多彩な左利き用ギターを逆さにして弾くエアロスミスのギタリスト ジョー・ペリー

ある日の夜中、エアロスミス日本公演のCMを見ていたんです。もちろんバンドの顔であるスティーヴン・タイラーとともに、出演していたのがジョー・ペリー。「日本の“皆さん”に会えるのを楽しみにしてます。」という教科書通りのコメントを終えたスティーヴン・タイラーに掛けた一言が「よく出来ました。」・・・。それはそれはカッコ良かったです。という訳で今回は、ジョー・ペリーのキャリア、左利き用ギターを逆さにして弾くプレイスタイルや多彩なギター陣をご紹介します。

目次

  • マサチューセッツ生まれのギタリスト
  • “トキシックツインズ”の邂逅  1970年  エアロスミス結成
  • 左利き用ギターを逆さにして弦を逆さに張り替えて使用
  • ステージにズラリと並ぶ多彩なギター

マサチューセッツ生まれのギタリスト

#Repost @zwhitford ・・・ #JoePerry in #BuenosAires, #Argentina #Aerosmith

Joe Perryさん(@joeperryofficial)がシェアした投稿 -

アメリカは、マサチューセッツに生まれた1980年代を代表するギタリストのジョー・ペリー。叔父が作ったウクレレで音楽にハマり、すぐにギターに興味を持ちます。エリック・クラプトンが抜けた後に、ジェフ・ベックやジミー・ペイジが加入したヤードバーズに影響を受け、特にジェフ・ベックが自身の目標となりプロのギタリストを志します。

“トキシックツインズ”の邂逅  1970年 エアロスミス結成

#Repost @zwhitford ・・・ #StevenTyler & #JoePerry #ToxicTwins #Lima, #Peru #myfujifilm #fujifilmx_us #fujifilm_xseries #Aerosmith

Joe Perryさん(@joeperryofficial)がシェアした投稿 -

#Repost @zwhitford ・・・ The #ToxicTwins during a soundcheck in #Bogota, #Colombia #JoePerry #StevenTyler @aerosmith

Joe Perryさん(@joeperryofficial)がシェアした投稿 -

働きながらバンド活動をしていたペリーは、当時、チェーン・リアクションのボーカル兼ドラマーとして地元で活躍していたスティーヴン・タイラーに声を掛けられ、行動をともにします。これが、後に“トキシックツインズ”として愛されるスティーヴン・タイラーとジョー・ペリーの出会いです。

その後、新たにドラマーのジョーイ・クレイマーが加入し、彼の命名でバンド名は“エアロスミス”に決まったのが、1970年の出来事です。

結成から3年後、バンド名を冠したアルバム『AEROSMITH(野獣生誕)』(1973)でデビューを飾ります。その後、名実ともにアメリカを代表するロックバンドとなったエアロスミスは、KISSやQUEENと肩を並べ紹介されるようになります。

左利き用ギターを逆さにして弦を逆さに張り替えて使用

ジョー・ペリーは、右利きでありながら左利き用のギターを逆さにして、弦を逆さに張り替えて使用します。これはアルバート・キングやジミ・ヘンドリックスのリバーススタイル(両者はは左利きでありながら、右利き用のギターをひっくり返して使用)という事になります。

また、ジャンルという意味では、憧れのヤードバーズがブルースをベーシックにしたサウンドだった事もあり、ギタリストとしてはオーソドックスなブルースとロックを基調にしたスタイルです。

ステージにズラリと並ぶ多彩なギター

#Repost @zwhitford ・・・ Admiral #JoePerry in #Cordoba, Argentina #Aerosmith #fujifilm_xseries #fujifilmx_us #Fujifilm

Joe Perryさん(@joeperryofficial)がシェアした投稿 -

ジョー・ペリーは使用するギターがあまりにも多く、現在でも1ステージに数10本のギターがセットされているほどなので、いくつかのギターを抜粋してご紹介します。

6弦目をベースの弦に張り替え、オープンAにチューニングしたダン・アームストロングやビル・ローレンス(プロトタイプ)、ギブソン・ファイヤーバードなどが挙げられます。

また、B.B.キングの“ルシール”を模したギブソン・ギターも使用しています。

この記事に関連する商品

  • アイバニーズベースNo.1のアタック! ATK(Attack)シリーズ

    アイバニーズベースNo.1のアタック! ATK(Attack)シリーズ

    HR/HMなどテクニカルなギタープレイヤーに人気の"RG"シリーズやスティーブ・ヴァイ、ジョー・サトリアーニ、ポール・ギルバートなどのシグネイチャーモデルの開発。またジョージ・ベンソンやパット・メセニーなどのジャズプレイヤーに支持されるアーチトップギター。日本発のブランドで海外でも高い支持を集...

  • EDM、DJ界の重鎮『Tiësto』とオススメ曲、定番曲

    EDM、DJ界の重鎮『Tiësto』とオススメ曲、定番曲

    皆さんはTiësto(ティエスト)というアーティストを知っていますか?数々のビッグフェスには必ず出演し、トリも務める程のビッグDJで、史上初めてオリンピックでパフォーマンスしたDJでもあり、様々なアーティストがその姿を見て魅了されました。その中の一人に、あのマーティンギャリックスも居ました。数...

  • イカしたフォルムが魅力的!変形ギターとは何か?特徴と一覧で紹介!

    イカしたフォルムが魅力的!変形ギターとは何か?特徴と一覧で紹介!

    ギターを買おうと思うとき、まずはオーソドックスなレスポールやストラトキャスター、テレキャスターなどを考慮に入れてみますよね。しかし、ふつうのギターじゃつまらない、そんなあなたにおすすめなのが変形ギターと呼ばれる種類のギターです。この記事では個性的なフォルムが魅力的な変形ギターについて、その特徴...

  • 高機能の日本製ギター イバネスも使用するオリジネーター  スティーヴ・ミラー

    高機能の日本製ギター イバネスも使用するオリジネーター スティーヴ・ミラー

    さまざまなギタリストが輝きを放った1970年代以降。そんな時代にあって独自のセンスとアイデアでトップギタリストの仲間入りを果たしたのが、スティーヴ・ミラーです。チャック・ベリーと共演を果たし、ボズ・スキャッグスとスティーヴ・ミラーバンドで活動、さらにはイーグルスのスタジアムツアーをおこなったミ...

  • ロック界のスタンダードを築いたエドワード・ヴァン・ヘイレン

    ロック界のスタンダードを築いたエドワード・ヴァン・ヘイレン

    エドワード・ヴァン・ヘイレンと聞けば、ピンとくるギタリストは多いでしょう。ハードロックバンド、ヴァン・ヘイレンのギタリストで、「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100人のギタリスト」において2003年は第70位、2011年の改訂版では第8位という扱いを受けているスーパースターの一人で...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す