クリーンなサウンドを言えば!フェンダー TWIN REVERBアンプの特徴まとめ【Fender】

フェンダーのギターアンプと言えば、TWIN REVERB(ツインリバーブ)を思い浮かべる人が多いかと思います!

ツインリバーブはオールチューブのギターアンプで、フェンダー社の特徴となるクリーンサウンドを象徴するアンプです。

ここの記事では、そんなTWIN REVERBのアンプの特徴や仕様をまとめていきます!

TWIN REVERB(ツインリバーブ) / Fenderとは?

FENDER ( フェンダー ) / '65 TWIN REVERBhttp://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/208542/

フェンダー(Fender)のツインリバーブ(Twin Reverb)は、フェンダーの代表的なフルチューブのギターアンプです!

60年代になり、大きな会場でのエレキギターの演奏が一般化し様々な会社が高出力アンプの発売を始めました。

(中略)

Fender TWIN REVERBは60年代に生まれ、そこから90年代にかけて、ブラックフェイス・シルバーフェイス・ツインリバーブⅡ・レッドノブツイン・’65リイシューと幾度も改変をされてきました。

引用元:スタジオラグへおこしやす-元祖クリーンサウンド・真空管ギターアンプ Fender Twin Reverb-

TWIN REVERBの特徴

フェンダーのツインリバーブの特徴といえば、

クリーンサウンドでしょう!

クリーンサウンドは、ナチュラルなギターの音を大きくしたものです。

そんなクリーンサウンドは、ボリュームをあげるとどうしても歪みやすいんですよね。

しかしこのアンプは、しっかりとクリーンサウンドのままに大きくしてくれます。

歪ませたい人には不向きというわけではなく、フラットなサウンドがだせるのでエフェクターの効果もしっかり効かせてくれるアンプなんです!!

TWIN REVERBのモデル

ツインリバーブはいろいろなモデルがあります。

時代によって仕様・スペックが変わっていますので紹介していきます。

ブラックフェイス

ブラックフェイスとは、1963年から1967年に作られたアンプですね!

全面のパネルが黒いのでブラックフェイス、黒パネと呼ばれています。

あまり歪みを必要としないジャズ、カントリーのプレイヤーや、エレクトリック・ピアノ・プレイヤーの好むアンプとなり、歪みを求めるブルースやロックンロールのプレイヤーはよりパワーの低い2x6L6のSuper Reverbやさらにロウ・パワーである2X6V6のDeluxe Reverb、あるいはハイゲインであったツイード時代のアンプを使うことになった。

引用元:wikipedia-フェンダー・アンプ-

http://www.guitar-licks.net/stock.php?id1=amp&id2=0PP1

ブラックフェイス.リイシューモデル : ’65 TWIN REVERB

1992年には、当時の出力と同じ85wで、クリーンなフェンダーらしいサウンドが期待できるリイシューモデルが発売されています。

http://www.digimart.net/magazine/article/2014120301220.html

シルバーフェイス

1968年から1981年に作られたアンプはパネルが黒から白に変更されました。

それがシルバーフェイスで、銀パネとも呼ばれていますね。

ブラックフェイスとは回路が違い、ギラギラとした高域サウンドが特徴です。

http://www.ray-guitar.jp/catalog/amplifier/images/RAM000019-1.jpg

シルバーフェイス.ヴィンテージモディファイモデル : ’68 CUSTOM TWIN REVERB

2013年に発売されたモディファイモデルです。

当初のシルバーフェイスを基にしていますが、仕様の変更はかなりあるのでモディファイですね!

Fender '68 Custom Twinhttp://www.zzounds.com/item--FEN2273000

ツインリバーブⅡ

ツインリバーブⅡは1983年に製造されたフェンダーアンプでルックスはブラックフェイス時代と同じです。

1986年までの製造なので中古市場でもレアなモデルですよ。

http://www.rockin.co.jp/shop/archives/249.html

レッドノブツイン(The Twin)

レッドノブツインは、1987年から1994年に製造されたアンプですね。

本当の名前はThe Twinですが、ルックスからレッドノブツインと呼ばれています。

アウトプットスイッチは25wと100wの出力を選択できます。

http://ja.audiofanzine.com/

いかがでしたか?

ツインリバーブをまとめると、

  • クリーンサウンドが特徴
  • ブラックフェイス、シルバーフェイスが有名

フェンダーのアンプ、ツインリバーブはクリーンサウンドを求めている人にぜひおすすめしたいアンプです!

フェンダーのアンプを探す

 

この記事に関連する商品

種類が豊富!ESPエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

種類が豊富!ESPエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

ESP(イーエスピー)はギタリストならだれもが知っているエレキギターの国内メーカーです。製造ラインナップは幅広くギター以外にも製造・販売しております。また、音楽教育事業にも力を入れているメーカーです。そんなESPが製造している種類一覧とおすすめエレキギターをご紹介します。

フェンダージャパンエクスクルーシブ ストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

フェンダージャパンエクスクルーシブ ストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

フェンダーの新シリーズとして誕生したFender Japan Exclusive seriesはメイドインジャパンのエレキギターです。長年愛されてきた国産シリーズが新たな形で発売されているのです。そこで今回はフェンダージャパンエクスウルーシブのシリーズの中でも定番モデルのストラトキャスターにつ...

今だから知りたい!「天に旅立った偉大なシンガー」カート・コベインの魅力とおすすめ曲3選を紹介!

今だから知りたい!「天に旅立った偉大なシンガー」カート・コベインの魅力とおすすめ曲3選を紹介!

伝説のロックバンド「ニルヴァーナ」の元ボーカルだったカート・コベイン(Kurt Cobain)。シンガーとしてもギタリストとしてもその才能を認められ、世界的にも大人気でした。残念ながら今は天に旅立ってしまいましたが、彼の曲とギターの音は健在です。だからこそ、今聴いておきたい彼のおすすめ曲や魅力...

エレキギター初心者にオススメしたい最初の練習方法まとめ

エレキギター初心者にオススメしたい最初の練習方法まとめ

「さあギターを始めよう!」と思っても、はじめは何から手をつけていいか悩むもの。せっかくやる気なのにどうしていいか分からず始められないのはもったいないことです。そこで、今回はエレキギターマニアによる、ギターを始めた方にぜひ読んでいただきたい記事をまとめました。<blockquote class=...

誰が使ってる?フェンダーのストラトキャスターを使用しているギタリストまとめ

誰が使ってる?フェンダーのストラトキャスターを使用しているギタリストまとめ

フェンダーのストラトと言えば、エレキギターの定番として多くのギタリストに愛されています!ここではそんなストラトキャスターを愛用しているアーティスト、ギタリストを紹介していきます!

おすすめの記事一覧

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

【年代別】エピフォンのシリアルナンバーと製造年度一覧

【年代別】エピフォンのシリアルナンバーと製造年度一覧

グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

楽器大国静岡の星!トーカイ製エレキギターの魅力!!

楽器大国静岡の星!トーカイ製エレキギターの魅力!!

楽器・機材を探す