ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴

Gibson(ギブソン)社のアコースティックギターと言えば?と聞かれると真っ先に思い浮かぶのがJ-45かと思います。あの見た目、あの音、皆のあこがれのギターかと思います。しかし、いざ購入しようと思うと色々な種類があり、迷う方も多いかと思います。そんなJ-45の特徴や選び方をご紹介致します。

目次

  • Gibson(ギブソン)で最も有名なJ-45
  • 歯切れの良いサウンド
  • 抱えやすいラウンドショルダーボディ
  • 中古市場も非常に人気
  • 仕様の違いや特徴を簡単に理解しよう
    • ヴィンテージと呼ばれる年代
    • ~2000年代に作られたスタンダードタイプ
    • 改良を重ねた現在のスタンダード
  • 上位モデルはヴィンテージを再現する傾向にある
    • 1942年の仕様を再現 J-45 Banner
    • 木材を変更 J-45 Custom Rosewood
  • まとめ

Gibson(ギブソン)で最も有名なJ-45

1942年に発売させてから現代まで絶大な人気を誇っているアコースティックギターになります。まず、見た目はMartin社のD(ドレッドノート)タイプのギターに対抗すべく作られたラウドショルダーが特徴となっております。

また、トップ材には基本的にスプルース、サイド&バック材には基本的にマホガニーが採用されております。

J-45の音としましては、作られた年代にもよりますが、その見た目通り明るくカラッとした音が特徴であります。その音が故、ロックやブルース等の現場で多くのアーティストに使用されております。

また、現行のJ-45にはあらかじめピックアップがセットアップされているものもありますので、シールドを繋いでライブで即使える戦力になること間違いありません。

歯切れの良いサウンド

J-45の音の特徴としまして、一番特徴的なのはその歯切れの良いサウンドかと思います。もちろん個体差はありますが、ロー(低音)が引き締まっており、ハイ(高温)があまりうるさく、サイド&バック材がマホガニーであることも相まって、歯切れの良いサウンドが生み出されています。

また、J-45に搭載されているアジャスタブルサドルもJ-45のあのカラッとした音に影響を与えているかと思われます。

ラウンドショルダーボディ

歴史的にMartin社のDサイズのギターに対抗すべく作られたGibson J-45。その見た目の一番の特徴と言っても過言ではないラウンドショルダーボディ。J-45のトップの肩の部分がなで肩のようになっているのが、ラウンドショルダーと呼ばれる部分です。

また、ボディの一番幅がある部分に関してですが、実はMartin D-28よりGibson J-45の方が少し幅広になっております。

中古市場も非常に人気

長い歴史があるギターが故、かなりの本数が市場に出回っております。中でもバナーロゴのビンテージJ-45は中古市場の中でもかなりの高値で取引されているようです。

何と言っても中古・ビンテージのギターの魅力は、あの独特の“枯れた音”でしょう。ギターに使われている木材の水分が時間とともに抜けていくことによって、独特の“枯れた音”が出るようになっていきます。

1980年頃製造のJ-45であれば、そこまで高値は付いておりませんので、購入し、今後の人生のパートナーにして、立派なビンテージギターに育て上げるのも良いかと思います。

中古でギターを買う際は、ネックの反り、トラスロッドの具合(回せる余裕があるか)、フレットの減り具合、トップ材の木が波打っていないか等、色々気を付けなくてはいけませんので、注意して下さい。

状態平均価格
新品 J-45 スタンダード¥250,000~
中古 J-45 スタンダード¥168,000~

仕様の違いや特徴を簡単に理解しよう

ヴィンデージと呼ばれる年代

J-45は時代とともに色々と使用が変更されてきました。

1959年頃までのJ-45はノーマルブリッジになります。アジャスタブルサドルよりも鳴りが豊かでこちらを好むプレイヤーもいる様ですが、価格がかなり高めになります。また、59年頃のネックシェイプはかなり定評があるようです。

60年頃からアジャスタブルサドルに変更されていき、ピックガードが厚くなる等、色々仕様変更がされていきました。

1950~60年代のJ-45の価格ですが、大抵が“ASK”表記となっており、正確な値段は問い合わせになりますが、Martin等のビンテージ相場を参考にしてみると、100万円以上はするかと思われます。

~2000年代に作られたスタンダードタイプ

1970年代に作られたJ-45は、スクエアショルダーになり、内部のブレイシングの変更といった仕様の変更がなされました。

そこから空白期間があり、そして経営陣が代わり、1996年よりモンタナ州に工場を移しました。1996年以降に作られたJ-45はすべてラウドショルダーボディになります。

改良を重ねた現在のスタンダード

現在のJ-45は、ピックアップが搭載されているものや、カッタウェイモデルもあります。カッタウェイモデルは、エレキギターのようにハイフレットでの演奏が可能です。また、ピックアップはLR Baggs社のものが採用されており、音のクオリティも問題ありません。ネックに関しては、スリム・テーパーネックが採用されているモデルもあるので、手の小さな方も問題なくプレイできます。

上位モデルはヴィンテージを再現する傾向にある

1942年の仕様を再現 J-45 Banner

まず、このモデルの特徴と致しまして、一番目立っているのはヘッドのバナーロゴかと思います。バナーロゴのおかげでとてもビンテージ感がでますよね。

また、ラッカー塗装を極薄で仕上げているようなので、鳴りにも期待ができます。  トップ材には、アディロンダックスプルースを使用。アコースティックギターのトップ材の最高峰として君臨するアディロンダックスプルース。普通のスプルースよりも広い木目を持ち、その見た目、出音はまさに最高峰のトップ材です。

普通のJ-45よりも少しお値段は高めですが、一度弾いてみる価値のあるギターだと思います。

J-45 custom rosewood

こちらのJ-45はサイドとバック材にローズウッドを採用したものになります。通常のJ-45はサイドとバックにマホガニーを使用しています。ローズウッドは、マホガニー程パンチのある音、暴れる音(良い意味で)はしませんが、より繊細できらびやかな音の印象です。

また、バインディングにヘリンボーン(魚の骨のようなバインディング)が採用され、高級感が増した使用になっております。

まとめ

現在、市場にはたくさんのJ-45が出回っているかと思います。この記事を参考にして頂いて、皆さんが少しでも良いJ-45に出会えると良いなと思います。

  • 一言にJ-45と言っても多くのモデルがある
  • ヴィンテージタイプが人気
  • 実用性に特化したのが現代のJ-45

ギター選びの基本ではありますが、とにかくたくさん試奏し、良い音のものを選んで下さい。もちろん、先に述べましたが、フレットの状態などよく楽器をみて、購入してから不具合が少なそうな個体を選んで下さい。

関連記事:

ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴,自分と共鳴するギブソンアコギ Jシリーズの特徴とオススメモデル

この記事に関連する商品

レイクランドのおすすめベースと種類一覧

レイクランドのおすすめベースと種類一覧

みなさんは、レイクランド(LAKLAND)というブランドはご存知ですか?ESPのブランドでハイエンドということで知られています。ここではそんなレイクランドのおすすめのベース、シリーズなどを紹介していきます!

人気の高いシリーズ、Taylorアコギ 300シリーズの魅力と選び方

人気の高いシリーズ、Taylorアコギ 300シリーズの魅力と選び方

テイラーのアコースティックギターの中でも人気の高いシリーズといえばこの300シリーズです。しかし、300シリーズの中にも様々なラインナップがあり、どれを選べば良いか迷ってしまう方も多いと思います。この記事では、そんな300シリーズの魅力とおすすめのラインナップ、選び方をご紹介します。1974年...

ハートと12弦 ゼマイティスのアコギの紹介とオススメモデル

ハートと12弦 ゼマイティスのアコギの紹介とオススメモデル

ゼマイティスというメーカーをご存知でしょうか。エレキギター(以下エレキ)を愛好する方ならご存知かもしれません。エリッククラプトン、布袋寅泰やGLAYもHISASHIが使用していたことで有名なエレキです。そのゼマイティスはなんとアコギも出していることはあまり知られていません。ただ、あのビートルズ...

日本で最高品質のギターを作ろう。ヘッドウェイアコギの特徴と歴史

日本で最高品質のギターを作ろう。ヘッドウェイアコギの特徴と歴史

ヘッドウェイというアコースティックギター(以下アコギ)を見たことがある人はたくさんいると思います。1977年に長野県で誕生した日本のギターメーカーです。日本で最高品質のギターを作ろう。その信念を元に発展を続けてきた日本最高クラスのアコギを多数製作しています。今回はそんなヘッドウェイの誕生から現...

ギブソン・バードランドが奏でる“混じりっけなし”のハードロッカー  テッド・ニュージェント

ギブソン・バードランドが奏でる“混じりっけなし”のハードロッカー テッド・ニュージェント

長髪やテンガロンハットに、ヒゲ面という野生的な風貌でギターを弾きまくるテッド・ニュージェント。その風貌ばかりではなく、そのギターサウンドもエフェクターなどでの特殊効果を一切使わず、あくまで“自然の音”にこだわるという徹底ぶり。また、ハンティングが趣味というのもどこか、ギタープレイとリンクする気...

おすすめの記事一覧

日本生まれの若手エフェクター ワンコントロールの実力

日本生まれの若手エフェクター ワンコントロールの実力

有名ギタリストも多数使用!Hughes&Kettnerの特徴

有名ギタリストも多数使用!Hughes&Kettnerの特徴

超有名ペダルBIG MUFFを生み出したELECTRO-HARMONIXの特徴

超有名ペダルBIG MUFFを生み出したELECTRO-HARMONIXの特徴

ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴

ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴

オールマイティーな1本を!シェクターエレキギター

オールマイティーな1本を!シェクターエレキギター

Gibsonの伝統と革新   おすすめセミアコ&フルアコギター

Gibsonの伝統と革新 おすすめセミアコ&フルアコギター

時代にフィットしたエフェクター ラインシックス

時代にフィットしたエフェクター ラインシックス

日本の匠が提供するmomoseのエレキギターとは?

日本の匠が提供するmomoseのエレキギターとは?

話題の「ブラックスター」アンプとは?

話題の「ブラックスター」アンプとは?

自分にあったペダルが見つかる!AMTエフェクター

自分にあったペダルが見つかる!AMTエフェクター

楽器・機材を探す