Marshallアンプの定番シリーズ 人気の機種はこれだ!

誰もが知ってる世界的アンプメーカー、Marshall。スタジオやライブハウスなどにも大体置いてありますよね。しかし、大体置いてあるといってもスタジオやライブハウスによって機種がまちまち…そのせいで使い方がわからなかったりいつもの音が出せない!ということがあると思います。そんなことにならないために、今回はスタジオによく置いてあるMarshallアンプの特徴やサウンドをご紹介していきます!

目次

  • Marshallの歴史
  • Marshallの定番
  • 12種類の音色が出せる!Marshall JVM 410
  • 往年のロックなサウンド!Marshall JCM800
  • 使い勝手に優れたMarshall JCM900
  • より重厚なサウンド!Marshall JCM2000
  • まとめ

Marshallの歴史

Marshallはジム・マーシャルにより1960年にイギリスのロンドンで創業されました。

創業以前ドラマーとして活躍していたマーシャルは自身のドラム教室を開き、多くの生徒を集め人気を博していました。

その生徒達の要望に応える形で、1960年にドラム関連の商品を取り扱ったりリペアを行う「マーシャル・ショップ」を開業。

当初はドラム専門のショップでしたが、生徒達が今度はドラマー以外のバンドメンバーを連れてくるようになり、彼らの要望に応えるため、当時主流だったFenderのアンプなどを扱っていました。

しかし当時のアンプは故障が多く、それを修理していたマーシャルはこれならば自分でより安く良いものが作れると考えました。

そして1962年にFender Bassmanを基に最初の自社製作アンプ「JTM45」を開発し、アーティスト達の注目を浴びMarshallはドラムショップからアンプメーカーとしての道を歩み始めます。

Marshallの定番アンプ

上記の画像のようにやはりMarshallといったらこの色合い、このフォルムをイメージされる方がほとんどでは無いでしょうか?

時代を先導しつつも、デジタル時代に突入した際に一度は下火になってしまったMarshall。

しかしJVMシリーズの登場で現代はヴィンテージサウンドとモダンサウンドを色分けがしっかりとされています。

そんなMashallの世界をご紹介する前に現在はどれくらいの価格で販売しているのかをご紹介させていただきます。

モデル名特徴販売価格
JVMシリーズ最新技術がたんまりと詰まったハイスペックマーシャル シリーズ1の歪みレベルを持っています¥180,000~
JCMシリーズ今も昔も愛される王道のシリーズ ずばり「マーシャルらしい音」がします¥160,000~
DSLシリーズ2ch回路や真空管を一部変える事により実現したコストパフォーマンスモデルです¥60,000~

12種類の音色が出せる!Marshall JVM 410

プリアンプにECC83を5本、パワーアンプにEL34を4本搭載した100Wのフルチューブアンプです。現行のフラッグシップモデルとなっています。

フラッグシップたる所以はMrashallというトラディショナルなブランドからは想像もつかない計12種類の多彩なアンプサウンドです。

  • クリーン
  • クランチ
  • OD1
  • OD2

4チャンネルの仕様に各chに3つの異なるゲインステージをを用意しており、 澄みきったクリーンサウンドやブルージーなクランチ、1959やJCM800といった歴代の名器のサウンドから、強烈なディストーションまで幅広い音色を生み出すことが出来ます。

Marshallのアンプラインナップのなかで最も最大ゲインが高いモデルでチャンネル4のOD2ではHR/HM以上のメタルサウンドにぴったりなハイゲイントーンを出すことが出来ます。

また、JVMは、スタンバイ状態にした時でもXLRアウトプットが動作するためスピーカーキャビネットへ接続しなくてもラインアウトを出力する事が出来、自宅でのサイレントレコーディングが可能になっていることも特徴です。

2チャンネル仕様のJVM210もラインナップされています。

往年のロックなサウンド!Marshall JCM800

世界を席巻し一時代を作り上げたとも言えるJCM800は1981年に誕生しました。

Marshallがロックサウンドの代名詞として挙げられるようになったのはこのアンプがきっかけと言われています。

当時は非常に大きな出力で、まさしく音を「割っている」事により歪みを得ていた事により音のパワー感は相当なものです。

  • 単体で歪ませるには大音量が必要
  • 芯のあるクリーンが得意
  • エフェクターのノリが良い

このような特性を活かす事ができれば十分に現代の音楽にもフィットします。

ゲイン自体はJCM900以降のモデルよりも低くなっており、チャンネルも1つとなっていますがシンプルなコントロールだからこそのストレートなサウンドは生産が終了した現在でも根強いファンを獲得しています。

使い勝手に優れたMarshall JCM900

Marshall JCM900は、90年代の初めに発売されました。

80年代後半になりメタル系のバンドが台頭するにつれて、ギタリスト達はJCM800よりももっと歪んだ音が出したいと考え始めました。

このMarshall JCM900の登場によりギタリストが求めていたさらに深いサウンド、追求してきたドライブが効いたサウンドを再現できるようになりました。

JCM900は大きく分けて2つのモデルがあります。

  • High Gain Dual Reverb(2チャンネル)
  • High Gain Master Volume(1チャンネル)

のモデルです。

High Gain Dual Reverbモデルはその名の通り、フットスイッチで切り替え可能な二つのゲインと二つのマスターを持つモデルで、それぞれにリヴァーブも設定できます。

つまり、クリーンでのアルペジオプレイからドライブチャンネルでの歪んだ音でコードをかき鳴らし、ここぞというところでリヴァーブをかけて音間を演出するといったような使い方ができます。

使い勝手に優れ、業務用などで最も導入されたのがこのモデル。練習スタジオなどで見かけるJCM900はだいたいこのモデルです。

JCM800のロックなサウンドを継承しつつゲインを上げたアンプ、と言えるでしょう。

より重厚なサウンド!Marshall JCM2000

JCM2000はマーシャル従来のダイオードクリッピングによる歪み回路をなくして全て真空管での構成にすることによって、より重厚でウォームな音を得られるようになりました。

  • クラシックゲイン
  • ウルトラゲイン

二つに分かれたチャンネルはフットスイッチによって足元での切り替えが可能。

さらにクラシックゲインからクリーン/クランチ、ウルトラゲインからはLEAD1/LEAD2 への切り替えができるので音作りの幅も広がり、美しいクリーンモードからビンテージマーシャルのクランチサウンド、分厚いバッキングに最適なLEAD1 やのびやかなサスティンが効きソロにも使えるLEAD2、といったようにより幅広く使えるようになっています。

JCM2000には2チャンネル仕様のDSLと3チャンネル仕様のTSLの2つのタイプがあります。

特徴的なのは音のニュアンスを変えることができるTONESHIFTスイッチとDEEPスイッチ。

TONESHIFTスイッチを押すと中域をカットした”ドンシャリ”なヘヴィメタルサウンドを生み出すことができます。

DEEPはローエンドをブーストし、地響きの鳴るような重低音を作り出すことができるのですが、DEEPスイッチは強く効くので注意が必要かもしれません。

リバーブは二つのチャンネル別に設定することができ、フットスイッチによるオン・オフの切り替えも可能なので、使い方によってはユニークな効果が得られますね。

バックパネルにはエフェクトループも搭載されており、プリアンプ回路を通った信号を外部エフェクターにちょうどいいレベルで送ることができ、濁りのないエフェクトを加えることができます。

まとめ

いかがだったでしょうか。今回ご紹介したMarshallの定番アンプの特徴をまとめると

  • JVM410:4チャンネルで幅広い音作りが可能。Marshall中最もよく歪むアンプ。サイレントレコーディングも可能
  • JCM800:シンプルな1チャンネルでストレートなロックなサウンドが特徴。単体ではあまり歪まない。
  • JCM900:JCM800のサウンドは継承しつつゲインを上げているモデル。
  • JCM2000:これまでのJCMとは違ったウォームで重厚なサウンドが特徴。JVMについで音作りの幅が広い。

となります。

自分がよく行くスタジオやライブハウスのMarshallがどのタイプなのか把握するだけでも音作りの対策がしやすくなります。

ぜひ一度チェックしてみてください。

この記事に関連する商品

  • 実はあまり知られていない!?レスポールスペシャルの魅力とは?

    実はあまり知られていない!?レスポールスペシャルの魅力とは?

    Gibsonと言えばFenderと双璧をなすエレキギターの一大ブランドです。特にレスポールはGibsonを代表する、むしろエレキギターそのものを代表する超有名モデルですよね。今回はそんなGibsonレスポールの中でも、奇抜なイエローが有名なレスポールスペシャルについてご紹介していきましょう。

  • こだわりの1本をオーダー可能プロヴィジョンギター特徴とおすすめを紹介!

    こだわりの1本をオーダー可能プロヴィジョンギター特徴とおすすめを紹介!

    山口県宇部市で製造されるプロヴィジョンギターは1988年、楽器のリペア工房としてスタートしました。少人数で行う丁寧な仕事はやがて根強いファンを作るギターショップへと進化をとげます。既存のエレキギターを元に「よりプレイヤーが求めるもの」を具現化してくれるのがプロヴィジョンギターです。この記事では...

  • スピーカーの設置環境、見直しませんか!?インシュレーターの必要性とおすすめモデル!

    スピーカーの設置環境、見直しませんか!?インシュレーターの必要性とおすすめモデル!

    こんにちは。皆さんは今の自分のモニター環境になにか不満はありますか?人によってはそれはモニタースピーカーであったりインターフェイスであったりすると思いますがそこを変える前にまずは設置環境から見直してみませんか?設置環境を一新するだけでスピーカーからの出音は驚くほど変わります。というわけで今回は...

  • 6弦ベースのメリット、デメリット

    6弦ベースのメリット、デメリット

    ベースといえば4弦ですが、最近の音楽シーンではさまざまな音が求められてきていて多弦ベースが使用されることが増えましたね!ここでは、6弦のエレキベースについて、特徴やメリット・デメリットを説明していきたいと思います!

  • 愛称はベンジー!シガレットの煙が似合う浅井健一の魅力溢れる珠玉の5曲を紹介

    愛称はベンジー!シガレットの煙が似合う浅井健一の魅力溢れる珠玉の5曲を紹介

    こういう風に年をとりたい。そんな雰囲気をもつ浅井健一。ベンジーの愛称で親しまれる彼は、その独特な声をひっさげて、ブランキー・ジェット・シティのフロントマンとして90年代のバンドブームをけん引してきました。芸術家肌の浅井は、同業者にもファンが多く、ブランキー解散後も魅了される人が後を絶ちません。...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す