【初心者向け】エレキベースの失敗しない選び方

エレキベースを始めたい!!と思っている方はたくさんいるのではないでしょうか?

特に楽器を始める方は中高生が多く予算的にもきついと思いますので絶対に後悔したくないですよね。

楽器店に足を運んで見ると様々な種類・メーカーがあり、価格帯も異なるのでどれが自分に合っているのかわからない方が多いと思います。店員さんに聞いてみても始めは理解できないことばかりなので諦めてしまう方が多くてもったいないいです。

なので今回は様々なベースがある中で初心者にオススメのベースをご紹介いたします。しかし、今回は私の考えなので全てを過信せずに参考程度にしていただきたいと思います。是非、ベース初心者にいいスタートダッシュを切ってもらい楽しいべースライフを送ってください。

目次

  • 様々な選び方
  • 予算から選ぶ
  • サウンドから選ぶ
  • シェイプから選ぶ
  • 失敗例からポイントを学ぶ
    • 音が違った
    • 弾きづらかった
    • 状態が悪かった
  • まとめ

様々な選び方

ベースを選ぶ際に様々な要素を確認すると思います。

値段・サウンド・デザインなど様々なものがあると思いますがどのように決めたらいいかをご紹介いたします。購入の際は、是非参考にしてみてください。

予算から選ぶ

楽器はとても価格帯が広く安いものなら¥15,000ほどで販売されていますが、高いものだと¥1,000,000以上するものも多くあり値段の幅がとても広いです。

基本的な価格の違いは使用する木材やパーツなどで変わってくるもので希少な木材であるブビンガなどを使用しているものは高くなります。

ヴィンテージ楽器がなぜ高いのかと言いますと今では手に入れることができないパーツを使用しているからやその時代が音楽的に変化があったりすると高価になります。

安いものはほとんどが安価な木材・パーツを使用していたリ製造工程を機械に任せることで大量生産ができることから安くなっています。

しかし、最近は安価なシリーズでも様々なものがあり良いサウンドを鳴らすことができますのでご安心ください。

サウンドから選ぶ

サウンドに関しては実際に試奏するのが一番ですが、参考までにご紹介いたします。

まずは一番主流なベースである「ジャズベースタイプ」

ジャズベースはベースの中でも最もオールラウンダーで2つのピックアップからサウンドメイクが可能でハリのあるサウンドから温かみのあるサウンドまで幅広く出すことができます。

スラップ・ライトハンドなどの奏法にも向いています。

次に「プレシジョンベースタイプ」

このベースはベースの元祖と言われるベースでシンプルが魅力的なベースでピックアップは1つのみコントロールもマスターヴォリュームとトーンのみとなっているのでジャズベース程のサウンドメイクはできません。

しかし、ジャズベースより芯のある太いサウンドが出せるのでとても人気があります。

シンプルなことからある程度の制限がありますがシンプルなのでとても使いまわしが良く初心者でも理解しやすいベースです。

また仕様されている木材からある程度のサウンドを想像する事ができますのでこちらも参考にして見てください。

木材サウンド材質の特徴
アルダーバランスのとれたクセの少ないサウンドシンプルな見た目で塗装がのりやすい。比較的軽量
メイプルトップ材によく使われ輪郭がはっきりする種類により木目が異なる。かなり硬質な材
アッシュ低音の抜けが非常によく見た目の木目も独特少し重いものが多いが並行してサウンドに影響する

シェイプから選ぶ

シェイプは弾きやすさや見た目に大きく関わるのでこちらも確認していただきたいです。

ジャズベースはとてもスリムなボディシェイプで見た目もスタイリッシュです。ヒールカットが入っていることで座っていても弾きやすいので長時間の練習に向いています。

ネックもスリムで握りやすいのでお子様や女性にもオススメで、手の負担も最小減に抑えられます。

プレシジョンベースは見た目がどっしりとしておりスタイリッシュさはあまりないです。しかし、ボディが大きいことから体にフィットしやすくパフォーマンス性が良いと思います。

ネックも太いのですが弦振動をクリアに伝えることができるのでとてもクリアなサウンドが魅力的です。

失敗例からポイントを学ぶ

私自身、ベースを始めたときは様々な失敗をしました...なので皆さんにこのような失敗をしてほしくないので対処方法をご解説いたします。

音が違った

音が違った...などの悩みがあると思います。実際に楽器屋は様々な音がなっているため勘違いしてしまったり初めて試奏すると緊張してしまいがちなので良くあることだと思います。

音の違いは後からどうとでもなります。

サウンドメイクにはベースだけでなく、アンプ・エフェクターなど様々なものを使って理想のサウンドに近づければいいのです。

特にエフェクターのプリアンプMXR M-80など人気なものを試してみると良いと思います。

また、たくさん練習するとピッキングが上手くなってくるので自分のピッキングニュアンスをコントロールすることで良いサウンドが出せるようになると思います。

弾きづらかった

弾くときには座って弾いたり・立って弾いたりと様々な状況がありますので後から弾き辛いと思われることがあると思います。

弾きづらかった場合はどう対応するかと言いますと、ブリッジの駒部分を調整し弦の高さを変えたりすると弾き心地が全然違います。

また、フィンガーランプやスロープ・ピックアップフェンスなど様々な後付けパーツがありますので是非いろいろなものを試してください。

状態が悪かった

状態が悪かったというのは中古のベースだけでなく安価な新品のベースでも多くあります。

中古の場合はフレットが消耗していることで正確な音程が出なかったり、ベースの中身である電飾部分が劣化していることでガリが発生することがあります。

これらのようなパーツの劣化は仕方ないことなので交換が必要になります。

安価な新品のベースの場合は、ベースの中に切りくずが入っていたりすることでひどく汚れているものが多々ありますのでこれらの確認も必要になります。

まとめ

以上いかがでしたか?

  • ベースを選ぶ際はジャズベースかプレシジョンベースがオススメ
  • 値段により様々なものがあり、安価なものでもいいものがある
  • 様々な失敗があると思いが工夫することで対応できる

以上がお伝えできたと思います。

ベースは様々なパーツ・機材が販売されているので失敗しても落ち込まずいろいろなことを試すことで自分にマッチしたベースになると思います

様々なベースが存在しますので良いものが見つかるまでたくさん試してみてくださいね!

この記事に関連する商品

  • 「静かなるビートル」ジョージ・ハリスンの名曲

    「静かなるビートル」ジョージ・ハリスンの名曲

    ジョージ・ハリスンは、ビートルズのギタリストとして活動しました。彼は、ジョン・レノン、ポール・マッカトニーの影に隠れていたことから「静かなるビートル」と呼ばれるようになりました。その才能は素晴らしかったことから、ビートルズが解散後最も得をしたメンバーとも言われています。今回は、そんなジョージ・...

  • 定番のおすすめディレイと使い方

    定番のおすすめディレイと使い方

    ディレイエフェクターは様々な用途に使えるとても便利なエフェクターでギタリストにとってはまさに必要不可欠といえるでしょう。しかしツマミの詳細や種類はあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。今回はそんなディレイについて解説していきます。

  • 「ギブソン・レスポールの父」レス・ポールについて

    「ギブソン・レスポールの父」レス・ポールについて

    レスポールと聞けば、ギブソン社のレスポールを思い出す人が多いと思います。その名前は、開発者でありギタリストのレス・ポール(Les Paul)という人物が由来となっています。そんな彼は、2011年版の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にて第18位に選ばれています。...

  • 変形ギターの代表格!エピフォンフライングVモデルの特徴と種類、おすすめモデル

    変形ギターの代表格!エピフォンフライングVモデルの特徴と種類、おすすめモデル

    変形ギターの代表的な形でもあるフライングV。そのボディシェイプは印象的で人によっての好み具合が変わって来ますよね。この記事ではそんなフライングVについて、エピフォンがリリースしているフライングVの特徴や種類、おすすめモデルをご紹介したいと思います。

  • ニッキー・シックス - モトリー・クルーのベーシストの名曲・伝説

    ニッキー・シックス - モトリー・クルーのベーシストの名曲・伝説

    ロック界の反逆児と呼ばれるベーシスト、ニッキー・シックス!モトリー・クルーで、サンダーバードを愛用していることも有名ですね。ここでは、ニッキー・シックスについて紹介していきます。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す