フェンダーアンプの名機、Bassman(ベースマン)

フェンダーの名機と言われているベースマン。

ベースアンプですが、多くのトップギタリストが使いとても有名なアンプとなりました。

ここの記事では、そんなアンプベースマンの特徴や仕様、リイシューモデルなどをまとめていきたいと思います!

Bassman(ベースマン) / Fenderとは?

http://www.chicagomusicexchange.com/products/

フェンダーの名機といわれるツイードアンプ、Bassman(ベースマン)は名前の通りベース用のアンプとして製作されたものです。

Bassmanという名称から察せられるとおり、じつはベース・アンプとして当初は開発されたのだが、ギタリストに好評を得、いつのまにかギター・アンプということになってしまった。

Bassmanを最高のギター・アンプとするギタリストは数多い。

引用元:wikipedia-フェンダー・アンプ-

ギタリストたちのニーズに応えたBassmanは、最高のギターアンプと言う人は少なくありません!

特に59年製のベースマンは人気が高くリイシューモデルも販売されています。

フェンダー Bassmanの特徴

ベースマンは、ルックスからわかるようにツイードアンプでヴィンテージサウンドが特徴的です。

それでは、詳しくベースマンの特徴をみていきましょう。

ツイードアンプ期の代表モデル

1952年から1960年に生産されたアンプはツイードアンプと呼ばれます。

ツイードアンプとは、旅行カバンなどに使われているツイードを採用したアンプのことです。

このツイードアンプ期に製作されたモデルの中で1番代表的なのがこのベースマンでしょう!

ヴィンテージサウンド「枯れた音」

ベースマンの特徴は、なんといってもヴィンテージ、オールドを感じさせるサウンドですね!

チューブアンプ(真空管アンプ)らしい暖かいサウンドが特徴的です。

このサウンドは、「枯れた音」と表現されあらゆるギタリストたちを魅了しています。

この枯れた音は、昔ながらのロックンロール、ロカビリーなどとの相性が抜群です!

下の動画でベースマンのサウンドが聴けるのでチェックしてみましょう。

オリジナルの59年製のモデルです。

フェンダー リイシューモデル : '59 Bassman LTD

FENDER ( フェンダー ) / '59 BASSMAN LTDhttp://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/36442/

このアンプは、上で説明したツイードアンプ、ベースマンのリイシューモデルです。

低域から高域までバランスの良いサウンドで定番のアンプとされています!

新品でも枯れたサウンドをならしてくれるので好きな人は本当に好きなアンプだと思いますよ。

音色こそ同系統ながらリイシューの方が若干歪み段の彩度が低く、音の重心もわずかに低音側に移った気がしないでもない。

しかし、これは耐久性と管の供給の問題を現代のニーズに最大限適応させたフェンダー社側の配慮であると考えるべきである。

少なくとも、この個体が、時代を超えた究極のフェンダー・トーンを味わうのに何の遜色も無い超ハイ・クオリティな復刻モデルであることは、疑いの余地のない事実である。

引用元:デジマートマガジン-嫡流の遺産〜リイシュー・フェンダー・アンプ-

フェンダー '59 Bassman LTDの仕様・スペック

'59 Bassman LTDの仕様・スペックをみていきましょう。

  • 新品定価:20万円程
  • 中古価格:10万円前後
  • 出力:50W
  • スピーカー:10"×4 JENSEN P10R
  • 真空管:12AX7×3、6L6×2、5AR4×1
  • コントロール:プレゼンス、トレブル、ミドル、ベース、ボリューム(ブライト)、ボリューム(ノーマル)
  • 寸法・重量:56.8H×59.7W×26.7Dcm、24kg

動画で'59 Bassman LTDのサウンドを確認しよう!!

いかがでしたか?

フェンダーのアンプ、ベースマンをまとめると

  • ツイードアンプ
  • 元々はベース用
  • 59年製のモデルが有名
  • 枯れたサウンド
  • ロックンロール・ロカビリーとの相性が良い
  • ベースでも音がだせる

ツイードのルックスと枯れたサウンドが魅力的です!

元々はベースのアンプですので、ベースでも音だせますよ!

フェンダーのアンプを探す

この記事に関連する商品

  • 覚えておきたいエレキギターのネックの木材の種類と特徴

    覚えておきたいエレキギターのネックの木材の種類と特徴

    前回はエレキギターのボディによく使われる木材をピックアップして種類と特徴を説明していきました。当たり前ですが、ギターはボディ材だけでは完成しません。ボディ、ネック、指板、これらが組み合わさって初めて楽器として完成します。というわけで今回はネック材編。よく使われる代表的な木材2種類と特徴をみてい...

  • バンドマンだけじゃない!日本を支える若手ギタリスト5選

    バンドマンだけじゃない!日本を支える若手ギタリスト5選

    ギタリストと聞いてぱっと思い浮かぶのは、有名バンドのギタリストだったり海外の有名ギタリストが多いと思いますが、日本人の若手のギタリストは今驚くほど全体の技術が上がってきており、海外でもかなり評価されるようになって来ました。若手で国内外問わず活躍されている方はたくさんいるのですが、今回は私のおす...

  • g&lベースの特徴とシリーズ徹底比較

    g&lベースの特徴とシリーズ徹底比較

    g&lはエレキギター・エレキベースを開発したレオ・フェンダーとジョージ・フラートンにより設立された楽器メーカーです。設立した年には、ミュージックマン社の楽器デザインを行ったことで話題になり注目されるきっかけになりました。その後にはG&Lミュージックセールス社を設立し、オリジナル...

  • コスパに優れた万能アコギ!KヤイリのKシリーズの特徴と代表モデル

    コスパに優れた万能アコギ!KヤイリのKシリーズの特徴と代表モデル

    Kヤイリにおいて、エンジェルシリーズに次ぐグレードで、コストパフォーマンスに優れたシリーズがこのKシリーズです。Kシリーズもエンジェルシリーズ同様にRF/LO/BLの3種類のボディシェイプがあります。アコギの質、価格面を考えても、Kヤイリのアコギを考えたときに、このシリーズが1番の多くの方の候...

  • ギターの基礎練習にうってつけのオススメフレーズ5本!

    ギターの基礎練習にうってつけのオススメフレーズ5本!

    何事も基礎が大事と言いますが、ギターの基礎練習ってどんなものなのでしょうか。今回は基礎練習についてまとめつつ、オススメの基礎練習フレーズを紹介します!

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す