モディファイ・ペダルの定番!keeleyが人気の理由

keelyというブランドをご存じでしょうか。楽器屋などでBOSSのエフェクターかな、と思ったらkeelyと書いてあって何だコレ?と思った人もいるのではないでしょうか。

keelyはギタリストであるロバート・キーリー氏によって創設されたエフェクターメーカーです。BOSSやIbanezからリリースされた名機をモディファイしているというイメージですが、実はすぐれたオリジナルモデルも輩出しています。

今回はそんなkeelyの魅力に迫ります。

目次

  • モディファイとは?
  • 市販品を改良するのが定番
    • BD-2 Mod Phat Tube
    • MT-2 Mod Twilight Zone
  • トゥルーバイパスで音痩せを防ぐ
  • オリジナルとの違いを比較!
    • BOSS BD-2orKEELEY製BD-2モディファイ
    • Keeley Baked TS9 or Ibanez TS9 Tubescreamer
  • 高い完成度のオリジナルペダルも人気
    • Keeley Electronics Compressor C4
  • まとめ

モディファイとは?

そもそも、モディファイってよく聞くけど何なの?という方のために簡単にではありますが説明致します。

モディファイとは直訳すると装飾、修正というような意味で、既存のエフェクターに手を加えてよりよい性能にすることを指します。

要するに改造するという意味ですね。

わざわざ完成品として売られているものを改造するの?と思うかもしれませんが、名機と呼ばれるモデルでも「あぁ、ここがもう少し高音なら最強なのに・・・」というような場合、より良くするために手を加えることが多いですね。

もちろん、その分高性能のパーツなどを使っているので当然価格はオリジナルより上がってくるのが基本です。

市販品を改良するのが定番

BD-2 Mod Phat Tube

keelyの定番と言えばBOSSのBD-2をモディファイしたものでしょう。

BD-2と言えばBOSSの中でも名機と呼ばれるペダルで、オリジナルでもプロが使うほどの定番モデルです。元々のサウンドは非常に高いものを持っているものの、やはり低音がやや弱く、良くも悪くもBOSSっぽさの出るサウンドが気になる人も多いようです。

そんな悩みを解消したのがBD-2 Mod Phat Tubeです。

ジャキジャキとしたBD-2のメリットを残しつつも、新たに搭載されたファットスイッチにより中音域を持ち上げることもできるようになっています。

持ち上げると言っても極端に中音域を上げるのではなく、あくまでさりげなく、より真空管っぽさを出す程度にとどまっています。

図太いサウンドというよりは上品な歪みというイメージですので、クランチサウンドには絶妙にマッチします。

MT-2 Mod Twilight Zone

BOSSのMT-2はとてつもない歪みで数多くのギタリストに愛される名機(迷機?)です。

あまりにも歪む上に、3バンドEQの設定がシビアで使いこなせないギタリストも多いかと思います。筆者も使いこなせずノイズだらけの雑音になった記憶が・・・。

特徴であるハイゲインは残しつつ、音の抜けや反応の素直さを飛躍的に向上。

ただ歪みがすごいというだけではなく、ロックからメタルまですべてのディストーションをカバーできるポテンシャルを持った優秀なペダルになっています。

トゥルーバイパスで音痩せを防ぐ

モディファイモデルは基本的に多くの物がトゥルーバイパス仕様に変更されていますが、このトゥルーバイパスとはいったい何なのでしょうか。

このトゥルーバイパスとは、エフェクトオフ時に入力されたインピーダンスを変えずにそのまま出力する方式です。なんかわかりにくいと思いますが、簡単に言えば、エフェクターの回路を通さずに迂回してギターの信号を送ることです。

つまり、オフのときにはエフェクターを設置せずにアンプに直で繋いでいるのと同様の状態になるということです。

これがないとエフェクターを多くつなぐ場合はその数だけ抵抗に引っかかり、どんどん音が痩せてしまうという訳です。

水の流れで言えば、水道管の中で最初は勢いのある水流でも障害物(エフェクター)に何個もぶつかり、最終的にはチョロチョロとしか水が流れてこないというようなイメージと言えばわかりやすいでしょうか。

デメリットを言えば、音の信号が保護されずに出力されてしまうので音痩せしない代わりにノイズが乗りやすいということでしょう。

オリジナルとの違いを比較!

BOSS BD-2 or KEELEY製BD-2モディファイ

さて、上記でBD-2のモディファイを紹介しましたが、実はkeelyにはもう一つBD-2のモディファイが存在します。

それが今から紹介するBD-2 Mod Freak Fuzzです。

え?BD-2なのにファズ!?と思うでしょう。

厳密に言うとファズでもオーバードライブでもない第3の歪みとでも言うものになてっています。2つのミニスイッチが追加されており、片方はPhat Tubeと同様のファットスイッチ、もう一つがSQUARE WAVEというスイッチです。

ファズのような歪みの中にBD-2らしい抜けの良さとジャキジャキ感を併せ持つ、何とも不思議なサウンドになっています。

サウンドの比較(BD-2 Mod Freak Fuzzのサウンドは6:00~)

Keeley Baked TS9 or Ibanez TS9 Tubescreamer

Rig. #Demeter #keelymod

Alberto Perez Jr.さん(@guitaraccordingtoalbert)がシェアした投稿 -

名機と呼ばれるIbanezのTS9、こちらもkeelyはモディファイモデルをリリースしています。

このBaked TS9、keely氏本人が言うには、オリジナルのTS9の3倍歪むとのことですが、確かによく歪むことは間違いありません。3倍というのが正しいのかどうなのかは何とも判断できませんが・・・。

Driveのノブを9時くらいに設定すれば従来のTS9のDriveをMAXにしたときくらいの歪みを得られるのであながち3倍というのも間違いではないのかもしれませんね。

オペアンプにはTI-RC4558Pを使用。他の部品も厳選されたコンデンサーを使用する事によって、クリアなサウンドを生み出しています。また、入力インピーダンスを510k ~ 620kに調整する事によりノイズを抑えています。

良く歪むのでDriveを12時以降にするとややブーミーさが目立ってしまうのが難点ですね。

現行のTS9のサウンドでもうすこし歪みが欲しいという場合にはピッタリのモデルでしょう。

サウンドの比較

高い完成度のオリジナルペダルも人気!

Keeley Electronics Compressor C4

Electronics Compressor C4はKeeley Compressor に、音の立ち上がりを調節する Attackと入力感度を操作する Clipping の2つのコントロールを追加、より繊細なサウンドメイクを可能にし、ギター以外にもベースやキーボードやマイクなどの使用にも対応したモデルです。ナチュラルなコンプレッションと少ないノイズ、ラック式コンプにも負けることのないハイクオリティが特徴です。

追加されたClippingは、9~10にあげるときにグンっと上がるので注意が必要です。

ナチュラルなコンプとはいえ Attackを絞っても圧縮感がありますが、上げてもパキパキしすぎない点は魅力的ですね。コンプ感がないっていうのは結構魅力的です。パキパキしすぎちゃうコンプってたまにありますもんね。

ノイズは全くないわけではないのですが、圧倒的に少ないです。これはちょっと感動するレベルなのでぜひ体感して欲しいものです。

常時オンにしておくコンプとしては非常に優秀なペダルです。

Electronics Compressor C4のサウンド

まとめ

いかがでしたでしょうか。

楽器屋でよく見るkeelyの名前、気になっていた方も多いのではないでしょうか。

オリジナルで素晴らしいペダルはもちろんたくさんありますし、それがダメということもありません。

ですが、あとここだけ変わればいいのに!そんな願いを叶えてくれるモディファイモデル。

自分の求めるサウンドが明確になっている方には試してみる価値ありですよ。

この記事に関連する商品

ギターアンプのオススメメーカー3選!

ギターアンプのオススメメーカー3選!

ある程度ギターが上達し、ライブに頻繁に出演するようになってくるとより上を目指したくなりますよね。そんな時に欲しくなる機材、アンプです。今回はオススメのアンプを三種類ばかり紹介しようと思います。アンプと言えば有名なのはマーシャルです。しかし、マーシャルのアンプを買おうという人はあまりいないのでは...

【好みに合わせて】オススメのギター用スライドバー3選

【好みに合わせて】オススメのギター用スライドバー3選

ボトルネック奏法またはスライドギターと呼ばれる奏法においては、使うスライドバーによっても弾き心地や音が変わってきます。ボトルネック奏法自体については、<a href="http://gakkimania.jp/gakki-blog/376">スライドギターで遊ぼう! ボトルネック奏法の面白さ<...

ギターのネック調整について正しい知識を持とう:トラスロッドと状態の見方

ギターのネック調整について正しい知識を持とう:トラスロッドと状態の見方

「なんか最近弦高が高い気がするなあ」「たまにビビるフレットがあるなあ」というよくある悩み、ネック調整がちゃんとできていないかもしれません。でもネック調整なんて、失敗したら後から困りそう、というのもありちょっと手が出しづらいですよね。そこでこの記事では、ネックの調整にあたって持っておきたい基礎的...

泣ける青春パンクは藍坊主!無力感を吹き飛ばす必聴5曲はこれだ!

泣ける青春パンクは藍坊主!無力感を吹き飛ばす必聴5曲はこれだ!

解散してからも生み出された楽曲は色あせることなく、少年少女を魅了し続けるザ・ブルーハーツ。彼らに憧れて、バンドを始める若者はいまだに後を絶ちません。そんななかで実際にメジャーデビューまでたどり着いたバンドはどれほどいるでしょうか?そんな数少ないバンドの1つに藍坊主が挙げられます。ザ・ブルーハー...

定番中の定番ギター!フェンダーテレキャスターの特徴

定番中の定番ギター!フェンダーテレキャスターの特徴

世界的な定番ギターとなっているフェンダーのテレキャスター!テレキャスと呼ばれ、ギタリストに長年愛されていますね!ここでは、フェンダーのテレキャスターについて紹介していきます。

おすすめの記事一覧

超有名ペダルBIG MUFFを生み出したELECTRO-HARMONIXの特徴

超有名ペダルBIG MUFFを生み出したELECTRO-HARMONIXの特徴

モディファイ・ペダルの定番!keeleyが人気の理由

モディファイ・ペダルの定番!keeleyが人気の理由

ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴

ギブソンJ-45の音を楽しもう!購入のポイントと特徴

ワーミーで有名なデジテックは個性派ペダルの宝庫

ワーミーで有名なデジテックは個性派ペダルの宝庫

サー・エフェクターペダルの定番からロングヒットまでを徹底解説

サー・エフェクターペダルの定番からロングヒットまでを徹底解説

日本の匠が提供するmomoseのエレキギターとは?

日本の匠が提供するmomoseのエレキギターとは?

美麗なルックスと高いプレイアビリティ!ESP ANTELOPEの魅力に迫る

美麗なルックスと高いプレイアビリティ!ESP ANTELOPEの魅力に迫る

時代にフィットしたエフェクター ラインシックス

時代にフィットしたエフェクター ラインシックス

話題の「ブラックスター」アンプとは?

話題の「ブラックスター」アンプとは?

Gibsonの伝統と革新   おすすめセミアコ&フルアコギター

Gibsonの伝統と革新 おすすめセミアコ&フルアコギター

楽器・機材を探す