitarsさん(@bassguitars)が投稿した写真 -

アイバニーズ(Ibanez)の歴史

アイバニーズは、長い歴史を持った日本が誇る国内メーカーのひとつです。

1908年に星野書店の楽器部として創業されたのが始まりです。1962年に輸出用ブランドとして、アイバニーズが誕生します。

日本ではIbanezからイバニーズと読まれていましたが、アイバニーズが正式な読み方です!

アイバニーズのエレキベースの特徴

日本らしい丁寧な作りとプレイアビリティの高さが特徴ですね!

メタルバンドのベーシストで愛用している人が多いですが、サウンドは幅広いのであらゆるジャンルに対応できるでしょう。

5弦、6弦、7弦のベースも作っています。また、アイバニーズの初心者入門セットもよく見かけますね!

おすすめシリーズ

SRシリーズ

弾きやすく、扱いやすいをコンセプトに設計されたエレキベースで、正式名称はサウンドギアといいます。

丸みを帯びたコンパクトなボディと細いネックが採用されていてプレイアビリティの高さが期待できますね!

SR300

初心者の人におすすめしたい低価格帯のモデルです。

スリムネックや小さめのボディでギターからベースに持ち替えた人でも無理なく扱えるでしょう。

価格は、定価で5万円程、楽器店であれば3,4万円で購入することができると思います!

ATKシリーズ

パンチの効いたサウンドと、大型のメタルプレートなど存在感抜群のベースです!

アイバニーズ独自のピックアップが搭載されていて、さまざまなサウンドに切り替えることができます。

スティングレイのようなルックスですね!

ATK1200

シリーズの最高機種として、コシもありつつパンチが効いたトラディショナルなサウンドが期待できるロックなモデルです。

ピックアップはアイバニーズオリジナルのCAP (Custom Advanced Pickups)が搭載されています。

スイッチの切り替えでサウンドが変わってくるのも特徴ですね!価格は、定価で20万円程です。

その他のシリーズ

BTBシリーズ

BTBは、Boutique Bass(ブティックベース)の略で、ブティックには高級品という意味があります。

深いカッタウェイのボディシェイプとスルーネックで、サスティンが良く、演奏性も高いとされています!

BTB1405

このモデルは、35スケールのスルーネック構造です。ピックアップには、ノードストランド製のBigSingleが搭載されていて、アグレッシブなサウンドが特徴的ですね!

3バンドのEQも、同じノードストランド製のもので相性が良いEQB-IIISCが採用されています。250Hzと600Hzをセレクトできるスイッチも搭載されていますよ。

ARTCOREシリーズ

アートコアシリーズは、セミアコースティックボディを採用しています。

ルックスの存在感はもちろん抜群ですが、サウンドにも力をいれていてヴィンテージのような暖かい音が期待できます!

価格は意外にも定価で10万未満で購入できますよ。

AGB200

独特なヴィンテージサウンドを出すために、アイバニーズ独自のピックアップIbanez ACHBハムバッキングピックアップが搭載されています。

どんな音楽ジャンルにも・・というわけにはいきませんが、セミホロウの構造ならではのサウンドを楽しめます。

ジャズやブルース、ストレートなロックなどにおすすめしたいですね!

使用アーティスト

シャーリー・ダンジェロ / ARCH ENEMY

日本でも人気の高いスウェーデンのメタルバンド、ARCH ENEMY(アーチ・エネミー)のベーシスト、シャーリー・ダンジェロは、自身のシグネイチャーモデルのSDBを使用しています。

Sharlee D'Angelo

出典:http://www.ibanez.co.jp/

マイク・ダントニオ / Killswitch Engage

こちらもメタラーならど定番のアメリカのメタルバンドKillswitch Engageのベーシスト、マイク・ダントニオもアイバニーズを使用しています。

自身のシグネイチャーモデルのMDB3 は、ソリッドなルックスはもちろん、ずっしりとした中低域が特徴的です。

ダニエル・ファルク: - マイクD'アントニオKillswitch写真をエンゲージ

出典:https://ebssweden.wordpress.com/

 川添智久 / LINDBERG

今すぐKISS MEで有名なバンド、LINDBERG(リンドバーグ)のベーシスト川添智久は、SR1805を使用しています。

Tomohisa Kawazoe

出典:http://www.ibanez.com/

川添さんはSR1805をメインベースとして使用されています。レギュラースペックのままですが、川添さんのお好みに合わせて若干特別な調整をしてありますが、良い感じになじんできたと言うことです。

出典:Ibanez Japan-Facebook-

いかがでしたか?

アイバニーズのベースは、ルックスと演奏性の高さが特徴的ですね!

そんなベースをあなたも持ってみてはいかがでしょうか。

この記事に関連する商品

  • メンテナンスの基本:オクターブチューニングのやり方

    メンテナンスの基本:オクターブチューニングのやり方

    ベーシストのみなさん、チューニングしたのになんだか音が合っていない…って思うことはありませんか?または、弦高を調整した時に必要になってくるオクターブチューニング(ピッチ調整)。ここでは、オクターブチューニングについて説明していきます。 

  • 新スタイルの練習に!ジャムスティックプラス(jamstik+)の評価と使い方

    新スタイルの練習に!ジャムスティックプラス(jamstik+)の評価と使い方

    「ギターを始めたいけど続くかどうかわからない」これは始める方の多くが抱えた不安の1つでは無いでしょうか?その他にも住宅環境などのスペースや音の問題など、まだまだ日本では楽器を簡単に始められる環境ではありません。近年、そんな問題を全て解決してくれる画期的な練習用ギターが発売されました!その名もジ...

  • ピックアップがグレードアップ!ST62-TXの特徴と仕様・スペック【フェンダージャパン】

    ピックアップがグレードアップ!ST62-TXの特徴と仕様・スペック【フェンダージャパン】

    フェンダージャパンのエレキギターといったらストラトキャスターですね。しかし、フェンダージャパンのストラトキャスター1つとっても、かなり多くのシリーズがリリースされています。この記事ではそんなストラトキャスターの中でも人気の高いフェンダージャパン「ST62-TX」の特徴や仕様・スペック、他モデル...

  • ギターでカッティングができるようになる!「ながら」練習で基礎力をつけよう

    ギターでカッティングができるようになる!「ながら」練習で基礎力をつけよう

    みなさん、カッティングしてますか?ファンクギターやキメの多い最近のロックシーンなどで、カッティングはグルーヴ感を出すのに欠かせないテクニックの一つになっています。とはいえ、カッコいいカッティングは慣れないとなかなか難しいですね。気に入ったパキッとした音が出せなかったり、ミュートすべき弦がミュー...

  • 優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

    優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

    <p>今回はマーティンのD-18を紹介して行きたいと思います。一生もののアコースティックギターが欲しい!!その中でもやっぱりマーティンだ!!となった時、きっと候補に上がってくる1本だと思います。 フラグシップモデルのD-28よりも少し価格が安く、それでも、上位モデルとして本格派のマーティンのア...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す