超ハイコストパフォーマンスのBacchusエレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

長野は松本でギターを生産している飛鳥工場は国内随一の技術力を誇り、Crews Maniac Soundやmomose、Bacchusを製造しています。今回はその飛鳥工場の直営メーカーであるBacchus(バッカス)のエレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ・モデル・実際の評価、評判をご紹介します。

目次

  • ハイコストパフォーマンスの秘密
  • Bacchusエレキベースの特徴
    • まるで長年の愛機のようなフィット感!
    • 珍木!エキゾチックウッド
    • 超高級機にも引けを取らないハイクオリティ
  • シリーズ別の特徴とおすすめポイント・評価
  • 使用しているベーシスト
  • 音からみた評価
  • まとめ

ハイコストパフォーマンスの秘密

飛鳥工場を運営する株式会社ディヴァイザーは多くのブランドを持っており、Bacchusはその中の1つです。実は自社で工場を持つギターメーカーは多くなく、ほとんどの場合は社外の工場に生産を委託、もしくは整形されたボディやネックを作ってもらっています。

Bacchusの場合、社内で全ての工程をこなすことができるので当然中間フィーがないために生産コストを抑えられ、結果的にハイクオリティのベースを安価で市場に提供できています。記事の頭でも書いた通り、飛鳥工場は多くのギターメーカーのOEM先としても知られています。

各ギターメーカーはただギターを作らせているのではなく、クオリティチェックのために生産工場のスタッフの指導をしたり、スペックスタッフと一緒に仕様を決めたりすることがあります。これが何を表しているかというと、生産元の工場は多くの意見や知識、フィードバックを得ているということです。その知識は何も自社工場で生産するモデルだけにではなく、Bacchusブランドで発売される海外生産の楽器についても同じ事です。

Crews Maniac Sound、moon、James Tyler……多くの人気メーカーとの仕事を通じて得た経験をフィードバックとして製作される楽器こそが、Bacchusなのです。

Bacchusブランドを基準にした時に同スペックでどれくらいの販売価格の差があるかをまとめてみましたので、よろしければご参照ください!

バッカス(Bacchus)他メーカーの平均
¥50,000-クラス¥80,000~100,000-
¥200,000-クラス¥250,000~280,000-

バッカスの作り、特徴

Bacchusは基本的にはトラディショナルなフェンダーシェイプのエレキベースを生産します。しかしそれは単なるコピーではなく、Bacchusのオリジナリティが吹き込まれています。

まるで長年の愛機のようなフィット感!

例えば、Bacchus独特のオイルフィニッシュはその最たる例です。

木材に直接オイルを染み込ませる塗装方法で、非常に塗膜が薄くまるで直に木に触れているかのようなフィット感が特徴です。

ボディの鳴りを最大限に引き出すオイルフィニッシュは使い込めば使い込むほどに独特の味わいを感じられ、それはラッカーフィニッシュの経年劣化にも通じる要素でしょう。

一方注意点もあり、オイルフィニッシュは、塗装が薄く木の鳴りを損なわずに塗装ができる一方、衝撃や湿度に弱いとされています。扱いに手間がかかるかもしれません。

関連記事:バッカスのおすすめエレキベースシリーズ

珍木!エキゾチックウッド

また、珍しい木材であるエキゾチックウッドを積極的に採用するのもBacchusの大きな特徴です。バールメイプル、サクラ、タモ、ケヤキ……多くの新しい木材を使い、それらをトーンウッドとして成立させています。中には日本の木材も多く存在し、最近では数千年前から火山灰や岩に埋もれていた神代木と呼ばれる木材を使ったモデルも製作しています。

しかし、あえていえばオイルフィニッシュや木材は絵でいうところの絵の具。非常に大事な要素ですが、その根幹にあるもののクオリティが高くなければそれらは引き立ちません。

超高級機にも引けを取らないハイクオリティ

彩り鮮やかな絵の具が踊る、キャンバス、つまりそもそもの楽器としてのクオリティの高さこそがBacchus最大の特徴です。

手に取った瞬間から昔から使っていたかのようなプレイヤビリティ。

ただタイトなだけではない、音楽的素養を含んだサウンド。

それらを持ち合わせているのがBacchusです。

シリーズ別の特徴とおすすめポイント・評価

Bacchusには現在以下の4つのシリーズがあります。

  • Handmade Series
  • Craft Series
  • Global Series
  • Universe Series

Handmade Series

飛鳥工場で製作される最上位モデル。その名の通り全てが手作業で製作されています。伝統の手工芸で生み出されるHandmade Seriesは素材の鳴りを最大限に引き出した高い音質、高いプレイヤビリティーを備えます。

価格帯は14万円〜22万円ほど。

エキゾチックウッドを使ったモデルの多くもHandmade Seriesです。現在全てのモデルはWOODLINE DXに統一されていますが、4弦、5弦、パッシブ、アクティブと幅広いラインナップを誇ります。WOODLINEのシェイプアップされたボディは取り回しが容易で、パワフルなサウンドは現代のギターミュージックに適しています。

Craft Series

カスタムされた組み込みラインで高いコストパフォーマンスを誇ります。こちらも日本製。ビンテージスタイルのBPBとBJB、WOODLINEを受け継いだWL、WLの24フレット仕様のWL24をラインナップ。WLはその名の通り、WOODLINEから多くを受け継いでいます。スリムなボディシェイプはネックに施されたブロックインレイやバインディングと相まって端正な印象を受けます。

また、ターボスイッチを搭載しており、onにする事で2つのピックアップがシリーズ接続されて擬似的なハムバッカーになります。これにより、シャープなシングルコイルサウンドや音圧のあるハムバッカーサウンドを1本のベースで実現。ハードウェアこそHandmade Seriesに劣りますが、十分に使えるベースに仕上がっています。

価格は10万円〜15万円ほど。

Global Series

フィリピンファクトリーで製作されるコストパフォーマンスモデル培った経験を基に十分な品質管理を行い、高いコストパフォーマンスを実現しています。

Craft Seriesと同じようにBPB、BJB、WLをラインナップ。コストパフォーマンスモデルといえど、その品質はBacchusクオリティ。

Global Seriesの最大の特徴は様々なスケールのモデルをラインナップしているということでしょう。33インチ、34インチ、35インチ、それぞれのモデルが用意されています。純粋にスケールだけが違うベースを弾き比べることでスケールが変わると音や弾き心地にはどのように影響するのか、また、自分に最適なスケールは何なのかがわかります。

価格は6.5万円〜11万円程度。

Universe Series

中国で生産されるエントリーモデル。工場にはBacchusの技術指導が入り、低コストで高いコストパフォーマンスを目指しています。モデルはBPB、BJB、WLの他にミニベースやアコースティック、フレットレスベースもあります。所謂エントリーモデルとしては少し高めの価格設定かもしれませんが、その分クオリティは高いですね。

1本目にはもちろん、初めてのフレットレスベースやアコースティックベースを試してみるのにもとても良いでしょう。

価格は3万円〜6.5万円程度

まとめ

Bacchusを運営するDeviserは他にトラディショナルモデルを製作するMomoseやハイエンドベースを製作するSTRというブランドも運営しています。これらのベースもBacchusと同じようにクオリティの高さを賞賛されています。これらのベースには共通した弾き心地があり、それこそがディバイザーのデザイン、技術、そして魂なのでしょう。

エントリークラスから、ハイエンドクラスまで、幅広くラインナップしているBacchusはまさにゆりかごから墓場まで付き合えるメーカーです。近年の創業ながらそのクオリティの高さで、日本国内では最もポピュラーなメーカーの1つになったBacchusは多くの楽器店で販売されています。

ぜひ一度、お試しください。

この記事に関連する商品

  • カレブ・フォロウィルの使用機材&おすすめ曲3選!家族でバンドを結成!

    カレブ・フォロウィルの使用機材&おすすめ曲3選!家族でバンドを結成!

    カレブ・フォロウィル(Caleb Followill)はアメリカ出身のミュージシャンです。血縁者で構成されたバンド、キングス・オブ・レオンのギタリスト兼ボーカルとして現在活動中!家族で構成されたバンドともあって、話題性は抜群で今大注目のバンドです。今回はその中でもボーカル兼ギタリストのカレブ・...

  • 最高の無名ギタリスト、ロイ・ブキャナンとは

    最高の無名ギタリスト、ロイ・ブキャナンとは

    みなさんは果たしてロイ・ブキャナンというギタリストを知っているでしょうか。ほとんど無名のままのはずなのに、あまりにも素晴らしいギタープレイのために今なお伝説のごとく語り継がれる、矛盾した存在ロイ・ブキャナン、この記事では彼の功績と楽曲について振り返ってみたいと思います。

  • 新たなスタイルとなったFender Japanのおすすめモデルと選び方

    新たなスタイルとなったFender Japanのおすすめモデルと選び方

    初めてギターを手にするのに最適な価格や「日本製」を大切にする品質管理など、長年に渡り愛され続けたFender Japan(フェンダージャパン)。楽器に興味を持った方なら「聞いた事がある!」という方も少なくないのではないでしょうか?しかし、そんな老舗ブランドとの別れは突然に...2015年4月よ...

  • “レッド・ドッグ”で奏でる鮮やかなスライドプレイ  エルヴィン・ビショップ

    “レッド・ドッグ”で奏でる鮮やかなスライドプレイ エルヴィン・ビショップ

    マイク・ブルームフィールドとともにポール・バターフィールド・ブルースバンドのギターサウンドを支えたエルヴィン・ビショップ。バンドを抜けた後も、エルヴィン・ビショップグループあるいはソロとして活躍し、『愛に狂って』などの傑作を世に送り出しました。ここではエルヴィンのキャリアと使用するギターなどか...

  • 【シリーズ別!】アイバニーズRGの解説とおすすめモデル

    【シリーズ別!】アイバニーズRGの解説とおすすめモデル

    アイバニーズ(Ibanez)が日本のメーカーということは、少しギターをかじったことがある方ならご存知かと思います。日本の楽器メーカーである星野楽器のギターやベースに名を冠されるブランドです。過去にはイバニーズと呼ばれていたこともありますが、現在ではアイバニーズという呼称に統一されています。この...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す