塗装の剥げたストラトキャスターとともに絶大な存在感を放つロリー・ギャラガー

アイリッシュ・ギタリストとして活躍を続けたロリー・ギャラガー。ブルースをベーシックにしたプレイスタイルで、エリック・クラプトン率いるクリームの解散コンサートでオープニングアクトを務めたり、1974年にミック・テイラーの抜けたザ・ローリング・ストーンズや1945年にリッチー・ブラックモアの抜けたディープ・パープルの後任メンバー候補になるなど音楽関係者からも非常に高い評価を得ていた彼の魅力に迫ります。

目次

  • アイランド  バリーシャノン出身のギタリスト
  • 1966年  テイスト結成
  • 1972年  Melody  Maker誌の選ぶベストギタリストに選出される
  • スライドプレイやピッキングハーモニクスを駆使したプレイ/フェンダー・ストラトキャスター(1961年製)

アイランド バリーシャノン出身のギタリスト

Live in Europe ==The best== #rorygallagher ❤

Citybrewery Ostendさん(@stadsbrouwerij_oostende)がシェアした投稿 -

1948年にアイルランドのバリーシャノンで生まれたロリー・ギャラガー。6歳で早くも音楽の魅力にとりつかれ、エルビス・プレスリーやチャック・ベリーなどのいわゆるロックンローラーに強い憧れを抱きます。

9歳になると独学でギターの練習を始め、みるみるうちに技術を向上しました。そうするうちにショーマン・バンドの一員としてヨーロッパをサーキットするようになるとブルースにのめり込みました。

1966年 テイスト結成

#rorygallagher #Irishblues #fender #oneofthebest ...an overwhelmingly underrated artist in the blues genre. A true legend.

Colin Patchettさん(@earlpatchett)がシェアした投稿 -

1966年になると自らのバンドであるテイストを結成し、メンバーの入れ替えを経た1969年には、イギリスを代表する音楽の聖地、ロイヤル・アルバート・ホールでおこなわれたエリック・クラプトン率いるクリームの解散コンサートでオープニングアクトを務めました。

クリームのオープニングアクトを経験したテイストは、バンド名を冠したアルバム『TASTE』(1969)でデビューを果たし、“ポストクリーム”と称されるようになります。

また、1970年におこなわれ、ジミ・ヘンドリックスやザ・フーなども出演したイギリス  ワイト島フェスティバルでのライブの模様を収録した『LIVE  AT  THE  ISLE  OF  WIGHT』(1972)ではロリーの激しくも味わい深いギタープレイを聴く事が出来ます。

1972年 Melody Maker誌の選ぶベストギタリストに選出される

1970年にテイストが解散して以降は、ソロギタリストとして活動を始め、ヨーロッパツアーでは、ボトルネックギターやマンドリンの演奏なども披露します。

1972年になると、イギリスMelody Maker誌の選ぶベストギタリスト部門で1位に選出されるまでになりました。ちなみに前年の1971年にはオランダ人ギタリストのヤン・アッカーマンが、それまで10年連続で1位に選出されていたエリック・クラプトン(1961〜1970)を差し置いて1位に選出されています。

スライドプレイやピッキングハーモニクスを駆使したプレイ/フェンダー・ストラトキャスター(1961年製)

Fender Rory Gallagher stratocaster #chitarraelettrica #fender #rorygallagher #lecce #guitarsland

Guitarsland.itさん(@guitarsland.it)がシェアした投稿 -

ブルースをベーシックにしたプレイスタイルのロリー・ギャラガーは、スライドプレイやピッキング・ハーモニクスを駆使した激しくも堅実なギタープレイが特徴です。

また、マンドリンやハーモニカなども演奏する事で知られています。

トレードマークのメインギターは塗装が剥げて、プレイ同様いい味を出しているフェンダー・ストラトキャスター(1961年製)がメインギターです。

コードの正しい押さえ方 - Aコードの押さえ方のパターンとポイント

コードの正しい押さえ方 - Aコードの押さえ方のパターンとポイント

Aコードは超基本コードの一つですね。ほとんど全ての教則本に出てきますし、キーがA、Dなどの楽曲でも多く使用される傾向があります。Asus4などのテンションコードと相性がよく、使いやすいコードでもあります。

もはや説明不要!愛と平和の日本語ロックンロールバンド!サンボマスターの必聴5曲!

もはや説明不要!愛と平和の日本語ロックンロールバンド!サンボマスターの必聴5曲!

現在の日本語ロックンロールを語る上で、絶対に、絶対に外せないバンドがあります。それこそがサンボマスターです。サンボマスターの楽曲はドラマやCM、アニメなどのタイアップで一度は耳にしたことがあると思います。彼らのタイアップ曲はポップで明るい印象がありますが、圧倒的な熱量とファンキーでソウルフルな...

シニスター・ゲイツの使用ギター&おすすめ曲3選!様々な奏法で客を虜に!

シニスター・ゲイツの使用ギター&おすすめ曲3選!様々な奏法で客を虜に!

シニスター・ゲイツ(Synyster Gates)はアメリカ出身のギタリストです。アヴェンジド・セブンフォールドのリードギターとして活動しているシニスター。固定された奏法ではなく、様々な奏法で客を魅了することでも有名です。曲によって全く違う表情で演奏するため、見ているだけでワクワクしてしまうよ...

はじめて手にした楽器はアコーディオン!!ストラトキャスターで腕を鳴らすニルス・ロフグレン

はじめて手にした楽器はアコーディオン!!ストラトキャスターで腕を鳴らすニルス・ロフグレン

ローリング・ストーン誌の選ぶ歴史上最も過小評価されている25人のギタリストにおいて25位にランクインした玄人好みのギタリストにして、唯一無二のアーティストとして知られるニール・ヤングや80年代にスタジアムロックの時代を到来させたブルース・スプリングスティーンのバックバンドを務めたニルス・ロフグ...

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

今回はマーティンのD-42を紹介していきます。このD-42はマーティンの40番台のベースとなったモデルです。19世紀末にはその仕様が確立していました。時代に合わせて、若干の変更が施されていますが、長い間、ほとんど仕様が変わらないアコギは探してもなかなかないと思います。このアコギにはマーティンの...

おすすめの記事一覧

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

マーティン40番台が示すもの!マーティンD-42の特徴

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

優しいマーティンサウンド!マーティンD-18の特徴とおすすめモデル

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

本格派はここから!!マーティンD16GTの特徴とおすすめモデル

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

楽器・機材を探す