塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

アイリッシュ・ギタリストとして活躍を続けたロリー・ギャラガー。ブルースをベーシックにしたプレイスタイルで、エリック・クラプトン率いるクリームの解散コンサートでオープニングアクトを務めたり、1974年にミック・テイラーの抜けたザ・ローリング・ストーンズや1945年にリッチー・ブラックモアの抜けたディープ・パープルの後任メンバー候補になるなど音楽関係者からも非常に高い評価を得ていた彼の魅力に迫ります。

目次

  • アイランド  バリーシャノン出身のギタリスト
  • 1966年  テイスト結成
  • 1972年  Melody  Maker誌の選ぶベストギタリストに選出される
  • スライドプレイやピッキングハーモニクスを駆使したプレイ/フェンダー・ストラトキャスター(1961年製)

アイランド バリーシャノン出身のギタリスト

Live in Europe ==The best== #rorygallagher ❤

Citybrewery Ostendさん(@stadsbrouwerij_oostende)がシェアした投稿 -

1948年にアイルランドのバリーシャノンで生まれたロリー・ギャラガー。6歳で早くも音楽の魅力にとりつかれ、エルビス・プレスリーやチャック・ベリーなどのいわゆるロックンローラーに強い憧れを抱きます。

9歳になると独学でギターの練習を始め、みるみるうちに技術を向上しました。そうするうちにショーマン・バンドの一員としてヨーロッパをサーキットするようになるとブルースにのめり込みました。

1966年 テイスト結成

#rorygallagher #Irishblues #fender #oneofthebest ...an overwhelmingly underrated artist in the blues genre. A true legend.

Colin Patchettさん(@earlpatchett)がシェアした投稿 -

1966年になると自らのバンドであるテイストを結成し、メンバーの入れ替えを経た1969年には、イギリスを代表する音楽の聖地、ロイヤル・アルバート・ホールでおこなわれたエリック・クラプトン率いるクリームの解散コンサートでオープニングアクトを務めました。

クリームのオープニングアクトを経験したテイストは、バンド名を冠したアルバム『TASTE』(1969)でデビューを果たし、“ポストクリーム”と称されるようになります。

また、1970年におこなわれ、ジミ・ヘンドリックスやザ・フーなども出演したイギリス  ワイト島フェスティバルでのライブの模様を収録した『LIVE  AT  THE  ISLE  OF  WIGHT』(1972)ではロリーの激しくも味わい深いギタープレイを聴く事が出来ます。

1972年 Melody Maker誌の選ぶベストギタリストに選出される

1970年にテイストが解散して以降は、ソロギタリストとして活動を始め、ヨーロッパツアーでは、ボトルネックギターやマンドリンの演奏なども披露します。

1972年になると、イギリスMelody Maker誌の選ぶベストギタリスト部門で1位に選出されるまでになりました。ちなみに前年の1971年にはオランダ人ギタリストのヤン・アッカーマンが、それまで10年連続で1位に選出されていたエリック・クラプトン(1961〜1970)を差し置いて1位に選出されています。

スライドプレイやピッキングハーモニクスを駆使したプレイ/フェンダー・ストラトキャスター(1961年製)

Fender Rory Gallagher stratocaster #chitarraelettrica #fender #rorygallagher #lecce #guitarsland

Guitarsland.itさん(@guitarsland.it)がシェアした投稿 -

ブルースをベーシックにしたプレイスタイルのロリー・ギャラガーは、スライドプレイやピッキング・ハーモニクスを駆使した激しくも堅実なギタープレイが特徴です。

また、マンドリンやハーモニカなども演奏する事で知られています。

トレードマークのメインギターは塗装が剥げて、プレイ同様いい味を出しているフェンダー・ストラトキャスター(1961年製)がメインギターです。

この記事に関連する商品

  • 帰国子女のエリートバンド!Alexandrosのおすすめ曲5選!

    帰国子女のエリートバンド!Alexandrosのおすすめ曲5選!

    Alexandrosは2001年に結成された4人組ロックバンドです。ボーカル川上洋平、ベース磯部寛之が帰国子女という異色のバンドマンでそれを生かした巧みな英語詞と音楽性が支持を得ています。2009年にメジャーデビューしてからはCMソングやドラマの主題歌に起用されることも多くなり、音楽番組でもか...

  • ワーミーで有名なデジテックは個性派エフェクターの宝庫

    ワーミーで有名なデジテックは個性派エフェクターの宝庫

    デジテック(DigiTech)はアメリカに拠点をおく、エフェクター、プリアンプ、プロセッサーを製造するメーカーです。デジテック(DigiTech)社からは、ワーミー(Whammy)の他にも革新的で個性的なエフェクターが多数ラインナップされています。その革新的な物作りは、エリック・クランプトンや...

  • アンプだけが主力じゃない!VOXの特徴と人気ペダル

    アンプだけが主力じゃない!VOXの特徴と人気ペダル

    VOXはエフェクターに限らずアンプやギター・ベースを製造しているイギリスのメーカーです。一昔前にアニメ「けいおん」が流行した際には各キャラクターをイメージしたamPlugシリーズが登場して話題になっていましたよね。マルチエフェクター、コンパクトエフェクター、ワウペダルなど様々なアイテムがリリー...

  • 良質なサウンドで楽曲を楽しもう!ヘッドホンアンプの使い方

    良質なサウンドで楽曲を楽しもう!ヘッドホンアンプの使い方

    一口にアンプと言っても巷では色々な種類のアンプを見かけます。バンドマンにはおなじみのギターアンプ、ベースアンプ、キーボードアンプ。アンプの部分や機能を指すプリアンプやパワーアンプなど。そんな中で「ヘッドフォンアンプ」と呼ばれる種類のアンプが存在します。普段楽器を弾く人からすれば、アンプ=楽器の...

  • 人気のラージヘッド!フェンダージャパン ST72の特徴と仕様・スペック

    人気のラージヘッド!フェンダージャパン ST72の特徴と仕様・スペック

    フェンダージャパンのストラトキャスターのST72モデルは、モデル名の通り1972年に作られたフェンダーのストラトキャスターのスペックを再現したモデルです!今回はそんなフェンダージャパンのストラトキャスター、「ST72」の特徴と仕様・スペックを紹介していきます!

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す