クリーンなサウンドを言えば!フェンダー TWIN REVERBアンプの特徴

フェンダーのギターアンプと言えば、TWIN REVERB(ツインリバーブ)を思い浮かべる人が多いかと思います!

ツインリバーブはオールチューブのギターアンプで、フェンダー社の特徴となるクリーンサウンドを象徴するアンプです。

ここの記事では、そんなTWIN REVERBのアンプの特徴や仕様をまとめていきます!

TWIN REVERB(ツインリバーブ) / Fenderとは?

FENDER ( フェンダー ) / '65 TWIN REVERBhttp://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/208542/

フェンダー(Fender)のツインリバーブ(Twin Reverb)は、フェンダーの代表的なフルチューブのギターアンプです!

60年代になり、大きな会場でのエレキギターの演奏が一般化し様々な会社が高出力アンプの発売を始めました。

(中略)

Fender TWIN REVERBは60年代に生まれ、そこから90年代にかけて、ブラックフェイス・シルバーフェイス・ツインリバーブⅡ・レッドノブツイン・’65リイシューと幾度も改変をされてきました。

引用元:スタジオラグへおこしやす-元祖クリーンサウンド・真空管ギターアンプ Fender Twin Reverb-

TWIN REVERBの特徴

フェンダーのツインリバーブの特徴といえば、

クリーンサウンドでしょう!

クリーンサウンドは、ナチュラルなギターの音を大きくしたものです。

そんなクリーンサウンドは、ボリュームをあげるとどうしても歪みやすいんですよね。

しかしこのアンプは、しっかりとクリーンサウンドのままに大きくしてくれます。

歪ませたい人には不向きというわけではなく、フラットなサウンドがだせるのでエフェクターの効果もしっかり効かせてくれるアンプなんです!!

TWIN REVERBのモデル

ツインリバーブはいろいろなモデルがあります。

時代によって仕様・スペックが変わっていますので紹介していきます。

ブラックフェイス

ブラックフェイスとは、1963年から1967年に作られたアンプですね!

全面のパネルが黒いのでブラックフェイス、黒パネと呼ばれています。

あまり歪みを必要としないジャズ、カントリーのプレイヤーや、エレクトリック・ピアノ・プレイヤーの好むアンプとなり、歪みを求めるブルースやロックンロールのプレイヤーはよりパワーの低い2x6L6のSuper Reverbやさらにロウ・パワーである2X6V6のDeluxe Reverb、あるいはハイゲインであったツイード時代のアンプを使うことになった。

引用元:wikipedia-フェンダー・アンプ-

http://www.guitar-licks.net/stock.php?id1=amp&id2=0PP1

ブラックフェイス.リイシューモデル : ’65 TWIN REVERB

1992年には、当時の出力と同じ85wで、クリーンなフェンダーらしいサウンドが期待できるリイシューモデルが発売されています。

http://www.digimart.net/magazine/article/2014120301220.html

シルバーフェイス

1968年から1981年に作られたアンプはパネルが黒から白に変更されました。

それがシルバーフェイスで、銀パネとも呼ばれていますね。

ブラックフェイスとは回路が違い、ギラギラとした高域サウンドが特徴です。

http://www.ray-guitar.jp/catalog/amplifier/images/RAM000019-1.jpg

シルバーフェイス.ヴィンテージモディファイモデル : ’68 CUSTOM TWIN REVERB

2013年に発売されたモディファイモデルです。

当初のシルバーフェイスを基にしていますが、仕様の変更はかなりあるのでモディファイですね!

Fender '68 Custom Twinhttp://www.zzounds.com/item--FEN2273000

ツインリバーブⅡ

ツインリバーブⅡは1983年に製造されたフェンダーアンプでルックスはブラックフェイス時代と同じです。

1986年までの製造なので中古市場でもレアなモデルですよ。

http://www.rockin.co.jp/shop/archives/249.html

レッドノブツイン(The Twin)

レッドノブツインは、1987年から1994年に製造されたアンプですね。

本当の名前はThe Twinですが、ルックスからレッドノブツインと呼ばれています。

アウトプットスイッチは25wと100wの出力を選択できます。

http://ja.audiofanzine.com/

いかがでしたか?

ツインリバーブをまとめると、

  • クリーンサウンドが特徴
  • ブラックフェイス、シルバーフェイスが有名

フェンダーのアンプ、ツインリバーブはクリーンサウンドを求めている人にぜひおすすめしたいアンプです!

 

この記事に関連する商品

  • 初心者がエレキベースを始める時に必要なこと

    初心者がエレキベースを始める時に必要なこと

    エレキベースは最近はとても身近な存在になり入門向けのものであれば¥20,000ほどで始めることができるのでとても素敵な趣味になっていますよね。このように安価になってきたことから中高生から始める方がとても多いのではないでしょうか?しかし、始めてみたいと思ってもまず何から始めればいいのか...入門...

  • まだ知らないギターがある。シーガルの特徴と代表モデル

    まだ知らないギターがある。シーガルの特徴と代表モデル

    アコースティックギター(以下アコギ)といえば…と聞かたら、多くのギターブランドが思い浮かびます。しかし、残念ながらその中に今回紹介するシーガルのアコギが真っ先に、もしかしたら、その名前が挙がってくることもないかもしれません。アコギを知らない人であれば、絶対に知らないメーカーです。しかし、それで...

  • Tokai(トーカイ)レスポールの特徴とラインナップを徹底紹介

    Tokai(トーカイ)レスポールの特徴とラインナップを徹底紹介

    純国産レスポールとして、品質が高いと有名なトーカイのレスポールですが、一体どんなところが魅力なのでしょうか?老舗ブランドのGibson(ギブソン)から得た技術や独自のこだわりなど、魅力的な要素をふんだんに織り込んだエレキギターは長年に渡り、多くの支持も得ています。この記事では、トーカイレスポー...

  • ハイエンドギターメーカーが創り出す至高のアンプ!Suhr Ampsの特徴と魅力!

    ハイエンドギターメーカーが創り出す至高のアンプ!Suhr Ampsの特徴と魅力!

    世界最高峰のギターメーカーとして名高いSuhr。創設者であるJohn SuhrはOD-100などの名アンプで有名なCustom Audio Electronicsで働いたこともありSuhrの創り出すアンプはギターと並んで人気の高い製品となっています。今回はそのSuhr Ampsの魅力と特徴につ...

  • 海外でも評価の高いone ok rockに迫る!!魅力満載の3曲を紹介!

    海外でも評価の高いone ok rockに迫る!!魅力満載の3曲を紹介!

    日本のロックンロールバンドの1つのステータスとして海外で評価されるというのがあります。この記事で紹介する one ok rock も間違いなく海外でも評価の高いバンドの一つです。国内ではワンオクの通称で呼ばれる彼らも最初から順風満帆だったわけではありませんでした。それでも確かな演奏力と歌声で着...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す