クラシックを織り交ぜ、ディープ・パープルの格好良さを際立たせたリッチー・ブラックモア

1945年、イギリスで生まれたギタリスト  リッチー・ブラックモアは11歳でギターを始めると、クラシックやロックに影響を受けながらメキメキと腕を上達させます。その後、結成したディープ・パープルはレッド・ツェッペリンと並ぶハードロックを代表するバンドとなりました。そしてバンドの成功を語る上で忘れてはいけないのが、リッチーのギターサウンドです。今回は、彼のギターサウンドや使用するギブソンES-335(1961年製)などをご紹介します。

目次

  • 1945年  イギリスはウェスト・スーパー・メアに生まれる
  • ビッグ・ジム・サリヴァンに師事
  • 1967年  ディープ・パープル結成
  • クラシック&ハードロック/ギブソンES-335(1961年製)

1945年 イギリスはウェスト・スーパー・メアに生まれる

#ritchieblackmore #arenarainbow #london #17 #giugno #deeppurple #rock #legends

LIVE AIDさん(@liveaid)がシェアした投稿 -

1945年にイギリスのウェスト・スーパー・メアに生まれたリッチー・ブラックモアは早々に音楽に興味を抱き、11歳でギターを始めると、同時にクラシックギターのレッスンを受けます。

この時に、クラシックギターを学んだ経験がのちに結成するディープ・パープルでリッチーが取り入れるクラシック音楽の基礎が養われました。

ビッグ・ジム・サリヴァンに師事

14歳になるとエレキギターを手にし、ビッグ・ジム・サリヴァンに師事し、エレキギターの腕もメキメキと上達します。

ギターの腕を磨いたリッチーは、ロンドンはヒースロー空港で技師をしながらバンド活動を始め、本格的に音楽で食べていく決心を固め、本格的に音楽を学ぶべくドイツ  ハンブルクへ渡り、バンドやスタジオミュージシャンとしてプロのギタリストの道を歩み始めました。

1967年 ディープ・パープル結成

1967年になると、キーボーディストのジョン・ロードとラウンドアバウトを結成し、アメリカは西海岸のサンフランシスコで流行していたサイケデリックサウンドをウリにしたディープ・パープルを結成し、アルバム『Hush』(1968)でデビューすると、オリジナルメンバーでは『詩人タリエシンの世界』(1968)やバンド名を冠した『DEEP  PURPLE』(1969)などのアルバムを世に送り出しました。

1975年にバンドを脱退するまで、リッチーは楽曲に、ライブにと自らのギターサウンドをバンドに響かせました。ちなみに、リッチーが抜けた同年、ディープ・パープルにはアメリカ人ギタリストのトミー・ボーリンが加入しました。

クラシック&ハードロック/ギブソンES-335(1961年製)

ディープ・パープルのハードロックサウンドを形成したリッチー・ブラックモアのギタープレイの特徴はクラシックのエッセンスをハードロックに取り入れた点に挙げられます。この流れは、1980年代にイングウェイ・マルムスティーンやトニー・マカパインらが標榜したクラシックとヘビーメタルを融合させたネオクラシカルメタルへと繋がります。

使用ギターは初期に使用していたギブソンES-335やエリック・クラプトンから譲り受けたストラトキャスター(ネックはテレキャスター)などが挙げられます。

また、エフェクターはあまり使用しないタイプのギタリストで、メタリカのカーク・ハメットが愛用している事でも知られているワウペダルくらいしか特殊な機材は使用していません。

この記事に関連する商品

  • 音楽制作をエンターテイメントに「Garageband」の特徴とレビュー

    音楽制作をエンターテイメントに「Garageband」の特徴とレビュー

    Garagebandは、AppleがDTM初心者向けにターゲットを絞ったDAWです。しかし、プロのミュージシャンもデモテープの作成などに使うなど、それなりの機能が揃っています。Garagebandは、当初画像編集ソフト、映像編集ソフトと組み合わされ、iLifeという、総合ソフトブランドの一つと...

  • 【全年代別】フェンダージャパンのシリアルナンバーと製造年度一覧表

    【全年代別】フェンダージャパンのシリアルナンバーと製造年度一覧表

    みなさんはエレキギターにシリアルナンバーがあるのはご存知でしょうか?さすがにシリアルナンバーに関して知っている方は多いと思います。どのギターにも1本1本個別のシリアルナンバーがつけられていますが、フェンダージャパン(fender japan)製のエレキギターはその英数字を元にギターの製造年度が...

  • StudioLive AR USBでマルチトラックレコーディング!特徴と使い方

    StudioLive AR USBでマルチトラックレコーディング!特徴と使い方

    5万円でマルチトラック録音を実現。すごい時代になってきました。マルチトラックレコーディングは、ある意味、ミュージシャンの夢でもあります。パート毎に 分離された、音声や楽器をmixしていく作業は、作曲や編曲、演奏に匹敵するクリエイティブな活動です。それが、数万円の設備で実現する時代になりました。...

  • グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

    グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

    グレッチの代表的かつ人気のモデル「G6120」。同じG6120品番のモデルの中にも多数の仕様が存在します。ロックやロカビリーなどを中心に愛用され続ける理由とは何か?G6120のサウンドや魅了はどういったものか?更には中古での購入でのポイントなど、G6120にご興味のある全ての方に向け、ご紹介さ...

  • ギターはピック1つで音が変わる!ピックの種類と特徴

    ギターはピック1つで音が変わる!ピックの種類と特徴

    エレキギターを使っている方なら、ピックを使っていると思います。では、そのピックは自分にあったものを使っていますか?なんとなくで買ったピックを使っていませんか?ピックは、形状・厚み・素材によってサウンドを変化させます。プロもその音楽などによって使い分けたりする大切なギターの一部です。今回は、小さ...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す