ジャズ専門機!?ジャズマスターの選び方と特徴、おすすめメーカー!

ジャズマスターはその名の通り、当初はジャズ専用機というコンセプトで開発されたギターです。々ジャズギタリストにフェンダーユーザーがほとんどおらず、レスポールの独壇場であったため、ジャズに対応できるギターをということで生まれました。今回はそんなジャズマスターの特徴、メーカー、価格をご紹介していこうと思います。

目次

  • 滑らかなヴィヴラート!フローティングトレモロ
  • P-90っぽい?シングルコイルピックアップ
  • 安定感抜群!オフセットウェスト
  • メーカーから選ぶオススメジャズマスター!
    • 抜群のコストパフォーマンス!SQUIER/Vintage Modified Jazzmaster
    • 本家の仕様を再現 Fender Japan 66 Jazzmaster
    • 伝統的なオリジナリティ Fender USA Jazzmaster
  • 価格帯で選ぶおすすめジャズマスター!
    •  5万円以下のジャズマスター~SQUIER~
    • 5~10万円以下のジャズマスター~fender JAPAN~
    • 10~20万円以下のジャズマスター~fender MEXICO~
    • 20万円以上のジャズマスター~fender Custom Shop~
  • まとめ

滑らかなヴィヴラート!フローティングトレモロ

ストラトキャスターに搭載されているシンクロナイズドトレモロユニットはブリッジ全体が動くことによってヴィヴラートをかけていますが、ジャズマスターとジャガーに搭載されているフローティングトレモロユニットはテールピースを動かすことによってヴィヴラートをかけています。これはビグズビーと同じコンセプトになっています。

ブリッジをあえて固定せず、アームの動きに応じて若干動くようになっています。これによりチューニングに狂いを最小限に抑えています。

また、ブリッジが動かないようにすることが可能なスイッチも搭載されています。

ブリッジ全体が前後に動くシンクロナイズドトレモロと違い、あくまでテールピースが動くシンプルな構造のため音の可変域はシンクロナイズドトレモロユニットには及びません。

しかし、可変域が狭いフローティングトレモロならではの小刻みな音の揺らし加減はこのブリッジでしか得られず、愛用者も多いブリッジです。

P-90っぽい?シングルコイルピックアップ

ジャズマスターのピックアップは、外見はギブソンのP-90のような、大きめのシングルコイルピックアップが搭載されています。

このピックアップには鳴っているノイズに対して同じ帯域のノイズをぶつけることでノイズを相殺するハムキャンセル構造が用いられており、元々ジャズにも使えるギターとして生み出されたことを伺わせる仕様になっています。

ピックアップのエナメル線の巻き数やハムキャンセル構造などにより、純然なシングルコイルというよりはシングルコイルにハムバッカーのニュアンスが加わった独特のサウンドが特徴です。シングルコイルほど尖った高域は出ませんが、その分帯域にフォーカスしたメロウなサウンドに仕上がっています。

また、ジャズマスターにはプリセット・トーンという回路が搭載されています。

プリセットトーンはフロントピックアップのみに作用する回路で、事前に決めたボリューム、音色をスイッチひとつで切り替えることができます。これにより、バッキング時はややトーンを絞ったアンサンブルに馴染み易い音にしておき、ギターソロでプリセットに切り替えて音抜けを良くする、など非常に便利な回路になっています。

安定感抜群!オフセットウェスト

ジャズマスターのボディは左右非対称で大きめのシェイプになっており、オフセットウェストと呼ばれています。これにより立っても座っても安定感があります。このボディ形状は、後に生まれてくるジャズベースの参考にもなっているそうですよ。

立っても座っても安定しているというのは実は非常にありがたいことです。バランスが悪いとヘッド落ちがしたり、変に支えなきゃいけなくて腰を痛くすることもありますからね。腰痛はギタリストあるあるかですので、安定感のあるボディというのは魅力的ですね。

メーカーから選ぶおすすめジャズマスター!

抜群のコストパフォーマンス!SQUIER/Vintage Modified Jazzmaster

fenderの直系子会社であるSQUIERから、発売されているジャズマスターは伝統的なジャズマスターのスペックをしっかりと踏襲し、ボディ材などを安価なものに変えることでコストを抑えつつもしっかりとジャズマスターに仕上がっています。

ジャズマスターの入門モデルとしてはぴったりの価格ですので、これからギターを始めるという方にもオススメです。ジャズマスターが欲しいけどfender USAを買うほどではないかな、という人にもサブとして一本もっておくのもいいですね。

本家の仕様を再現 Fender Japan 66 Jazzmaster

fender JAPANからは、ヴィンテージスタイルを継承したモデルがリリースされています。トラディショナルな見た目に対し、アルミ・アノダイズド・ピックガードを採用しノイズ対策を施したものやメイプル指板を採用したものなど、プレイアビリティの向上のために施されたシステムがあり、ただヴィンテージを真似しただけではないギターです。

当然fender USAよりも安価に手に入れることができますが、クオリティは間違いありません。

伝統的なオリジナリティ Fender USA Jazzmaster

fender USAからはいくつかのシリーズが生産されています。

  • American Professional Jazzmaster
  • American Vintage ’65 Jazzmaster
  • 1964 Closet Classic Jazzmaster

などがあり、中でも三番目のfender Custom Shopのものはfender技術の結晶ともいえるほど完成度の高いものになっており、価格も高価なものになっています。

価格で選ぶおすすめジャズマスター!

5万円以下のジャズマスター~SQUIER~

SQUIERの Vintage Modified Jazzmasterはだいたい4万5千円ほどで購入できるfender直系のジャズマスターです。ボディ材はバスウッド、ネックはメイプル、ピックアップはセイモアダンカンデザインのものを搭載しており、価格を抑えつつも高い完成度を誇っています。

実際に弾いてみるとわかりますが、廉価モデルとあなどってはいけないクオリティです。

ジャズマスター最大のの特徴であるフローティングトレモロも搭載されており、入門モデルには丁度いい一本になっています。

5~10万円以下のジャズマスター~fender JAPAN~

旧fender JAPANからはFender / Japan Exclusive Classic 60s Jazzmaster というモデルがリリースされています。

今なお根強い人気の’60sスタイルと踏襲し、オリジナルアルニコシングルコイルピックアップをを搭載。

太くジャジーなサウンドが魅力的です。

10万あればギリギリ買えるくらいの価格ですので、ジャズマスターファンにはぴったりの一本かもしれませんね。

10~20万円以下のジャズマスター~fender MEXICO~

厳密に言うと、fender MEXICOというブランドではなく、fender USAのメキシコ工場で生産されたギターです。
このメキシコ工場で生産されたものを通称フェンダーメキシコと呼んでいます。

中でもClassic Player Jazzmaster Specialは多くのギタリストに愛されている一本です。

ジャズマスターの一番の弱点とも言われているブリッジは、チューンオーマチックに変更。

これによりジャズマスターが嫌われる原因であったチューニングの狂いや弦高を安定させています。

20万円以上のジャズマスター~fender Custom Shop~

fender Custom Shopは数あるギターの中でも最高品質のものを取り揃えているブランドです。

このカスタムショップはコロナ工場の一角にあり、世界的に有名なマスタービルダー達が最高峰のギターを作り出しています。

fender Custom Shop Team Built Custom1963 Jazzmasterはこのカスタムショップ製のジャズマスターです。

New Old Stock仕上げのためエイジング加工はされておらず、弾きこんで弾きこんで生涯を共にするにふさわしいギターです。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ジャズマスターはジャズ専門ギターというコンセプトではありますが、さまざまな音楽シーンに対応できるギターですので、ぜひ一本お手元に置いてみてはいかがでしょうか。

個人的に、筆者のまわりにはジャズマスターを使っているギタリストがほとんどいないので、もうちょっと多くの人に使ってもらえたらいいのになぁと思っています。

この記事に関連する商品

  • 定番エフェクター ディレイのオススメモデル3種

    定番エフェクター ディレイのオススメモデル3種

    ディレイとはいわゆる空間系に分類されるエフェクターで、実際の音に少し遅れた音をブレンドすることにより、やまびこのような効果を生み出すエフェクターのことです。エフェクターを買い始めた方々は「まずは歪み系から!」とオーバードライブやディストーションを手に入れるかと思いますが、なかなかディレイを購入...

  • 初心者必見!6弦ベースのチューニングはどうなってる?

    初心者必見!6弦ベースのチューニングはどうなってる?

    最近とても注目を浴びている6弦ベース!憧れている方も多いのではないでしょうか?これまでベースをやっていた方は多弦に移行している方も多いですね。Boh氏や櫻井哲夫氏など6弦ベースが流行る前から使用されておりこれらの大物ベーシストが先駆者となり今ではプロやアマチュア問わず使用者が増えてことで6弦ベ...

  • ギブソンが大好き!アンガス・ヤングの使用ギター&おすすめ曲5選!

    ギブソンが大好き!アンガス・ヤングの使用ギター&おすすめ曲5選!

    オーストラリア出身のギタリスト、アンガス・ヤング(Angus Young)。ランドセルを背負って演奏したりと何かと話題になるミュージシャンです。ステージパフォーマンスが派手で、面白おかしいパフォーマンスでファンを楽しまています!今回はそんなアンガス・ヤングの魅力やおすすめ曲、使用ギターなどを紹...

  • 【民族楽器】初めてのケルト楽器ならティンホイッスルがおすすめ!

    【民族楽器】初めてのケルト楽器ならティンホイッスルがおすすめ!

    ケルトミュージックって、なんだか郷愁的でひきつけられますよね。あの世界の彼方から語り掛けてくるようなケルトの笛の音は心の奥底に眠る懐かしい感情を揺さぶる気がします。できることなら初めてみたいけど、民族楽器って高いし気軽には手を出せなそう…。そんなあなたにおすすめの楽器があります。それがティンホ...

  • StudioLive AR USBでマルチトラックレコーディング!特徴と使い方

    StudioLive AR USBでマルチトラックレコーディング!特徴と使い方

    5万円でマルチトラック録音を実現。すごい時代になってきました。マルチトラックレコーディングは、ある意味、ミュージシャンの夢でもあります。パート毎に 分離された、音声や楽器をmixしていく作業は、作曲や編曲、演奏に匹敵するクリエイティブな活動です。それが、数万円の設備で実現する時代になりました。...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す