ワイドストレッチを駆使したフィンガリングで個性的なソロを展開するジェイク・E・リー

リッチー・ブラックモアの後にディープ・パープルに加入したトミー・ボーリンやジミー・ペイジに憧れ、自身もランディー・ローズの後任ギタリストとしてオジー・オズ・ボーン・バンドに加入したジェイク・E・リー。激しくもキッチリ構成されたギターソロは圧巻の一言。今回は彼のキャリアや愛用するフェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)に迫ります。

目次

  • アメリカ  ヴァージニア州ノーフォーク出身のギタリスト
  • 1983年  ランディー・ローズの後任としてオジー・オズ・ボーンに加入
  • ワイドストレッチによるフィンガリング
  • フェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)

アメリカ ヴァージニア州ノーフォーク出身のギタリスト

1957年にアメリカのヴァージニア州はノーフォークに生まれたジェイク・E・リー。ウェールズ人の父と日本人の母のもとに生まれたリーは6歳になりピアノを習い始め、9歳でギターも弾き始めます。

15歳になると、ロックにハマりギター1本に絞ると、ジミー・ペイジやリッチー・ブラックモア、未来の自分と同じくリッチーに変わりディープ・パープルに加入するトミー・ボーリンらのギタープレイをコピーします。

1983年 ランディー・ローズの後任としてオジー・オズ・ボーンに加入

Lets see those Christmas Charvels and Jacksons! #Charvel #jacksonguitars #jakeelee

@vintage_charvel_guitarsがシェアした投稿 -

青年期まで過ごしたサンディエゴからロサンゼルスに移ると、ミッキー・ラットやラフ・カットなどのバンド活動をおこなっていたリーは、1982年に急逝したランディー・ローズの後任ギタリストを探すオジー・オズ・ボーン・バンドのオーディションを受けて無事に合格、1983年にバンドに加入し、早速ヨーロッパツアーに参加しました。

加入して最初のアルバム『BARK  AT  THE  MOON』(1983)では鋭いリフと激しいソロを披露し、存在感を示しています。

翌年の1984年には初の来日公演も実現しました。

1986年に、オジーのバンドを抜けると、1989年、のちにKISSで活躍するドラマーのエリック・シンガーらとブルースをベースにしたハードロック・サウンドが特徴のバッド・ランズを結成し、バンド名を冠したアルバム『BADLANDS』(1989)をリリースしました。

ワイドストレッチによるフィンガリング

@reddragoncartel @charvelusa @evhgear @zakkwyldebls @ozzyosbourne #jakeelee #ozzy #charvelguitar

AllThatShredsさん(@allthatshreds)がシェアした投稿 -

リーのプレイスタイルは、単なる早弾きではなくワイドストレッチによるフィンガリングから繰り出される、オリジナリティー溢れるサウンドです。ソロもただ単に激しいのではなく、構成が練られたもので聴けば聴くほど引き込まれる、1980年代のヘビーメタルやハードロックでは珍しいタイプのギタリストです。

フェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)

オジー・オズ・ボーン・バンド時代にはフェンダー・ストラトキャスター(ノントレモロ)を使用していたジェイク・E・リーは、ギブソンSG・ジュニアや同じくギブソンのレス・ポール・ジュニアなども使用しています。

この記事に関連する商品

  • “ローランド・レディ”も使いこなすシンセサイザー&ギターの体現者  フィル・マンザネラ

    “ローランド・レディ”も使いこなすシンセサイザー&ギターの体現者 フィル・マンザネラ

    ロキシー・ミュージックにギタリストとして加入したフィル・マンザネラは1980年代に入つて世界が、シンセサイザーを用いた煌びやかなサウンドに変遷する10年近く前にはギターとシンセサイザーを活かしたキャッチーなロックサウンドを模索していました。そんな彼のロキシー・ミュージック時代から名作ソロアルバ...

  • sugiエレキベースのアクティブタイプの特徴を解説

    sugiエレキベースのアクティブタイプの特徴を解説

    「sugi」には日本人による日本人らしいベースで楽器のクオリティやサウンドメイクは絶品です。さて、前回の記事では主にパッシブ使用のベースが多くアクティブタイプをお探しの方などに、「sugi」のアクティブベースの手に入れ方やスペックなど徹底的に解説していきます。「sugi」は一点物なのでなかなか...

  • 【シリーズ別!】アイバニーズRGの解説とおすすめモデル

    【シリーズ別!】アイバニーズRGの解説とおすすめモデル

    アイバニーズ(Ibanez)が日本のメーカーということは、少しギターをかじったことがある方ならご存知かと思います。日本の楽器メーカーである星野楽器のギターやベースに名を冠されるブランドです。過去にはイバニーズと呼ばれていたこともありますが、現在ではアイバニーズという呼称に統一されています。この...

  • ダンスミュージック世代の新しい音楽感。今注目すべきバンド「D.A.N.」のおすすめ曲

    ダンスミュージック世代の新しい音楽感。今注目すべきバンド「D.A.N.」のおすすめ曲

    クールでドライ、そんな言葉がイメージされるバンド「D.A.N.」の存在をあなたはご存知でしょうか。ダンスミュージックから影響を受けたユニークなサウンドを奏でる彼らは、今後注目すべきバンドの一つと言われています。現代のラウドロックバンド、エレクトロ系ダンスミュージックなどの音楽とはかけ離れた、静...

  • 唯一無二のアコギがここにある!ヘッドウェイカスタムショップの特徴と代表モデル

    唯一無二のアコギがここにある!ヘッドウェイカスタムショップの特徴と代表モデル

    ヘッドウェイのアコースティックギター(以下アコギ)を語るときに、百瀬恭夫という男の存在を欠かすわけにはいきません。 家具職人として働いていた百瀬がギターの世界に足を踏み入れたのは1964年、20歳の時です。日本のギター界にとって、ヘッドウェイのアコギを語る上で、百瀬の存在は大きすぎるくらいです...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す