フェンダーのギターアンプ、 '65 PRINCETON REVERBを徹底解説!【Fender】

ギタリストのみなさんは、どんなギターアンプを使っていますか?

フェンダーのギターアンプは、たくさん種類があります。

ここでは、そんな中でもおすすめのモデルであるフェンダーの '65 PRINCETON REVERBの特徴と仕様・スペックをまとめていきますよ!

 '65 PRINCETON REVERB / Fender

FENDER ( フェンダー ) / '65 PRINCETON REVERBhttp://www.soundhouse.co.jp/products/detail/item/127313/

フェンダーのアンプ、'65 PRINCETON REVERB(プリンストンリバーブ)は練習用アンプとして開発されました。

名機Princeton Reverbを復刻したモデルで様々なギタリストに使用される人気の高いコンパクトコンボアンプです!

通称ブラックフェイスと呼ばれています。ちなみに65年モデルは銀パネ。

'65 PRINCETON REVERBの仕様・スペック

仕様・スペックは以下の通りです。

15wは自宅練習用に最適とされているワット数ですね。

  • 新品定価:180000円程
  • 中古価格:100000円前後
  • 出力: 15W (8Ω)
  • 真空管 : 12AX7x3、12AT7x1、6V6x2、5AR4x1(Rectifier Tube)
  • スピーカー : 1xJensen C-10R Speaker
  • コントロール: Volume、Treble、Bass、Reverb、Speed、Intensity
  • サイズ : 40.6 (H)x50.5 (W)x24.13 (D) cm
  • 重量 : 12.7 kg

'65 PRINCETON REVERBの特徴

'65 PRINCETON REVERBは、ブラックフェイス期のアンプを再現しつつ自宅練習用に製作されたギターアンプです。

そんなプリンストンリバーブの詳しい特徴をみていきましょう。

フェンダーの名機を練習用モデルに復刻

名機を再現しつつ自宅練習用に製作されたアンプがプリンストンリバーブです。

現在オリジナルモデルの入手がとても難しく、高値で取引されている。

当初は自宅練習用として登場したコンパクトな真空管アンプ「Princeton Reverb」の1965年のブラックフェイス・モデルを復刻したアンプです。

Princeton Reverb 自体は1950年代から存在しており、小型ながらもフェンダーらしいトーンから数多くのギタリストに愛用され、完成度の高さからリイシュー版が制作されました。

引用元:スーパーナイスギターアンプ-Fender USA ’65 Princeton Reverb-

リイシュー・モデルである“’65 PRINCETON REVERB”もオリジナルゆずりの10インチ・セラミック・スピーカーJensen“C10R”(オリジナルではOxford“10J4”もあった)を採用し、メリハリの利いた軽快なトーンを聴かせてくれる。

引用元:デジマートマガジン-嫡流の遺産〜リイシュー・フェンダー・アンプ-

1チャンネル仕様の小型アンプながら、ボリュームの調節により、透き通るようなクリーン・トーンから力強いオーバードライブ・サウンドまで作り出すことが出来る。

小型アンプなので持ち運びは容易。

スピーカーはセラミック・マグネットを使用したジェンセンの10インチ・スピーカーを1基マウントしている。

引用元:TOMIYOSHI MUSIC SCHOOL

動画でサウンドを確認しましょう!!

いかがでしたか??

フェンダーのアンプ、プリストンリバーブはリバーブ、クリーンなどあらゆる点で魅力的なサウンドをだしてくれるアンプですよ!弾いててきっと気持ちよくなりますよ~!

フェンダーのアンプを探す

この記事に関連する商品

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す