間違っていない!?オーバードライブの繋ぎ方

オーバードライブ含め、歪み系のエフェクターの繋ぎ方って皆様ご存知でしょうか?もちろん、正解はございませんが、ある程度のセオリーはございます。この記事では、オーバードライブペダルの一般的な繋ぎ方をご説明します。一緒に確認していきましょう。

目次

  • 歪み→モジュレーション→空間が基本
  • コンプやイコライザーは歪みの手前
  • 2つ以上の歪み系はゲインを強い方を後者がオススメ
  • クリーンブーストしたい場合はメイン歪みの後ろに
  • まとめ

歪み→モジュレーション→空間が基本

エフェクターの接続順のセオリーとしてよく言われているのが、“(ギター)→歪み→モジュレーション→空間→(アンプ)”の順に繋ぐといったものですよね。

なぜ、このような順番が推奨されているのかと言うと、

後に繋いだエフェクターの効果が優先され、効果が大きく反映されるからです。

仮に、歪みエフェクターよりも先に空間系を繋ぐと、空間系の音にまで歪みがかかってしまい、音が濁ったような感じになってしまいます(もちろん意図的にこのような効果を出す場合もありますが)。

モジュレーションや空間系を歪みエフェクターよりも先に繋ぐと、キレが悪くなってしまいます。

このようにならないために、“歪み→モジュレーション→空間”と言う繋ぎ方が推奨されているのです。

余談ですが、MXR社のphase-90と言うフェイザーがあるのですが、これはphase-90をオンにするとボリュームが上がってしまうと言う特徴を生かし、歪みエフェクターよりも前に繋ぎ歪みエフェクターをプッシュアップするといった使い方をするギタリストもいます。

また、そのフェイザーの音で歪みエフェクターをプッシュアップすると味があって良い音がします。このような例外的な繋ぎ方もあります。

コンプやイコライザーは歪みの手前

さて、次はコンプレッサーやイコライザーの接続順です。

コンプレッサーやイコライザーはギターの原音に対して作用させるエフェクターですよね。このようなエフェクターは歪みエフェクターよりも先に繋ぐのがセオリーとなっております。

コンプレッサーやイコライザーで整えた音に対して、歪みを追加すると言ったニュアンスですね。

しかし、これもあくまでセオリーなので正解とは限りません。

例えば、レコーディングのような現場を想像すると、コンプレッサーやイコライザーは録った音に後からかける場合が多いですよね。

そのことを考慮すると、ギターのエフェクターに関しても、エフェクターボードの一番最後(アンプの直前)にコンプレッサーやイコライザーを繋ぎ、エフェクターボードで作った音全体にコンプレッサーやイコライザーをかける、と言った用途も悪くはないかと思います。

コンプとイコライザーの関係~豆知識~

接続順主な効果
コンプ→EQ圧縮後に波形をいじる為、EQの影響が強くなる
EQ→コンプ無駄な音を無くした後にコンプをかけるので音圧が出る

2つ以上の歪み系はゲインが強い方を後者がオススメ

歪みエフェクターを二つ並べる時は、ゲインが強い(高い)方を後ろにするのがオススメです。

歪みの弱い(ゲインが低い)エフェクターで後段に繋いだ歪みの強い(ゲインが高い)エフェクターをブーストアップしようとした際、歪みの強いエフェクターはそのエフェクターが歪むことのできる許容量が大きいです。

結果としてそのエフェクターの歪み方を損なわずに、綺麗に音をブーストアップする事ができます。

逆に、歪みの弱いエフェクターを歪みの強いエフェクターでブーストアップしようとすると、歪みの弱いエフェクターは歪むことが出来る許容量が大きくないので、結果として濁ったような音になってしまいます。

これもまた各々の音の好みになってしまいますが、歪みエフェクターのきめ細かい歪みを得ようとする場合は、ゲインの高いエフェクターを後ろに繋いだ方が良い結果が得られます。

クリーンブーストしたい場合はメイン歪みの後に

ギターの音を歪ませずに、単純に音量だけを上げたい場合ってありますよね。

このように音をクリーンブーストする際は、クリーンブブースト用のエフェクターをメインの歪みの後段に繋ぐと良いです。

その際は、クリーンブーストするエフェクターのゲインを上げすぎないように気をつけて下さいね。

クリーンブーストするエフェクターのボリュームを上げることにより、前段で作った音のゲイン等をかえること無く、音量のみを上げることが出来ます。

その際ですが、ギターの信号が強くなりますので、それによりアンプが歪み始めて、意図した音と違う音が出る可能性もあるので気をつけて下さいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。エフェクターの接続順を少しでもご理解頂けたのであれば幸いです。

この記事で伝えたかったことは

  • 歪み→モジュレーション→空間が基本的な接続順になると言うこと。
  • コンプレッサーやイコライザーは基本的に歪みエフェクターの前
  • ゲインの低いエフェクターでゲインの高いエフェクターをブーストアップすると良い

です。

エフェクターは世の中にたくさんあるので、色々試奏してみて、ご自身の用途にあったものを選んでみて下さい!エフェクターの接続順を考えるのもギタリストの楽しみかと思います!

この記事に関連する商品

  • サンバースト、ゴールド、ブラックと3種類のレス・ポールを使い分け、味わい深いリードギターを魅せるラス・バラード

    サンバースト、ゴールド、ブラックと3種類のレス・ポールを使い分け、味わい深いリードギターを魅せるラス・バラード

    アージェントのギタリストとしてデビューしたラス・バラード。味わい深いギターは幼少期に学んだピアノの経験による部分が大きいと言えます。アージェントやソロのギタリストとしてだけではなく、サンタナ、スリー・ドッグ・ナイト、エース・フレーリーなど錚々たる面々への楽曲提供を通してミュージシャンを成功に導...

  • スティングレイで音作り!ポイント解説

    スティングレイで音作り!ポイント解説

    現在ではプレベやジャズベに匹敵するほどの定番ベースとなっているMusic Man(ミュージックマン)のStingray(スティングレイ)。1ハムバッカーが基本仕様ながら、アクティブサーキットの搭載で多彩な音作りができ、ノイズにも強いのが特徴です。レッチリのフリーなどのスラップ奏法で有名なベーシ...

  • ハマる人にはハマるグレッチのアコギの特徴と代表モデルを紹介

    ハマる人にはハマるグレッチのアコギの特徴と代表モデルを紹介

    グレッチと聞くとどんなギターを思い浮かべるでしょうか。やはり真っ先に出てくるのはエレクトリックギター(以下エレキ)、ベース、ドラムだと思います。有名メーカーのグレッチも個性的なアコギを製作しています。そして、グレッチの歴史は紆余曲折あり、現在の楽器業界の地位を確率しています。今回はそんなグレッ...

  • 「ギブソン・レスポールの父」レス・ポールについて

    「ギブソン・レスポールの父」レス・ポールについて

    レスポールと聞けば、ギブソン社のレスポールを思い出す人が多いと思います。その名前は、開発者でありギタリストのレス・ポール(Les Paul)という人物が由来となっています。そんな彼は、2011年版の「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」にて第18位に選ばれています。...

  • ロック詩人として名高いルー・リードの名曲たち

    ロック詩人として名高いルー・リードの名曲たち

    ルー・リードは20世紀を代表するアーティストの一人で、その歌詞の巧みさからロックの詩人として名高い評価を受けています。1942年に生まれ、2013年にその生涯を終えるまでに生み出した名曲たちを聞きながら、彼の人生のエピソードなどを振り返ってみましょう。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す