場面で使い分けよう!オーバードライブの使い方

みなさんが最初に手にしたエフェクターはなんですか。歪み系/オーバードライブと答える方は少なくないのではないでしょうか。その音色はシンプルであり、ギターの最もベーシックなサウンドと言っても言い過ぎではないでしょう。

多くの人がその音色に魅了されてきたと同時に、オーバードライブを使って様々な手法も生まれてきました。改めてその音色と奏法を考えてみましょう。

目次

  • クリーンアンプで使用する一般的な歪み
  • 歪みに対して歪みをかけるブースト
  • ソロなどの音量アップを狙うクリーンブースト
  • つまみのコントロールポイントを知ろう
  • ノイズに注意!
    • 歪みの深さを確認する
    • ノイズ除去系エフェクターを使う
  • まとめ

クリーンアンプで使用する一般的な歪み

「歪みはエフェクターだけで作る」という意見をよく耳にしませんか?

アンプをクリーンに設定し、エフェクターだけで歪みを作る方法は、オーバードライブを使う時の最もオーソドックスな使い方で、エフェクターそのものの音を気に入っているときに利用される方法です。

エフェクターの完成度が高い名機ほどアンプの味付けと方向性がかぶり、こもったり歪みすぎて音やせが起こってしまいます。

最高のペダルがある場合は、潔くエフェクター単体で歪ませてみましょう。

また、自分のイメージ通りのサウンドを、アンプの特性に左右されずに作りたいときにもオススメですね。

アンプは持ち歩けない分、ライブハウスに良いコンディションの個体があることを常に祈らなければいけません。

そんなときは、常に持ち歩いて仲良くなれるエフェクターに任せてしまうべきです。

クリーンアンプでオススメなのが、多くの場所に置いてあるRoland JC-120です。劣化などによる個体差が本当に少ないため、このアンプで音作りに慣れればどこでも同じ歪みを出すことが可能になります。

オススメのオーバードライブには

  • KLON/Centaur
  • Mad Professor/Sweet Honey Overdrive

などがあります。

歪みに対して歪みをかけるブースト

さらに深い歪みが欲しいとき、歪みを重ねてかけましょう。

アンプの歪みに対して、またはオーバードライブを複数台使用して、歪みを増すようにかけるのがゲインブーストです。

元々歪みの浅いオーバードライブですが、十分な歪みと豊かなサステインを得ることができます。

オーバードライブの歪み重ねると、単に音圧がアップするだけでなく中域が持ち上がります。それを利用して、音色の切り替えにもオススメできます。

バンドアンサンブルになるとよく抜ける音になります。

難点は音色の自由度が増えることで、音作りが難しくなることです。

解消ポイントは、一つ一つの機材に、歪みをメインとするのかブーストをメインとするのか役割を与えることです。

歪みを混ぜるとはいっても、やみくもにGAINをあげてしまうと音やせしたり、ノイズが増えたりします。

ゲインブースターとしてかますオーバードライブは、あくまでサブの歪みをイメージしましょう。

オススメの機種には

  • TS系
  • BOSSオーバードライブ

がございます。

ソロなどの音量アップを狙うクリーンブースト

「音量/音圧はアップしたいけど、音色は変えたくない」

そんなときにはクリーンブーストです。オーバードライブは単なる音量アップも可能です。

エフェクター側はGAINをいじらず、レベルだけを調節して音量を調節する方法ですね。ソロなどで音圧を上げたい時に、ゲインブーストでは音色も変化してしまいますが、クリーンブーストすれば原音のまま音量アップできます。

最近はブースター単体のハイクオリティなペダルが注目されているように、クリーンブースターへの需要が高まっているのですね。

ハイクオリティなブースターが欲しいけど、ペダルは増やしたくないという人のためにも、ブースターとオーバードライブが一台で完結しているモデルも売られています。

スイッチが二つ搭載されていて、スピーディな音色の切り替えや幅広い音作りが可能です。ぜひ試してみてください。

オススメの機種には

  • Fulltone/Fulldrive
  • Carl Martin/Hot Drive'n Boost

などがございます。

ノイズに注意!

エフェクターの中でも歪み系は、ノイズ問題が多くの人を悩ませています。入力された信号を増幅するものなので、ノイズも増幅されてしまうのですね。

アンプとギターを直に接続してみて問題がなければ、原因はエフェクターを接続したことです。

歪みの深さを確認する

最も簡単な方法は、歪み具合を軽くすることです。

自宅で一人で練習している時には必要な歪みの深さに聞こえても、バンドメンバーと一緒に演奏したら音量があるように聞こえないことが良くあります。というのも、歪みが強すぎると音は細くなり、抜けが悪くなるからなんです。

エフェクターとの付き合いが上級者になる程、激歪みはさせず、バンドサウンドやその場に用意されたアンプや会場との相性で歪み幅を考えるようになります。

実際に演奏するメンバーやライブハウスになった時に調整をしてみましょう。

ノイズ除去系エフェクターを使う

ノイズを取り除くためのエフェクターをかますのもオススメです。エフェクターは接続台数に関係なく、1台目からノイズが生まれます。なので、ノイズサプレッサー/ノイズゲート/ノイズリダクションといったエフェクターをかます方法です。

種類効果
ノイズゲート/ノイズサプレッサー一定レベル以下の信号を除去
ノイズリダクションノイズだけを感知して除去

ノイズ処理の為のシステムは細かく言えば違うのですが、とにかく何も分からずとも、ノイズリダクションの名機がオススメです。

ISP Technologies/DECIMATOR IIは、高品質ノイズ除去エフェクターです。ノイズゲートなどは性質上、除去動作が不自然だったり、「ノイズゲートをかけているな」とわかることが難点ですが、このノイズリダクションは自然な除去で、原音に影響がありません。

1:20〜あたりでスイッチオンオフをしています。

高品質なので少し割高ですがその分安心感がありますので、どうしてもノイズに困ったらこの製品を入手しましょう。

平均的な価格は¥15,750になります。

まとめ

いかがでしたか?

  • オーバードライブ単体での音作りが流行り
  • ゲインブーストで音作りの奥深さを知ろう
  • 音量アップにはクリーンブースト
  • ノイズが出ないし十分歪む、おいしいポイントを見つけよう

ここの使用法はもちろん常套句ですが、それぞれの使用法のポイントを抑えることでワンランク上の歪み方を手に入れましょう。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す