間違っていない!?オーバードライブの繋ぎ方

オーバードライブ含め、歪み系のエフェクターの繋ぎ方って皆様ご存知でしょうか?もちろん、正解はございませんが、ある程度のセオリーはございます。この記事では、オーバードライブペダルの一般的な繋ぎ方をご説明します。一緒に確認していきましょう。

目次

  • 歪み→モジュレーション→空間が基本
  • コンプやイコライザーは歪みの手前
  • 2つ以上の歪み系はゲインを強い方を後者がオススメ
  • クリーンブーストしたい場合はメイン歪みの後ろに
  • まとめ

歪み→モジュレーション→空間が基本

エフェクターの接続順のセオリーとしてよく言われているのが、“(ギター)→歪み→モジュレーション→空間→(アンプ)”の順に繋ぐといったものですよね。

なぜ、このような順番が推奨されているのかと言うと、

後に繋いだエフェクターの効果が優先され、効果が大きく反映されるからです。

仮に、歪みエフェクターよりも先に空間系を繋ぐと、空間系の音にまで歪みがかかってしまい、音が濁ったような感じになってしまいます(もちろん意図的にこのような効果を出す場合もありますが)。

モジュレーションや空間系を歪みエフェクターよりも先に繋ぐと、キレが悪くなってしまいます。

このようにならないために、“歪み→モジュレーション→空間”と言う繋ぎ方が推奨されているのです。

余談ですが、MXR社のphase-90と言うフェイザーがあるのですが、これはphase-90をオンにするとボリュームが上がってしまうと言う特徴を生かし、歪みエフェクターよりも前に繋ぎ歪みエフェクターをプッシュアップするといった使い方をするギタリストもいます。

また、そのフェイザーの音で歪みエフェクターをプッシュアップすると味があって良い音がします。このような例外的な繋ぎ方もあります。

コンプやイコライザーは歪みの手前

さて、次はコンプレッサーやイコライザーの接続順です。

コンプレッサーやイコライザーはギターの原音に対して作用させるエフェクターですよね。このようなエフェクターは歪みエフェクターよりも先に繋ぐのがセオリーとなっております。

コンプレッサーやイコライザーで整えた音に対して、歪みを追加すると言ったニュアンスですね。

しかし、これもあくまでセオリーなので正解とは限りません。

例えば、レコーディングのような現場を想像すると、コンプレッサーやイコライザーは録った音に後からかける場合が多いですよね。

そのことを考慮すると、ギターのエフェクターに関しても、エフェクターボードの一番最後(アンプの直前)にコンプレッサーやイコライザーを繋ぎ、エフェクターボードで作った音全体にコンプレッサーやイコライザーをかける、と言った用途も悪くはないかと思います。

コンプとイコライザーの関係~豆知識~

接続順主な効果
コンプ→EQ圧縮後に波形をいじる為、EQの影響が強くなる
EQ→コンプ無駄な音を無くした後にコンプをかけるので音圧が出る

2つ以上の歪み系はゲインが強い方を後者がオススメ

歪みエフェクターを二つ並べる時は、ゲインが強い(高い)方を後ろにするのがオススメです。

歪みの弱い(ゲインが低い)エフェクターで後段に繋いだ歪みの強い(ゲインが高い)エフェクターをブーストアップしようとした際、歪みの強いエフェクターはそのエフェクターが歪むことのできる許容量が大きいです。

結果としてそのエフェクターの歪み方を損なわずに、綺麗に音をブーストアップする事ができます。

逆に、歪みの弱いエフェクターを歪みの強いエフェクターでブーストアップしようとすると、歪みの弱いエフェクターは歪むことが出来る許容量が大きくないので、結果として濁ったような音になってしまいます。

これもまた各々の音の好みになってしまいますが、歪みエフェクターのきめ細かい歪みを得ようとする場合は、ゲインの高いエフェクターを後ろに繋いだ方が良い結果が得られます。

クリーンブーストしたい場合はメイン歪みの後に

ギターの音を歪ませずに、単純に音量だけを上げたい場合ってありますよね。

このように音をクリーンブーストする際は、クリーンブブースト用のエフェクターをメインの歪みの後段に繋ぐと良いです。

その際は、クリーンブーストするエフェクターのゲインを上げすぎないように気をつけて下さいね。

クリーンブーストするエフェクターのボリュームを上げることにより、前段で作った音のゲイン等をかえること無く、音量のみを上げることが出来ます。

その際ですが、ギターの信号が強くなりますので、それによりアンプが歪み始めて、意図した音と違う音が出る可能性もあるので気をつけて下さいね。

まとめ

いかがだったでしょうか。エフェクターの接続順を少しでもご理解頂けたのであれば幸いです。

この記事で伝えたかったことは

  • 歪み→モジュレーション→空間が基本的な接続順になると言うこと。
  • コンプレッサーやイコライザーは基本的に歪みエフェクターの前
  • ゲインの低いエフェクターでゲインの高いエフェクターをブーストアップすると良い

です。

エフェクターは世の中にたくさんあるので、色々試奏してみて、ご自身の用途にあったものを選んでみて下さい!エフェクターの接続順を考えるのもギタリストの楽しみかと思います!

この記事に関連する商品

  • BOSS新シリーズエフェクター「技-WAZA CRAFT-」とは?

    BOSS新シリーズエフェクター「技-WAZA CRAFT-」とは?

    みなさんはWAZA CRAFTシリーズを手にしましたか?このシリーズは、BOSSが自社製品を改良・再販し、大きな反響を呼んでいる話題のモデルです。「どんなものか知りたいけどオリジナルのシリーズをもっている」と入手を踏みとどまっている皆さん、WAZA CRAFTシリーズはオリジナルを持っていても...

  • もっと音圧を稼ぎたい人のためのMS処理の方法とフリープラグインの紹介

    もっと音圧を稼ぎたい人のためのMS処理の方法とフリープラグインの紹介

    CDと同じくらい音圧を稼ぎたい、と思っている方は多いと思います。しかし、個人では機材の限界や、プラグインの限界、また、 Mixの腕の限界で音圧が市販レベルに少し届いていない人も多いのではないでしょうか。今回はMS処理という特殊な処理で、普段とは別の角度から音圧を稼ぐ裏技的な方法をご紹介していき...

  • マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

    マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

    今回はマーティンのD-42を紹介していきます。このD-42はマーティンの40番台のベースとなったモデルです。19世紀末にはその仕様が確立していました。時代に合わせて、若干の変更が施されていますが、長い間、ほとんど仕様が変わらないアコギは探してもなかなかないと思います。このアコギにはマーティンの...

  • 写真でわかる、エレキギターの弦の交換方法【弦をダメにしないポイント付き】

    写真でわかる、エレキギターの弦の交換方法【弦をダメにしないポイント付き】

    ギター初心者のころにかなり苦戦するのが、弦の張替え作業です。見よう見まねでやってみるものの、なぜかうまくできない。サークルの先輩は10分ぐらいでささっと張り替えてしまうのに、自分は1時間やって弦をダメにしてしまう、そんな悩み方をしている方もいるのではないでしょうか?この記事では、ポイントごとに...

  • 知ってた?アイバニーズ式SG、ARシリーズの特徴

    知ってた?アイバニーズ式SG、ARシリーズの特徴

    SGと言えばギブソン、もしくはエピフォンのSGを思い浮かべる方が大半かと思いますが、実はアイバニーズもSGモデルを生産していることをご存知でしょうか。今回はアイバニーズ製SGことARシリーズの特徴をご紹介していきたいと思います。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す