マーシャルのギターアンプ、DSLシリーズ

みなさんは、アンプは何を使っていますか?

スタジオやライブハウスにあるあの大きなギターアンプの音が欲しいけど、とても買えない・・という方は多いのではないでしょうか。

そんな方におすすめしたいマーシャルのDSLシリーズのアンプです!

DSLシリーズは、マーシャルのサウンドをだしつつもコストパフォーマンスに優れたモデルが揃っています。

ここでは、そんなマーシャルのDSLシリーズのアンプについて紹介していきます!

マーシャルアンプ DSLシリーズとは?

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/

マーシャルのDSLシリーズは、非常に人気でスタジオなどでよく置いてあるアンプ「JCM2000 DSL100」の仕様を受け継ぎながらもコストパフォーマンスを重視されたシリーズです。

人気を博したアンプ「JCM2000 DSL100」冠を継承したコストパフォーマンスモデル「DSLシリーズ」!CLASSIC GAIN(Clean/Crunch),ULTRA GAIN(Lead 1/Lead 2)の2チャンネル2モードチャンネルやREVERBを搭載した往年の仕様はそのままに、お買い求めし易い低価格化を実現!100コンボや15Wヘッド!自宅練習でも扱いやすい最低5Wコンボまでラインナップしています!マーシャルの新提案『低価格で本格的真空管アンプ』是非一度お試し下さい!「DSL=デュアル・スーパー・リード」という名前の由来の所以です。

引用元:イシバシ楽器-DSLシリーズ-

マーシャルアンプ DSLシリーズのラインナップ

それでは早速、マーシャルアンプのDSLシリーズのラインナップを紹介していきます。

今回はDSLシリーズの代表モデルである、DSL100H、DSL40C、DSL15H、DSL15C、DSL5Cをご紹介します。

マーシャルアンプ DSL100H

DSL100Hは、とても人気が高く、スタジオやライブハウスなどでもよく見かける「JCM2000 DSL100」の仕様を再現しつつ、アップグレードされたモデルです!

変更点としてはディープスイッチがレゾナンスコントロールに、スプリングリバーブがデジタルリバーブに変更され、アンプの出力を50wに切り替えられるスイッチと切り替えをするフットスイッチが加えられています。

フットスイッチで切り替えが可能な、クリーン/クランチの2モードのクラシックゲインチャンネルと、リード1/リード2のウルトラゲインチャンネルによってマーシャル幅広いサウンドをならしてくれますよ!

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/dsl100h/

DSL100Hの仕様・スペック

  • 新品価格:9万円代程
  • 中古価格:7万円代程
  • 種類:ヘッドアンプ
  • 出力:100W/50W
  • チャンネル:2
  • インプット:1
  • コントロール:VOLUME×2、GAIN×2、PRESENCE、RESONANCE、BASS、MIDDLE、TREBLE、REVERB×2、TONESHIFT、Clean/Crunch、OD1/OD2、Pentode/triode
  • プリ真空管:ECC83×3
  • パワー真空管:ECC83×1、EL34×4
  • 寸法・重量:W:740 H:274 D:242

マーシャルアンプ DSL40C

このDSL40Cは、上で紹介したアンプDSL100Hと同様のフロントパネル、リアパネルなどを採用しています。

ちなみにフロントパネルとは、コントロールのつまみがついているところ、リアパネルはラインをさしたりするところですね。

出力は40wで12インチのスピーカーを1発搭載したコンボタイプのアンプです。

トライオードというオプションがあり出力を20wにもできますよ。

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/dsl40c/

DSL40Cの仕様・スペック

  • 新品価格:7万円前後
  • 中古価格:4万円程
  • 種類:コンボアンプ
  • 出力:40W/20W(rms)切替
  • プリ真空管:ECC83×3
  • パワー真空管:ECC83×1、EL34×2
  • スピーカー:Celestion Seventy 80
  • チェンネル:クラシックゲイン/ウルトラゲイン 2チャンネル
  • コントロール:VOLUME×2、GAIN×2、PRESENCE、RESONANCE、BASS、MIDDLE、TREBLE、REVERB×2、TONESHIFT、Clean/Crunch、OD1/OD2、Pentode/Triode
  • 寸法、重量:W:620 H:490 D:252

マーシャルアンプ DSL15H

DSL15Hは、DSLのトーンをしっかりと持ちつつ、15Wの出力のコンパクトなヘッドアンプにしたモデルです。

もちろん、クラシックゲインとウルトラゲインの2つのチャンネルを搭載していますよ!

モデル名のHはヘッドアンプのHの意ですね!

サウンドは人気の高かったJCM2000 DSLサウンドを継承。小型ながらプリ管ECC83×2、パワー管6V6×2を搭載。れっきとしたチューブアンプヘッドです!

引用元:TC楽器-人気のDSLサウンドを継承する " 15W出力 ミニヘッド " !!-

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/dsl15h/

DSL15Hの仕様・スペック

  • 新品価格:6万円代程
  • 中古価格:3万円代程
  • 種類:ヘッドアンプ
  • 出力:15w/7.5w
  • チャンネル:2
  • インプット:1
  • コントロール:VOLUME x 2, GAIN x 2, PRESENCE, BASS, MIDDLE, TREBLE, DEEP, TONESHIFT
  • プリ真空管:ECC83×3
  • パワー真空管:ECC83×1、6V6×2
  • 寸法・重量:W:500 H:240 D:235

マーシャルアンプ DSL15C

DSL15Cは、上で紹介したDSL15Hのコンボアンプ版ですね!

主なスペックは、DSL15Hと同様になっていますが、こちらのDSL15Cはデジタルリバーブが搭載されています。

リバーブは、残響音のようなサウンドをだしてくれる効果があります。

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/dsl15c/

DSL15Cの仕様・スペック

  • 新品価格:6万円代程
  • 中古価格:4万円代程
  • 種類:コンボアンプ
  • 出力:15W/7.5W
  • インプット:1
  • チャンネル:2
  • コントロール:VOLUME×2、GAIN×2、PRESENCE、BASSMIDDLE、TREBLE、REVERB、TONESHIFT、DEEP
  • スピーカー:1×12” CELESTION G12E-60
  • プリ真空管:ECC83×3
  • パワー真空管:ECC83×1、6V6×2
  • 寸法・重量:W:505 H:475 D:255

マーシャルアンプ DSL5C

DSLシリーズの中で1番ワット数が小さい5wのコンボアンプです。

自宅練習用に最適で、ヘッドフォン出力、オーディオ端子、さらに出力を5wから0.5wに切り替え可能です。

ヘッドフォン出力は騒音で近所迷惑にもならず、オーディオ端子でipodなどオーディオ機器から音楽を流すことができます。

出力も少ない?と思いがちですが、自宅であれば0.5wで充分ですよ!

自宅練習ならコレできまり!

http://www.marshallamps.jp/products/amplifiers/dsl/dsl5c/

DSL5Cの仕様・スペック

  • 新品価格:6万円代程
  • 中古価格:4万円代程
  • 出力:5w/0.5w
  • チャンネル:2
  • インプット:1(+AUDIO)
  • コントロール:VOLUME x 2, GAIN, PRESENCE, BASS, MIDDLE, TREBLE, DEEP, TONESHIFT
  • スピーカー:1×10” CELESTION TEN 30
  • プリ真空管:ECC83×3
  • パワー真空管:ECC99×1
  • 寸法・重量:455×430×240

マーシャルアンプ DSLシリーズのまとめ

いかがでしたか?

DSLシリーズのギターアンプは、人気のJCM2000 DSL100の名前を冠したコストパフォーマンスモデルが揃っています。

  • JCM2000 DSL100の名前を冠している
  • コストパフォーマンスモデル
  • オーソドックスなマーシャルのサウンド

オーソドックスでマーシャルの歴史を受け継いだサウンドは、スタジオやライブハウスなどでよく見かけるアンプに相応しいですよね!

ライブ用、自宅練習用などと相性が抜群なギターアンプでおすすめです!

 

 

 

 

この記事に関連する商品

  • バッカスのおすすめエレキベースシリーズ

    バッカスのおすすめエレキベースシリーズ

    Bacchus(バッカス)は、コストパフォーマンスが良く、人気の高いエレキベースメーカーです。様々なシリーズのエレキベースがリリースされているので、どれを選べば良いかわからない方も多いのではないでしょうか。この記事では、バッカスの基本的な特徴とおすすめのシリーズのエレキベースをご紹介していきます。

  • グラムロックやハードロックの聖地“英国”を代表するブリティッシュ・スーパーギタリスト

    グラムロックやハードロックの聖地“英国”を代表するブリティッシュ・スーパーギタリスト

    奇抜なメイクを施し、煌びやかな衣装に身を包む事で、耽美でありながら退廃的な世界観を醸成するグラムロックはロックで“芸術性”を表現しました。メッセージとサウンドの双方が激しい主張をするハードロックは、ロックが半端であってはならないという時代に対するアンチテーゼを表現しました。そんな代表的なロック...

  • オススメのエレキベース弦はどれ?人気のエレキベース弦

    オススメのエレキベース弦はどれ?人気のエレキベース弦

    ベース弦はギター弦よりも値段が高く、弦もそう簡単に切れるものではないためなかなか交換できないかもしれません。しかし長く弦を張り続けることでいい音が出なくなっていることもあります。そこで今回はベースの弦の交換時期について説明し、定番の弦の音がどういう傾向であるかについて紹介していきたいと思います...

  • 新シリーズ!マーシャルのギターアンプ、ASTORIA(アストリア)シリーズ

    新シリーズ!マーシャルのギターアンプ、ASTORIA(アストリア)シリーズ

    マーシャルのアンプといえば、ブラックのカバーとゴールドのパネル、白いロゴというルックスをイメージする人が多いのではないでしょうか。ここで紹介するASTORIA(アストリア)シリーズは、今までになかったブティック感のあるルックスが印象的です!

  • リニューアルされたTaylor 700シリーズの魅力と選び方

    リニューアルされたTaylor 700シリーズの魅力と選び方

    Taylor社の厳選された木材と精巧な技術がふんだんに詰まった700シリーズ。700シリーズの中にもラインナップがあり、どれを選べば良いのかは迷いどころだと思います。この記事では700シリーズの魅力や選び方、おすすめのナインナップをご紹介していきたいと思います。また、今回は2016年にモデルを...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す