鳴りの良さに定評あり!Nash Guitarsのおすすめと特徴!

アメリカ、ワシントンで作り上げられるNash Guitars。ヴィンテージギターを踏襲しながらも随所にこだわりを散りばめたギターブランドです。

今回はそのNash Guitarsのおすすめと特徴を解説していきます。

目次

  • Nash Guitarsとは
  • ネック・指板へのこだわり
  • 鳴りの良さに直結するボディ
  • エイジングが施されたニトロセルロースラッカーフィニッシュ
  • ピックアップ
  • まとめ

Nash Guitarsとは

アメリカ、ワシントン州の州都“オリンピア”の郊外、オリンピア空港の程近くにあるギター工房が“Nashguitars”の全てのギター&ベースが作りだす源の工房です。

音楽業界の中心地ロスアンゼルスで生まれ育ったオーナー件ビルダー“Bill Nash(ビル・ナッシュ)”は、幼い頃より本物の音楽に触れる環境で育ち、楽器の売買や修理改造、自らもバンドで活動していたことから多くのビンテージギターと呼ばれる50年代〜70年代のギターのサウンドと傷ついたルックス、フィーリングを実体験から得ました。

当初は自分の使うギターとしてあくまで個人的に製作を行っていましたが、そのギターが話題となり2001年に“Nashguitars”を設立しました。

Jason Lollar製のカスタムワウンドピックアップや全ての工程を手作業で行い、塗装にもニトロセルロース・ラッカー塗装を採用するなど超高級カスタムギターと同等以上のクオリティを持ちながらも、大きな広告宣伝費や訴訟のための弁護士費用などを控え、出来るだけギター作りそのものに必要なコストだけに抑えるようにすることで、比較的求めやすい価格帯とオーダーから約3~4ヶ月で出来上がる速さも魅力です。

ネック・指板へのこだわり

reading material. #selmastudios #nashguitars

Selma Studiosさん(@selmastudios)がシェアした投稿 -

ネックはモデルにより“ Nashguitars”で厳選されたメイプルまたはメイプル/ローズ指板になっています。

 ネックシェイプは、

  • ミディアムC:現在のFenderUSAより若干太め。
  • BOAT:太目のソフトVシェイプ。

の選択が可能です。(ベースモデルはCシェイプのみ。)

BillNash自身がプレイヤーであることから、ネック裏の仕上げにはとくにこだわっており、最初から手に馴染む様に必要な部分に絶妙なエイジド加工が施されています。

メイプルネックは1Pメイプルを使用、ローズウッド指板のモデルはスラブボードを採用しています。

指板のRadiusは10R(254R)なっておりヴィンテージ路線のギターより緩い指板ラディアスになっています。

 フレットには “Dunlop 6105”または同サイズの“ミディアム・ジャンボ・フレット”が使用されています。

ポジションマークは樹脂製のドットポジションマークやクレイドットを使用可能です。

鳴りの良さに直結するボディ

Tele 'till I die. New gear day thanks to @mattsmusiccenter and @brittonnash. . . . #geartalk #ngd #teletuesday #nashguitars #vscocam

Joshua Stipancicさん(@joshuastipancic)がシェアした投稿 -

ボディには Nashguitarsにて厳選されたアッシュ、アルダーを使用しています。

基本的には2ピースのボディ材が使用されています。それらは個体によって選ばれ一番鳴りの良い状態の組み合わせで選択されます。

ボディ自体の“鳴り”“重量”“木目”など、ナッシュギターの極々厳しい基準で選別され、基準に満たないものは一切使われることはありません。

Nash Guitarsは個体差が少ないと言われる所以はここにあるのかもしれません。

エイジングが施されたニトロセルロースラッカーフィニッシュ

塗装はニトロセルロース・ラッカーで塗装されます。

エイジング・レベルは

  • Light
  • Medium
  • Heavey

の3段階で、オプションでExtra-Heavyを選択していただけます。

エイジド以外のフィニッシュはしておりません。これは見た目はもちろん、初めから体に馴染む楽器であること、より塗装を薄く材自体の“トーン”を最大限に生かす事が前提にあるからです。

クラックに関しても、クラックが入らないほど薄く仕上げることで得られる良質なトーンを優先しフィニッシュされています。また、ナッシュギターでは、当時の再現にはこだわっておらず、あくまで“サウンド”と“フィーリング”にこだわって製作されています。

ピックアップ

Nash S-63 sooooo good #nashguitars #stratocaster #strat #guitars #guitatist #guitarporn #srv

David Bさん(@flyfisherx)がシェアした投稿 -

ピックアップにはNashguitars用に設計された“Jason Loller”ハンドワインディング・ピックアップをマウントしています。

オプションで“LindyFralin”や“SeymourDuncan”,“DiMarZio”が選択可能ですが、Nash GuitarsとしてのベストはJason Lollerのようです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

その音質、見た目からヴィンテージ系のギターを求めるプレイヤーは多いですが実際には指板ラディアスなどによりプレイアビリティは決して高いものではなく値段も高額になりがちです。

Nash Guitarsはモダンなエッセンスを加えつつ質感と音質はヴィンテージそのもの。ぜひ一度チェックしてみてください。

  • 今だから知りたい!「天に旅立った偉大なシンガー」カート・コベインの魅力とおすすめ曲3選を紹介!

    今だから知りたい!「天に旅立った偉大なシンガー」カート・コベインの魅力とおすすめ曲3選を紹介!

    伝説のロックバンド「ニルヴァーナ」の元ボーカルだったカート・コベイン(Kurt Cobain)。シンガーとしてもギタリストとしてもその才能を認められ、世界的にも大人気でした。残念ながら今は天に旅立ってしまいましたが、彼の曲とギターの音は健在です。だからこそ、今聴いておきたい彼のおすすめ曲や魅力...

  • ヤマハのおすすめエレキギターと特徴、シリーズ種類一覧

    ヤマハのおすすめエレキギターと特徴、シリーズ種類一覧

    ヤマハと聞くとピアノや音楽教室などが思い浮かびますが、エレキギターも製造しています。ヤマハのエレキギターの人気は高く、様々な製品を作ったノウハウもあるため高い品質のギターを作っています。そんなヤマハエレキギターの特徴や種類、おすすめシリーズをご紹介します。

  • これぞ本物のアコギ・・・!ギルド(GUILD)の特徴と代表モデル

    これぞ本物のアコギ・・・!ギルド(GUILD)の特徴と代表モデル

    テイラーが発展してくるまで、アコースティックギター(以下アコギ)の3大ブランドと言えば、マーティン、ギブソン、そして今回紹介するギルドでした。ギルドは誰もが認めるアコギの最大手メーカー、ブランドであり、多くの有名アーティストも使用しています。楽器店に行けば、多くの店に本数は少なくともギルドのア...

  • J-45スタイルをお手頃に!エピフォンEJ-45を解説!

    J-45スタイルをお手頃に!エピフォンEJ-45を解説!

    歯切れが良く、パワフルなサウンド!アコースティックギターの名器J-45がエピフォンで登場!1942年に発売されてから今もなお人気を誇るアコースティックギターの名器。そのモデルがエピフォンからも発表されましたので、そのスペックを一緒に確認していきましょう!

  • 国産ハイエンド国産ベースブランドの雄!AtlierZの特徴と魅力!

    国産ハイエンド国産ベースブランドの雄!AtlierZの特徴と魅力!

    ベーシストなら誰しも知っているメーカー、AtelierZ。M#245、Beta4など様々なラインナップをもちまたそれぞれに魅力ある個性をもっています。アーティストの使用も多く国産では最も有名なベースメーカーといっても差し支えないでしょう。今回はそのAtelierZの特徴や魅力について解説してい...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す