ザ・ローリング・ストーンズに“加入しなかった”テレキャスターのパイオニア ロイ・ブキャナン

かつてアメリカのテレビで“世界最高の無名ギタリスト”という特集が組まれるほどの隠れた実力者 ロイ・ブキャナン。15歳でプロデビューを果たして以降、ロビー・ロバートソンにギターを指南し、極めつけはブライアン・ジョーンズを欠いたザ・ローリング・ストーンズからメンバー入りを打診されるも断るというなんとも掴み所のない変わったエピソードを持つギタリストに迫ります。

目次

  • アーカンソーに育ち15歳でプロデビュー
  • ザ・ローリング・ストーンズに加入せず
  • “世界最高の無名ギタリスト”
  • “ナンシー”と呼ばれるテレキャスター/ブルースマスター
  • マイペースにギターを奏でる「テレキャス・マスター」

アーカンソーに育ちたい15歳でプロデビュー

アメリカプロバスケットボールリーグ NBAのシカゴブルズで2度の3連覇に貢献したスコッティ・ピッペンの出身地でもあるアーカンソー州に1939年に生まれたロイ・ブキャナン。楽器にハマった多くの少年がそうであるように、ブキャナンもギターにのめり込みました。

ギターを始めてほどなくして15歳でブルースシンガーのジョニー・オーティズのバックバンドとしてプロデビューを果たします。これが1954年の出来事というのも驚きです。

ちなみに1960年になると元々ベーシストだったロビー・ロバートソンにギターを指南しています。

ザ・ローリング・ストーンズに加入せず

Tipping of the hat to this guitar maestro #roybuchanan

Was once @brian.j0nesさん(@stoned.kinks_kinky.stones)がシェアした投稿 -

セッション・ミュージシャンとして一流の腕を振るっていたブキャナンは次第に音楽業界の関係者から注目を集め始めました。1969年になるとリーダーであるブライアン・ジョーンズが抜けたザ・ローリング・ストーンズからメンバー入りの依頼を受けるのです。

今のように「生ける伝説」といわれる類では無いにせよ、ジョン・レノンとポール・マッカートニーのツートップが在籍するザ・ビートルズやジミー・ペイジのギタープレイが光るレッドツェッペリンと並び当時から高い人気を誇っていたザ・ローリング・ストーンズからのこの依頼、なんとブキャナンは断ってしまうのです。

さまざまな風評はあるものの実際の所、どう考えていたかは本人のみぞ知る所です。

“世界最高の無名ギタリスト”

#roybuchanan ロイ・ブキャナンはかっこいい♪

Akira Hasegawaさん(@a.h.1964.ventura)がシェアした投稿 -

ストーンズからのオファーを断ってから2年後の1971年、アメリカでとある特集番組が放送されたのですが、その番組タイトルがなんともアメリカらしいというか非常にストレートで、インパクト十分。その名も“世界最高の無名ギタリスト”。

この番組でブキャナンのキャリアが紹介されるとこれまた注目を浴び、自らの名前を冠したソロ デビューアルバムの『ROY  BUCHANAN』(1972)をリリース、このアルバムにはブキャナンの代表曲でもある『メシアが再び』を収録しています。

しかし、単に無名と言う訳ではなく“世界最高”がつくのは伊達ではありません。1975年にジェフ・ベックがリリースした『Blow  by  Blow』(1975)に収録されている『哀しみの恋人達』は「ロイ・ブキャナンに捧げる」というメッセージがクレジットされました。

1980年代になると自主レーベルのウォーター・ハウスを設立したり、名門ブルース・レーベルのアリゲーターに移籍するなど、自分の音楽に向き合う環境を考え始めます。そしてアリゲーター移籍後にリリースしたアルバム『WHEN  A  GUITAR  PLAYS  THE  BLUES』(1985)はグラミー賞にもノミネートされました。

“ナンシー”と呼ばれるテレキャスター/ブルースマスター

テレキャスターのパイオニアとして知られるロイ・ブキャナンは通称“ナンシー”と呼ばれるフェンダー・テレキャスター(1953年製)を使用しています。

また、フリッツ・ブラザーズのシグニチャーモデル“ロイ・ブキャナン ブルースマスター”も作成しています。

マイペースにギターを奏でる「テレキャス・マスター」

指とピックを同時に弦に当たることによって、奥行きのある音を奏でられるピッキングハーモニクスから繰り出される激しく、美しいギタープレイが魅力の「テレキャスマスター」として活躍したロイ・ブキャナン。マイペースだからこそギタープレイにも“奥行き”があったのでしょう。

この記事に関連する商品

ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

12歳の時には既にプロとして活動していた稀代のギタリスト ピーター・フランプトン。ザ・ハードやハンブル・パイの一員として活躍し、ライブでのバンド編成からアコースティック編成への転換やライブアルバムリリースの第一人者として知られるイギリス人の魅力に迫ります。

ワーウィック エレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

ワーウィック エレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

ワーウィックといえば、アクティブベース、と言えるメーカーです。演奏性も高く、ルックスも抜群のワーウィックのエレキベースは、ロック系のバンドでよく見かけます。この記事では、そんなワーウィックエレキベースの特徴、種類、おすすめシリーズを紹介していきます。

ヌーノ・ベッテンコートのシグネチャーギター!Washburn N4の特徴!

ヌーノ・ベッテンコートのシグネチャーギター!Washburn N4の特徴!

こんにちは。皆さんはEXTREAMEというバンドのギタリスト、ヌーノ・ベッテンコートをご存知でしょうか。ヘヴィな音楽のなかにもファンクを感じさせる独特の世界観をもった魅力的なギタリストです。抜群のリズム感、粒の揃ったピッキングなど技術面でも高い評価を受けており、且つ作曲能力にも優れたマルチな才...

【ギター】初心者向け!最初に買うべきエフェクターは何か?

【ギター】初心者向け!最初に買うべきエフェクターは何か?

とりあえギターは手に入れたし、家で練習する用のアンプは買った。しかし何か今一つ音が物足りない。そんな時に購入を考えるのがエフェクターですよね。しかし、楽器店にエフェクターを見に行くとあまりの種類の多さに何を選べばいいのかわからなくなってしまいます。そんな皆さんにエフェクターの選び方を解説したい...

半額以下で買える!?フェンダーUSAテレキャスターのエレキギター中古相場まとめ

半額以下で買える!?フェンダーUSAテレキャスターのエレキギター中古相場まとめ

せっかくテレキャスターを買うのであれば、やはり本家フェンダーUSAのテレキャスターが手に入れたいですよね。ところが実際に店頭でみると、新品価格で10万円台後半からがフェンダーUSAの価格帯なので、ジャパンでいいかな、フェンダーでもメキシコ製でいいかな、お店の人がオススメしてくる別のブランドもい...

おすすめの記事一覧

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

グレッチの代名詞【G6120】の特徴とおすすめモデル!

人気ナンバーワン!バッカス製ストラトキャスターの魅力に迫る!

人気ナンバーワン!バッカス製ストラトキャスターの魅力に迫る!

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

高品質国産ギター!フェルナンデス製エレキギターの魅力に迫る!

高品質国産ギター!フェルナンデス製エレキギターの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

大人気のハイエンドギター!suhrの魅力に迫る!

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

楽器・機材を探す