【年代別】ギブソンのシリアルナンバーと製造年度一覧

長い間人気メーカーとして数々のギターを製造しているギブソンは、所有している方や憧れを持っている方が多いでしょう。中古や先代から使用しているものを持っている方は、自分の持っている楽器はいつ製造されたものなのだろうと気になったことはありませんか?またこれから購入を考えている方は、この年代のものが欲しいと思っても見た目で判断するのはプロでも難しいことです。そんな方にまず知っておいてほしいことはシリアルナンバーである程度特定することができるということです。

それではギブソンレギュラーラインとヴィンテージのシリアルナンバーについてご紹介しましょう。

目次

  • 年代によってはわかりにくい?! ギブソンのシリアルナンバーの見方
  • 100周年の1994年は例外
  • レギュラーラインのシリアルナンバー年度別一覧
  • ヴィンテージギターのシリアルナンバー年度別一覧

年代によってはわかりにくい?! ギブソンのシリアルナンバーの見方

ギブソン社は長い歴史をもつギターメーカーとしてさまざまなギターを製造してきました。

そのためシリアルナンバーの見方はモデルや年代によって大きく変わり、すべてを覚えるのは困難なくらいわかれています。

桁も年代によって変わるため一定数ではありませんが、最近はとても見やすいシリアルナンバーとなりました。

シリアルナンバーは機種によって記載されている場所が異なり、ネック裏だったりホロウボディは中にラベルが貼ってあるなどさまざまです。

ギブソンのシリアルナンバーは年代が古くなると整っていないこともあるので、物によっては何年製造なのか判断がつきにくいこともあります。

レギュラーラインのシリアルナンバー年度別一覧

それではレギュラーラインのシリアルナンバーからみていきましょう。

2005年7月頃から現行モデルまで

9ケタの数字に統一されている

現在のモデルはかなり分かりやすくなっています。

桁は9ケタの数字からなり、形式は年日日日年番番番番となります。

詳しく説明しましょう。

1桁目は年号の十の位、5桁目は一の位です。

2桁目から4桁目はその年の何日目に製造されたかを表します。

そして6桁目から9桁目はその日の何本目に造られたかを表しています。

下3桁には301から999の数字が入り、その日に700本を超える本数が造られると6桁目の数字がひとつずつ上がります。

例えば2015年7月19日の900本目のギターの場合、シリアルナンバーは120051500となります。

1977年から2005年7月頃まで

8ケタの数字

この期間のシリアルナンバーは8桁となります。

このころから段々と読みやすいシリアルナンバーとなりました。

この8桁からは製造年、製造日、その日の製造順と製造工場までわかります。

形式は年日日日年番番番です。

詳しく解説すると、1桁目から5桁目までは9桁のシリアルナンバーと読み方は変わりません。

そして下3桁でその日の生産順と製造工場までわかります。

製造工場の見方は少し複雑ですが詳しくご紹介します。

製造工場の見方

工場の廃止で複雑になっている部分もありますが、しっかり読むことができれば愛用楽器の誕生日から製造工場までわかりますよ。

まず1977年から1989年までのシリアルナンバーについてです。

001から始まるナンバーと500から始まるナンバーにわかれます。

001から499までのナンバーはカラマズー工場で製造された個体で、500から999までのナンバーはナッシュビル工場で製造された個体となります。

ナンバー工場
001~499カラマズー工場
500~999ナッシュビル工場

それぞれその数字からその日製造された番号へ増えていく形になります。

ですが例外があります。

1984年にカラマズー工場の廃止により001から499までのナンバーが使われていませんでした。

その後1989年にモンタナ工場で製造が始まり、それに伴って製造番号も変更となります。

001から299まではモンタナ工場で製造された個体、300から999までのナンバーはナッシュビル工場で製造された個体となります。

年代によってわかれますので必ず確認してから読みましょう。

1975年から1977年まで

この期間も8桁のシリアルナンバーで構成されていますが読み方は異なります。

頭2桁で製造された年代がわかり、残り6桁が製造場番号となります。

75年製は99、76年製は00、77年製は06となります。

100周年の1994年は例外

ギブソン100周年にあたる1994年は8桁のシリアルナンバーではありますが、読み方の違う特別なナンバーが贈られています。

94年に造られたギターは94から始まるシリアルナンバーがふられています。

その後6桁は製造順の番号がふられているので製造日を特定することはできません。

ですが記念すべき100周年のギターを持っているというだけで特別感がありますね。

ヴィンテージギターのシリアルナンバー年度別一覧

それでは続けて1960年から1975年製のヴィンテージギターについてみてみましょう。

ここではとても複雑な60年代と70年から75年のふたつにわけてご紹介します。

一番複雑?!60年代シリアルナンバー一覧

60年代のシリアルナンバーは年によって使われている数字や桁が変わっているため大変読みにくくなっています。

そのため各年ごとでご紹介していきます。

製造年度シリアルナンバー
1961年製100~42440
1962年製42441~61180
1963年製61450~64222、96601~99999、106100~108999、110000~111549、115800~118299、121000~139999、140101~144304、144381~149864、149892~152989
1964年製64240~71040、149865~149891、152990~174222、176644~250335
1963~1964年製144305~144380
1962~1964年製71041~96600
1965年製250336~305983、311000~320149、320700~329179、332241~348029、349121~368638、501009~501600
1964~1965年製174223~176643
1966年製 348093~349100、368640~369890、400001~406666、409671~410900、420000~429193、555000~556909、570087~570643、570857~570964、820088~823830
 1967年製 000001~099999、320150~320699、390000~390998、859001~895038
1963/1967年製 100000~106099、109000~109999、111550~115799、118300~120999、140000~140100
 1965/1967年製 306000~310999、329180~330199
 1966/1967年製 570645~570755、700000~700799
 1968年製 501601~501702、503010~503109、520956~530056、895039~896999、899000~899999、910000~999999
1965/1968年製 501703~502706、503405~520955
1965/1967/1968年製 330200~332240
1966/1967/1968年製 406667~409670、600000~600998
 1966/1969年製 540000~540795、801000~812838、820000~820087、828002~847488、847499~858999
 1967/1969年製 897000~898999
 1966/1968/1969年製 530061~530850
 1966/1967/1969年製 580086~580999
 1965/1966/1968/1969年製 500000~500999
 1966/1967/1968/1969年製 800000~800999
 1968/1969年製 530851~530993、750000~750999
 1969年製 530994~539999、540796~545009、558012~567400、580000~580080、606000~606090、812900~819999、824000~824999
 1970年製 900000~901999

まだ見やすい?!70年から75年シリアルナンバー一覧

それでは次に70年から75年までのシリアルナンバーを見てみましょう。

60年代と同じく年を断定することは難しくなっていますが、ナンバーはそこまでバラつきはなく読みやすくなっています。

製造年度シリアルナンバー
1970~1975年製1*****S
1970~1972年製7*****S、9*****S
1973年製0*****S
1973~1975年製2*****S、8*****S
1974~1975年製3*****S、4*****S、5*****S
1970/1971/1972/1974/1975年製6*****S
1970年製数字6桁+A
1973年~1975年製A+数字6桁
1974年製、1975年製B~F+数字6桁

あなたのギターは何年製?

いかがでしたでしょうか?

複雑なシリアルナンバーや製造年が断定できない年代もありますが、いつ造られたのか少しでもわかるとワクワクしますね。

ぜひ眠っているギターや気になっているギターのシリアルナンバーを確認してみてください。

この記事に関連する商品

  • アンプだけが主力じゃない!VOXの特徴と人気ペダル

    アンプだけが主力じゃない!VOXの特徴と人気ペダル

    VOXはエフェクターに限らずアンプやギター・ベースを製造しているイギリスのメーカーです。一昔前にアニメ「けいおん」が流行した際には各キャラクターをイメージしたamPlugシリーズが登場して話題になっていましたよね。マルチエフェクター、コンパクトエフェクター、ワウペダルなど様々なアイテムがリリー...

  • アナログな音が魅力!真空管アンプの特徴と種類

    アナログな音が魅力!真空管アンプの特徴と種類

    アンプにも作りの違いから真空管アンプとトランジスタアンプの二種類があります。現在の主流はトランジスタアンプですが、真空管アンプも根強い人気を誇っています。一体何が真空管アンプの魅力なのでしょうか?この記事では、真空管アンプの特徴や種類をご紹介します。

  • 究極の1本!!マーティンのD45の特徴と代表モデル

    究極の1本!!マーティンのD45の特徴と代表モデル

    アコースティックギター(以下アコギ)の中で、究極の1本は何か…時にそんなテーマでアコギを探す時はありませんか。そして、何本かのアコギが候補に出てきますが、結局結論は出てこないと思います。そう、どのアコギも全ていいからです。しかし、そんな結論のない問いの答えを導きだそうと1人で、またはアコギ好き...

  • 全てを満たす!Kヤイリハイエンドシリーズの特徴と種類を紹介!

    全てを満たす!Kヤイリハイエンドシリーズの特徴と種類を紹介!

    日本が誇るアコースティックギター(以下アコギ)を生産しているKヤイリ。岐阜県の工場でハンドメイドにこだわり、職人の手によって、1日20本から30本の生産数で現在もこだわりのアコギが生産されています。創業者矢入一男が2014年になくなってしまいましたが、今もその信念、こだわりが受け継がれたアコギ...

  • BOSSのエフェクター、SD-1を徹底解説!【SUPER Over Drive】

    BOSSのエフェクター、SD-1を徹底解説!【SUPER Over Drive】

    ギターのエフェクターと言えば、歪み系のエフェクターをはじめに思い浮かべるのではないでしょうか。歪み系の中でもマルチに活躍してくれるのがオーバードライブというエフェクターです。ここの記事では、そんな定番のエフェクター、BOSSのSD-1の特徴と仕様・スペックについて紹介していきます!!

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す