ベーシスト必見!コンプレッサーの使い方

最近はベーシストでもエフェクターを使用する方が増えています。エフェクターを使用することで音作りは多彩になり、音色の幅がグーンと広がりますがエフェクターは様々な種類のものがりますね。

特にベーシストはコンプレッサーやリミッターなどのダイナミクス系がとても重要な役割を担っていますがコンプは音色を変えるエフェクターではないので個体差が分からない方が多いのではないでしょうか。

今回はコンプレッサーのそれぞれの特徴を解説していきます

目次

  • 音圧が段違い
  • 音ムラが少なく聴きやすい
  • 随時ONでも問題なし!
  • 人気のベース用コンプレッサー
    • EBS / MultiComp Studio Edition
    • AGUILAR / TLC Compressor
    • DARKGLASS / Super Symmetry
  • スラップ奏法にも欠かせない!オススメセッティング
  • まとめ

音圧が段違い


コンプレッサーってなに???って方は非常に多いと思います。

確かに音だけ聞いてみるとディストーションのように歪みがあるわけではなく、フィルター系のように飛び道具的な変化はありません。

コンプレッサーが何をしてくれているのかというと「音を整える」という役割なのです。

少しわかりにくいかもしれませんが大きな音をカットし、小さい音をブーストするということでこれにより音圧が安定するだけでなく段違いのベースサウンドになるのです。

これにより、ギター・ドラム・ボーカルなど様々な楽器が混じってもベースの存在感を出すことができるのです。

また、タッピングやライトハンド奏法をされる方にお勧めでこれらの奏法はどうしても音圧が下がってしまいますがそれらの点を補ってくれるので非常に便利でベースアンプにコンプレッサーが搭載されているものも増えており、需要の増加が分かりますよね。

音ムラが少なく聴きやすい

「音が整う」というのは音圧が上がるだけでなく音ムラがなくなるというのも特徴です。

特に、ライブだとテンションが上がってしまってひたすら弾いてしまうと意外と音にばらつきが出てしまうのですがそれらの音のバラつきを抑えてくれるのでレコーディングでは必須になっています。

しかし、コンプレッサーを強くかけすぎるとピックングのニュアンスがなくなってしまいまるで機械のようなベースラインになってしまうので注意が必要になります。

コンプは掛かり具合がわかりづらいものなので強くかけすぎたりしている方が多いのでじっくりセッティングすることが大事です。

随時ONでも問題なし!

コンプレッサーは常時ONで問題ないです。

実際にプロの方でもコンプをうっすらと常にかけているって方がとても多いです。

常にONにしておく場合はコンプを少しかける程度にしてください。何故かというと人間らしさのないベースになってしまったりすることや、コンプに頼りすぎるとコンプがないとダメなプレーヤーになってしまうからです。

コンプというのは微調整してくれるもの程度で使用するのがベストです。

また、コンプだけでなくリミッターを使用してみるのも選択肢の一つだと思いますので是非、お試しください。

人気のベース用コンプレッサー

コンプレッサーは需要の高さから様々なメーカーが出しており、メーカーによってコンプのかかり具合が微妙に変わってくるのです。

微妙な違いではあるのですが使い勝手が大きく変わってくるのでコンプは様々なものを試してもらいたいと思います。

それらのコンプレッサーをメーカーごとに特徴をご紹介していきます。

EBS / MultiComp Studio Edition

ベースのアンプやエフェクターで有名なメーカー「EBS」が出しているコンプレッサーです。

レジェンドベーシストのマーカス・ミラーなどが愛用するメーカとしても有名ですよね。

このコンプレッサーは長年多くのユーザーに愛用されており何度もバージョンアップしています。

特徴は操作性が簡単なことです。サイドのスイッチでアクティブ・パッシブを切り替えることができ、センタースイッチでチューブ・MB・ノーマルとコンプのタイプを切り替えることができます。

コントロールはコンプとゲインの二つのみでシンプルな構造になっているのでコンプを初めて使用される方にもわかりやすいことがいいですね。

価格は大体¥18000ほどです。このクオリティでこの価格はお安くプロ・アマ問わず使用できるので間違いないエフェクターです。

 AGUILAR / TLC Compressor

こちらも、ベースアンプ・エフェクターで有名なアギュラーです。このエフェクターはFチョッパーKOGAさんも使用されています。

特徴は、アギュラー独自の技術であるトランス・リニア・コントロール回路を使用しておりハイレベルなコンプレッションをコンパクトに抑えることができています。

コントロールはレベル・スレッショルド・アタック・スロープが付いているので多彩な設定が可能ですのでピック弾き・スラップ・ライトハンドなど様々な奏法に簡単に対応できます。

原音に忠実で無駄な味付けのないコンプで音作りがしやすいことも利点で基本的にどんな設定にしても音が壊れないため安心して使用できます。

価格は¥22000ほどです。

DARKGLASS / Super Symmetry

ダークグラスは2016年ほどから日本に上陸し、歴史の少ないメーカーだが製品の質の良さから様々なミュージシャンに使用されています。

特徴はコントロールの豊富さでブレンド・インプット・コンプレッション・アウトプット・アタック・リリースがあります。

特にブレンドのコントロールがあるコンプレッサーは少ないので面白いエフェクターだと思います。

しかし、このコンプレッサーには少し味付けされているため好みが分かれると思いますがユーザーがとても多いです。

値段は¥39000ほどで少々お高くなっています。

スラップ奏法にも欠かせない!オススメセッティング

スラップはサムピングとプルで演奏します。

音にばらつきが出やすい奏法なのでコンプを少し強めにかけると良いサウンドメイクができます。

また、アタックのコントロールがある場合はアタックも強めにかけるとパワフルなサムピングとプルの金属的なサウンドが得られます。

まとめ

  • コンプレッサーは音色を変えるものではなく「整えるもの」
  • 設定次第でタッピングなどの奏法でも音圧を確保できる
  • 常にかけている方も多い
  • 強くかけすぎるとニュアンスのないベースラインになってしまうので注意
  • コンプは微調整程度で使用するのがオススメ

コンプレッサーはそれぞれのメーカーの違いが分かりにくいものなので試奏する場合は、様々な奏法をお店の迷惑にならない程度に長めに試してみることをオススメします。

基本的に常時使用するものなので自分に合うコンプをじっくり探して一台だけでなく複数台持っているのもいいと思います。

是非、お試しください。

この記事に関連する商品

  • 俳優?ベーシスト?岸部一徳に迫るおすすめ名曲5選

    俳優?ベーシスト?岸部一徳に迫るおすすめ名曲5選

    みなさん、岸部一徳って知ってますか?きっと顔をみたら、ああこの人か!て思うはずです。岸部一徳は、日本を代表する名脇役のひとりですが、実はベーシストなんですよ!そんなベーシスト岸部一徳を紹介していきます。

  • レベル別!おすすめギター教則本

    レベル別!おすすめギター教則本

    今回はオススメするエレキギターの教則本をご紹介させて頂きます。教則本も今や選びきれない程の数があり、どれを買ったらいいか分からないなんて事もあるかと思います。教則本は各楽器全てのがあるくらい今需要があり普及しているのですが、ギターの教則本だけでも種類が沢山あり目的やレベルによって購入するものも...

  • ギブソンアコースティックギターのヴィンテージが人気の理由

    ギブソンアコースティックギターのヴィンテージが人気の理由

    GIBSON(ギブソン)と言えば老舗メーカーMartin(マーチン)と並ぶ2大アコースティックギターブランドとして有名です。1902年には楽器を販売しており、その歴史はなんと100年以上にもなります。今回の記事では「ヴィンテージ」として扱われる年代のギブソンアコースティックギターの魅力や現行品...

  • シチュエーション別オススメのギターアンプを紹介!

    シチュエーション別オススメのギターアンプを紹介!

    ギターリストにとってアンプはギターと同じくらい重要なものであり、さまざまな機材の中でも最終的な音の方向性を決定するものですので、アンプの選択は慎重にするべきでしょう。しかし、アンプにはさまざまな種類がありますし、メーカーなどによって音の傾向も異なりますので、音作りに悩んでいる方の場合には「どの...

  • 定番エフェクター ディレイのオススメモデル3種

    定番エフェクター ディレイのオススメモデル3種

    ディレイとはいわゆる空間系に分類されるエフェクターで、実際の音に少し遅れた音をブレンドすることにより、やまびこのような効果を生み出すエフェクターのことです。エフェクターを買い始めた方々は「まずは歪み系から!」とオーバードライブやディストーションを手に入れるかと思いますが、なかなかディレイを購入...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す