定番のおすすめディレイと使い方

ディレイエフェクターは様々な用途に使えるとても便利なエフェクターでギタリストにとってはまさに必要不可欠といえるでしょう。しかしツマミの詳細や種類はあまり詳しく知らない方も多いのではないでしょうか。

今回はそんなディレイについて解説していきます。

目次

  • ディレイってどんなエフェクター?
  • ディレイについているツマミを解説!
  • いったいいつ使うんだ!ディレイの個性的な使い方!
  • ディレイを買うならこれ!おすすめモデル3選!
    • 使いやすいデジタルディレイ BOSS DD-7
    • アナログサウンドを再現!MXR Carbon Copy Analog Delay
    • 高品質なサウンドを!Strymon TIME LINE
  • まとめ

ディレイってどんなエフェクター?

ディレイ(Delay)とは入力された信号を設定された分遅らせて出力するエフェクターです。

深めにかけてリバーブのような残響音を出したり、U2や凛として時雨のような音が連なって聴こえる付点8分ディレイといった用途から、ダブリングとして使いバッキングに重厚感を出したり、ギターソロ時にかければ伸びやかなリードサウンドを奏でることもできるギタリスト必携のアイテムです。

アナログディレイ?デジタルディレイ?

ディレイエフェクターには大きく分けて2つのタイプがあります。

BBD素子を回路に組み込んだアナログディレイとDSPを組み込んだデジタルディレイです。

下記に特徴を表でまとめたので御覧ください。

ディレイタイムあたたかみクリアさ
デジタルディレイ長め
アナログディレイ短め

ディレイ音が劣化しないデジタルディレイはクリアなエコー音が必要な付点8分ディレイ奏法や打ち込みやデジタルなサウンドが多い環境での使用に適しています。

逆にディレイ音が劣化していくアナログディレイはオーソドックスなバンド編成でギターソロなどを弾く時にディレイ音がアンサンブルに溶け込みフレージングを邪魔しないのでアンサンブルから浮かないナチュラルなリードサウンドになります。

ディレイについているツマミを解説!

さぁそれではいよいよディレイの使い方です。ここでは各メーカーでよく使われる共通のツマミについて解説していきます。

Delay Time(ディレイタイム)

ディレイ音がいつ出力されるかを決めるツマミです。

基本的にms(ミリセコンド)で表されます。1秒が1000msです。

Feedback(フィードバック)

ディレイ音が何回出力されるかを決めるツマミです。

ツマミを最小にすれば1回のみ、最大にすれば…

Effect level(エフェクトレベル)

エフェクトレベルはMIXなどとも表され原音に対してディレイ音をどれだけ混ぜるかを決めるツマミです。

最小にすれば原音のみ、最大にすればディレイ音のみ、真ん中にすれば原音とディレイ音が同じ音量で出力されます。

基本的には真ん中よりも小さく使うことが多いですね。

いったいいつ使うんだ!ディレイの個性的な使い方!

ディレイには他の使い方があります。これがまた個性的で、その名も「発振」です。

先程説明したフィードバックのつまみを上げ過ぎると、ディレイ音が減衰せずにどんどん次のディレイ音につながっていきます。最後にはギターから手を離しても永遠に音が出続けるノイズマシーンと化します。これが「発振」です。

基本的に推奨外の使い方ですが、ノイジーなポストロックなどではあえて発振させ独特の世界観を演出しています。

ディレイを買うならこれ!おすすめモデル3選!

使いやすいデジタルディレイ BOSS DD-7

コンパクトエフェクターの定番メーカー、BOSSによりデジタルディレイDD-7は最大6400msの強力なディレイタイムをもつエフェクターで、アナログディレイをシミュレートしたANALOGモードやリバースディレイモード、ディレイ音に揺らし機能を加えるモジュレーションディレイモードなど幅広く使えるディレイペダルです。

ディレイ音もクセがなく扱いやすいため最初の1台としてもおすすめです!

 アナログサウンドを再現!MXR Carbon Copy Analog Delay

複写などでよく使われるカーボンコピーをその名に冠したCarbon Copyはコンパクトアナログディレイのなかでもとても高い評価を受けているエフェクターです。

幻想的なアルペジオから唸り上げるようなリードサウンドまで使えるディレイサウンドはプロにも愛用されるお墨付きです!

高品質なサウンドを!Strymon TIME LINE

空間系フェクターの頂点とも評されるStrymonによる12タイプのディレイサウンドを内蔵したマルチディレイエフェクターです。

クリアーなデジタルディレイから、暖かみのあるナチュラルなテープエコー、包み込むようなshimmerサウンドまで使用するギタリストによって幾重にも表情を変える理想的なディレイエフェクターでありながら、MIDIやエクスプレッションペダル端子も備え使い勝手も万全です!

まとめ

いかがだったでしょうか。まとめるとディレイとは

  • 音を遅らせるエフェクター
  • リードトーンやバッキングなど幅広く使える!
  • 暖かみのあるアナログディレイとディレイ音が劣化しないデジタルディレイの2種類がある

といった感じでしょうか。

ディレイエフェクターはギタリスト必携のエフェクターかと思います!是非一度チェックしてみてください。

この記事に関連する商品

  • BOSSのエフェクター、OD-2を徹底解説!【TURBO Over Drive】

    BOSSのエフェクター、OD-2を徹底解説!【TURBO Over Drive】

    ギタリストの定番エフェクターといえば、歪み系のオーバードライブではないでしょうか。どんな音楽ジャンルでもマルチに活躍してくれるエフェクターとして人気があります。ここの記事では、BOSSのエフェクター、OD-2 TURBO Over Driven特徴と仕様・スペックについて紹介していきます!

  • 塗装1つで音が変わる!ギター塗装の基礎知識解説!

    塗装1つで音が変わる!ギター塗装の基礎知識解説!

    美しい杢目のギターは、それだけで芸術品ですよね。杢目を活かしたデザインの塗装などが注目される昨今ですが、そもそも塗装というのは何のためにやるのでしょうか?ラッカー塗装とポリ塗装でも音が違うと言われますが、何がどう違うのでしょうか。この記事ではそんな塗装による見た目やサウンドの違いなどについてま...

  • 場面で使い分けよう!オーバードライブの使い方

    場面で使い分けよう!オーバードライブの使い方

    みなさんが最初に手にしたエフェクターはなんですか。歪み系/オーバードライブと答える方は少なくないのではないでしょうか。その音色はシンプルであり、ギターの最もベーシックなサウンドと言っても言い過ぎではないでしょう。多くの人がその音色に魅了されてきたと同時に、オーバードライブを使って様々な手法も生...

  • 再結成したザ・バンドのギタリストはチューブアンプを使用するジム・ウィーダー

    再結成したザ・バンドのギタリストはチューブアンプを使用するジム・ウィーダー

    1985年にサザンロックの代表格“ザ・バンド”の再結成に参加したジム・ウィーダー。オリジナルメンバーのロビー・ロバートソンとはひと味違うプレイでバンドのギターサウンドを引っ張りました。ナッシュビルやアトランタでスタジオミュージシャンとして始まった彼のキャリアとチューブアンプを用いた彼の骨太ギタ...

  • ジョン・レノンの使用ギター&おすすめ代表曲3選!今こそ彼の魅力を知ろう!

    ジョン・レノンの使用ギター&おすすめ代表曲3選!今こそ彼の魅力を知ろう!

    ジョン・レノン(John Lennon)はイギリス出身のミュージシャン。彼の名前を聞いて知らない人はいませんよね!かの有名なバンド、ビートルズのメンバーでボーカルとギターを担当していました。オノ・ヨーコさんと結婚したことでも話題を呼びましたよね!今回はジョン・レノンの使用機材、主にギターに着目...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す