エレキギターのド定番!ストラトキャスターの選び方と特徴、おすすめメーカー

エレキギターと言われてまず思い浮かべるギターはなんですか?おそらくほとんどの人がストラトキャスターかレスポールを連想するかと思います。今回はエレキギターの代名詞とも呼べるストラトキャスターに焦点を当ててご紹介していきたいと思います。

目次

  • フェンダーの代表的構造!ボルトオンジョイント構造
  • 多彩なトーンの使い分けができる3基のシングルコイルピックアップ
  • 変幻自在の音色!トレモロユニットの魅力
  • メーカーから選ぶ
  • 価格から選ぶ
  • まとめ

フェンダーの代表的構造!ボルトオンジョイント構造

初心者の人にとってはボルトオンジョイントとはなんぞや?と思うかもしれませんが、フェンダーを代表する構造で、ネックとボディをネジで連結している構造です。

フェンダーのプレベジョンベースやテレキャスターも同じ構造ですね。

この構造は取り外しが可能な構造のため、もしネックが折れたりした場合も修理が比較的簡単にできるという利点があります。

ギブソンのレスポールに採用されているセットネック、ジャクソンなどのスルーネックと比較しても製造面で見ても簡略化されるため、大量に安価に生産できるというメーカー側の利点もあります。

ちょっと詳しくなってくると自分で分解してギターの構造を勉強できたりもできます。筆者はすべてバラバラに分解して直せなくなった苦い思い出もあります・・・。

多彩なトーンの使い分けができる3基のシングルコイルピックアップ

ストラトキャスターには3基のシングルコイルピックアップが搭載されており、フロント、センター、リアと異なったトーンを奏でることができます。

ピックアップセレクターでそれぞれのピックアップを切り替えられるのですが、セレクターは5WAYになっており、リア+センターやセンター+フロントというハーフトーンを出すことができます。

このハーフトーンこそがストラトキャスター最大の特徴であり最大の武器です。

ハーフトーンは非常に繊細なトーンで、軽く歪みを乗せたクランチでのカッティングは抜群に素晴らしい音色になります。ポップスやロックはもちろん、このハーフトーンのおかげでジャジーなサウンドもバッチリです。

ポジションサウンドの特徴主な使い所
フロント丸く温かみのあるサウンドソロやクリーントーンなど
センター歯切れの良いサウンドカッティングで活躍
リア広がりのあるサウンドリフやバッキングなど

変幻自在の音色!トレモロユニットの魅力

ストラトキャスターのもう一つの魅力といえばアーム操作でしょう。

アームのついているトレモロシステムというものは以前からビグズビー等で存在していましたが、ストラトキャスターのトレモロシステムは今までのものとは異なっています。

非常にシンプルな外観でありながら、音域の可変域が広く、ゆったりとしたビブラートからギュインギュインと急降下するアーミングまで幅広い表現が可能となっています。

また、このトレモロユニットは弦の張力とのバランスをとることで裏のバネが振動し、ストラトキャスター独自のリバーブ感のあるトーンになります。

アームを使ってギュインギュイン鳴らしているとすごくギターがうまくなったような気がして気分がいいですよね。筆者は調子に載ってアームを使いまくっていたらすぐに弦が切れてしまいました・・・。

メーカーから選ぶ

fender USA

ストラトキャスターと言えば本家本元fenderが一番有名ですよね。他メーカーでもストラトキャスターは販売されておりますが、正式にストラトキャスターと名乗ることができるのはfenderだけです。

他のメーカーはストラトモデルやストラトタイプと呼ばれています。

中でもAmerican Elite Stratocasterは比較的手が出しやすい価格帯であり、なおかつfenderらしさのあるストラトキャスターであるためメイン機として長く愛用できるギターであると言えます。

G&L Guitars

G&Lはご存知fender創始者のレオ・フェンダー氏とジョージ・フラトーン氏が共同で立ち上げたブランドです。レオ・フェンダー氏の思いを受け継ぐ正当なfender直系ブランドであるため、そのクオリティは一切の妥協を許さない安心のできとなっています。

USA LEGACYはビンテージな見た目とは裏腹に、ハイカット、ローカットなどのコントロールが搭載されており、多彩なサウンドメイクを可能にしています。一番の特徴はdual-fulcrum vibratoというブリッジです。

通常のストラトキャスターは6点支持なのに対し、このブリッジは2点支持となっています。

フローティングでの設定を前提に考えられているため、アップもダウンも大胆なアーミングを可能にしています。

Suhr

fenderのマスタービルダーであり、数多くの名器を産み出してきたジョン・サー氏。彼が自らの限界に挑戦し、妥協なきギターを作るために設立したブランドがこのsuhrです。設立当初は完全オーダーメイドだったようですが、今ではカタログモデルも生産しています。

カタログモデルはClassic、Standard、Modern、Classic Pro、J Seriesがラインナップされています。もはやこのレベルのメーカーになるとどれが良い悪いという次元ではなくなってくるので、見た目、実際のサウンド等「自分が好きな一本」を選ぶことが大事なのではないかなと思います。

どれを買ってもハズレということは基本的にありえない、極めてクオリティの高いブランドです。

価格で選ぶ

5万円以下のストラトキャスター~SQUIER~

比較的低価格で手に入れることができるのがSQUIERのストラトキャスターです。SQUIERはfender直系の廉価版ブランドという位置づけであり、他の安いメーカーと比較すると完成度も高いものが多いように思います。

当然、fenderの直系ブランドのため、音色も他メーカーと比較するとfenderに近いものになっています。Standard Stratocasterは約3万円で手に入り、fender USAで言うAmerican Standardに位置づけられるギターです。

クセのない音色で、価格的にも初心者にオススメの一本です。

5~10万円以下のストラトキャスター~Bacchus~

Bacchusのクラフトシリーズは10万円近辺の価格帯で購入できるモデルです。木材加工は海外で行い、組立を日本国内で行うことでコストを削減しており、比較的低価格に抑えつつもハイクオリティな一本を生み出しています。ストラトタイプは「IMPERIAL」という名称が付けられており、大体7~8万円程で購入できます。

リアピックアップがハムバッカーピックアップになっていますが、コイルタップ機能が搭載されているため、通常の3シングイとして使うことも可能です。ハムバッカー搭載によってよりパワフルなサウンドメイクを可能にし、多彩な音色を生み出すことができます。

ちょっと背伸びした最初の一本でもよし、中級者が長く使うための一本としてもよし、万能タイプの一本です。

10~20万以下のストラトキャスター~フジゲン~

フジゲン Expert シリーズ ODYSSEYというモデルは15万円前後で購入することができます。

ボディ材はアッシュかアルダーが基本で、ネックヒールにはハイポジションの演奏製を向上させるムーンサルト・ヒールカットという加工がが施されています。

フジゲンのギターはウェブオーダーシステムというものを採用しており、自宅でウェブページを見ながらセミオーダーのギターを発注することができます。

ボディ材やネック材、ストラトタイプかレスポールタイプか、メイプルトップかフレイムトップか、ピックアップの配列、ペグの種類など様々な項目を好みにカスタマイズすることができます。

正直、購入する気がなくてもウェブページで好みのギターを作った気になるだけでめちゃくちゃ楽しいですよ。

20万円以上のストラトキャスター~Sadowsky~

SadowskyのNYC Custom Chambered S-Styleもはや憧れの一本とも言えるギターです。

Sadowsky Guitars NYCはプレイヤーが望む物を時間を掛けて丁寧作るカスタム・オーダー方式で楽器を製作してきたメーカーです。

最上級のカーリーコアトップ、アルダーバック、HSH配列のオリジナルピックアップ。

どれをとっても最高レベルのギターなのは間違いありません。当然価格も最高レベルの金額で、その額なんと100万円。一度でいいからこんなレベルのギターを持ってみたいものです。

まとめ

いかがでしたでしょうか

  • 様々なメーカーからストラトタイプが販売
  • フェンダーがベースになっている
  • 演奏しやすい工夫がされている

ストラトキャスターと言えばエレキギターのド定番。求めるサウンドによって使うギターも変わってくるかとおもいますが、少なくとも一本持っておいて損はないギターです。

カスタムショップ製のものなんて一生モノの相棒になりますよ。

この記事に関連する商品

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す