女性でも扱いやすい!ムスタングの選び方と特徴、おすすめメーカー!

1964年、フェンダーのスチューデンントモデルとして登場したムスタング。ショートスケールで細めのネックということもあり、女性や子供でも扱いやすいギターとして今でも人気を誇っています。けいおんというアニメ作品で中野梓ちゃんが使っているモデルということで当時は話題になったのも記憶に新しいのではないかと思います。そんなムスタングについて、特徴からオススメモデル、各価格帯でオススメの一本を紹介していこうと思います。

目次

  • 名前通りのじゃじゃ馬!ダイナミック・ヴィヴラートシステム
  • 抜けの良い高音域
  • ショートスケール故のサスティーンの短さ
  • メーカーから選ぶ
  • 価格で選ぶ
  • まとめ

名前通りのじゃじゃ馬!ダイナミック・ヴィヴラートシステム

ムスタングには、同種のジャズマスターやジャガーに搭載されているフローティングトレモロを更にアレンジしたダイナミックトレモロというものが搭載されています。

これは可変域が大きく名前の通りダイナミックなアーミングが可能です。

しかし、当然チューニングも非常に狂いやすいというデメリットもあります。

セッティングや操作法など、使いこなすのには慣れと工夫が必要になってくるでしょう。

更に、非常に小さな力でアーム操作が可能にもなっています。

それこそ小指が少し触れただけでアーミングできるレベルですので、力の弱い子供や女性向けというのも納得ですよね。

しかし、その不完全さというか、不安定な部分がムスタングの魅力の一つであるというのもまた事実です。

ダメな恋人に惹かれるようなものなのでしょうか。

まったく、俺がいなきゃダメだなぁ的な感じなのでしょうか。

好きな人は好きそうですよね。

抜けの良い高音域

サウンドについては非常に高音域が目立ち音抜けが良く、じゃじゃ馬と言ってもいいようなサウンドが楽しめます。

非常にトレブリーで低音域が薄いという特徴があるため、音色に関してはチープさが目立ってしまう部分があります。

しかし逆に言えば、低音で主張しないということはバンドアンサンブルでは他の楽器を邪魔しないということでもあります。

単体で見れば少し物足りないかもしれませんがバンドでの演奏ではバランスが取りやすいギターというわけですね。

ショートスケール故のサスティーンの短さ

ショートスケールは女性や子供でも扱いやすいというメリットに対して、サスティーンが短いというデメリットがあります。

ブリッジの仕様と相まってサスティーンを稼げないので、ロングトーンの楽曲を演奏するには不向きと言わざるを得ません。

しかしサスティーンの短さはユーザーによって好みがあり、カッティングなどの歯切れの良いサウンドを求めている人にとってはとても重宝される特徴です。

更に高音域が強いという特徴もカッティングにベストマッチですよね。

歯切れの良いトレブリーな音色を出す様はまさにじゃじゃ馬というにふさわしいギターです。

メーカーから選ぶ

SQUIER

ご存知fender直系の廉価版モデルを生産しているブランドです。

ショートスケールのギターというのはほぼfenderの独壇場になっており、ギブソン等他のメーカーは初心者向けのエントリーモデルでも通常と同じスケールを採用しています。

よって必然的にメーカーはfender系列になってしまいます。

ヴィンテージ・モディファイシリーズとして、トラディショナルな外観とモダンな機能を搭載したシリーズが販売されています。

バスウッド材ボディ、ナット幅42mm、ミディアムジャンボ・フレット、セイモア・ダンカンの設計によるピックアップ、という仕様で、初心者のエントリーモデルとしては十分すぎる性能を備えています。

fender JAPAN

三兄弟 #サイクロン #ムスタング #テレキャスター #スクワイヤー
いまちゃんさん(@imachanmusic)がシェアした投稿 - 2017 1月 6 5:51午前 PST

現在はなくなってしまったブランドですが、fender JAPANからもかつてムスタングが販売されていました。

1965年モデルを再現したものでポプラ材ボディ、ナット幅41mm、グレイファイバーボトム・アルニコマグネット・ポールピースのピックアップというヴィンテージ仕様のムスタングです。

旧フェンダー・ジャパン時代にはMG65という名で親しまれた製品です。

中級者あたりに丁度いい価格帯ということもあるので、二本目のムスタングに最適なのではないでしょうか。

fender USA

現在カタログにムスタングはありませんが、Char氏のシグネイチャーモデルFree Spiritが過去に200本限定で販売されています。

現行の製品、過去のマスタングにも使われていない特別なカラーモデルであり、日本の伝統色「御召茶」を使用。

非常にシブいカラーリングの一本です。

カスタムショップということもあり、非常に価格が高いギターではありますが、それに見合ったクオリティ、何より限定カラーというのがそそられますよね。

価格で選ぶ

5万円以下のムスタング~SQUIER~

#fender#ムスタング
Hisataka Katoさん(@hichartaka)がシェアした投稿 - 2016 11月 20 6:52午後 PST

Vintage Modified Mustangはおよそ4万円前後で購入できるムスタングです。

fender直系ブランドということもあり、クオリティに関しては問題ありません。

もちろん正式にムスタングという名称を使えますので、廉価版ではあれど本物のムスタングです。

ボディ材はバスウッドを使って低コストを実現していますが、一番の特徴であるダイナミック・ヴィヴラートシステムはしっかりと搭載しています。

ムスタングが気になっている方は、とりあえずこのギターを購入するなり弾いてみるなりしてみてはいかがでしょう。

クセやじゃじゃ馬具合を判断できるのではないでしょうか。

5~10万円以下のムスタング~fender JAPAN~

Japan Exclusive Classic 60s Mustangは比較的手に入れやすい価格の一本です。

そもそもムスタング自体が低価格のエントリーモデルということもあり、価格的にそこまで高いものはないのですが、このギターは10万くらいはします。

Japan Exclusive Classic 70s Mustang Matching Headcapはマッチングヘッドでボディとヘッドが同じカラーリングになっています。

けいおんの中野梓ちゃんは確かこのモデルだったと思います。

アニメファンのギタリストはお揃いで購入してみてもいいかもしれませんね。

20万円以上のムスタング~fender USA Custom Shop~

安価なエントリーモデルという位置づけのムスタングですが、例外的に高級モデルも存在します。

それがこのFENDER CUSTOM CHAR SIGNATURE "FREE SPIRITS"です。

アームはCharが使用しているムスタング同様、切り込みを入れて程よいところで止まるようにしてあるためプレイアビリティが向上しています。

CharとHOWLの共同で考案した配線システムを採用しており、ピックアップを変えずにシングルコイルとハムバッカーに切り替えが可能になっています。

上記の通り、従来のムスタングとは比べ物にならないほど多機能可しており、エントリーモデルという常識を覆すクオリティとなっています。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ムスタングの魅力が少しでも伝わりましたでしょうか。

ショートスケールなので小柄な女性や子供はもちろん、アニメにも登場しているので音楽好きなアニメファンの方にもおすすめの一本です。

この記事に関連する商品

  • 未来楽器 MI7 JAPAN RORI BLOCKが楽しい!特徴と機能

    未来楽器 MI7 JAPAN RORI BLOCKが楽しい!特徴と機能

    またまた、新時代の音楽ギアが登場しました。この手の楽器としては、ヤマハのTENORIONや、カシオのKAOSSILATORがよく知られていますが、今度は、MI7 JAPANから、RORI BLOCKSが発売されました。モジュール方式で、組み合わせも自由、一人でも、多人数でも、楽しい利用場面が想...

  • バイルとの連携-iPadの母艦機能「Cubase LE AI Element」の特徴とレビュー

    バイルとの連携-iPadの母艦機能「Cubase LE AI Element」の特徴とレビュー

    Cubase AIは、ヤマハやSteinbergの製品にバンドルされた、 無料のDAWですが、基本の機能は有料のCubase 8シリーズと同じDAWです。トラック数が32までといった制限はあるものの、特殊な編集など必要なければ、結構使えるソフトです。なお、サードパーティにバンドルされているもの...

  • 自宅練習用!マーシャルのギターアンプ、DSL5Cの特徴と仕様・スペック

    自宅練習用!マーシャルのギターアンプ、DSL5Cの特徴と仕様・スペック

    ギターアンプといえば、マーシャルの名は必ずでてくるででしょう。スタジオやライブハウスにある大きなアンプで有名ですが、小型のアンプももちろんあります。ここでは、自宅練習用に最適な小型のギターアンプ、DSL5Cの特徴と仕様・スペックなどを紹介していきたいと思います。

  • エフェクター初心者の方必見!BOSSで始めるDelayとおすすめモデル

    エフェクター初心者の方必見!BOSSで始めるDelayとおすすめモデル

    ギターを初めてしばらく経つと「エフェクター」という存在が気になりだすのではないでしょうか?イメージするギターのサウンドを出すのはなかなか難しい事ですよね。ROLAND(ローランド)のBOSS(ボス)コンパクトエフェクターシリーズは非常に手にしやすい価格ながら、そのサウンドクオリティの高さ故に昔...

  • ムーンベースってどうなの?評価とオススメモデル3種

    ムーンベースってどうなの?評価とオススメモデル3種

    コンポネートでの楽器製作を始めたMOONですがコンポネートに関して皆さんは理解されていますか?コンポネートは自社で製造を完結するものではなく木材やパーツを様々なメーカーから仕入れてその仕入れたパーツを厳選して組み立てる方法なのです。なので各メーカーのいいとこどりができることやオーダーなどで様々...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す