コスパに優れた万能アコギ!KヤイリのKシリーズの特徴と代表モデル

Kヤイリにおいて、エンジェルシリーズに次ぐグレードで、コストパフォーマンスに優れたシリーズがこのKシリーズです。

Kシリーズもエンジェルシリーズ同様にRF/LO/BLの3種類のボディシェイプがあります。アコギの質、価格面を考えても、Kヤイリのアコギを考えたときに、このシリーズが1番の多くの方の候補に上がってくるのでないでしょうか。

今回はそんなKヤイリのKシリーズの特徴とモデルを紹介していきます。

目次

  • Kシリーズとは
  • K13とK7
  • 各モデル紹介
    • K13
    • K17
  • コスパに優れた万能アコギ

Kシリーズとは

またヤイリに来た

Kunihiro Shimizuさん(@kunihiro427)がシェアした投稿 -

Kヤイリの中でコストパフォーマンスを考えたシリーズがこのKシリーズです。

アコギの木材を部分的に代替材にすることによって、ある程度の価格を安く抑えています。K13のモデルはオール単板を実現し、K7モデルは合板仕様になっていますが、Kヤイリ独自のブレーシングを使用することによって、軽量化とサウンドの最大化を図ったモデルになります。

ボディシェイプはエンジェルシリーズと同様に3種類に分かれていて、自分の好み、求めるサイズをチョイスすることが可能です。

K13とK7

各モデル紹介

念願のヤイリギター #k.yairi#可児市

IMAIさん(@yuki051166)がシェアした投稿 -

K13

サイドとバックをローズウッドではなく、メープル、オバンコール、サペリを使用することによって価格を落としつつ、オール単板を実現させているモデル

K Series RF-K13-SAP

  • 定価 145000円(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック ソリッドサペリ
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード エボニー
  • ブリッヂ エボニー
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1000㎜
  • ボディ幅 375㎜

K Series RF-K13-OVA

  • 定価 145000(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック ソリッドオバンコール
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード エボニー
  • ブリッヂ エボニー
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1000㎜
  • ボディ幅 375㎜

K Series RF-K13-MAP

  • 定価 145000円(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック ソリッドメープル
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード エボニー
  • ブリッヂ エボニー
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1000㎜
  • ボディ幅 385㎜

K7

サイドとバックをオバンコール合板にすることによって、低価格を実現。

その代わりブレーシングに穴を開けるヤイリ独自のエアリーブレーシングを採用することによって、軽量化とサウンドの最大化を実現した上位モデルにも引けを取らないモデル

K Series RF-K7-OVA VS

  • 定価 85000円(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック オバンコールラミネイト
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード ローズウッド
  • ブリッヂ ローズウッド
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1000㎜
  • ボディ幅 375㎜

K Series LO-K7-OVA VS

  • 定価 85000円(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック オバンコールラミネイト
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード ローズウッド
  • ブリッヂ ローズウッド
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1000㎜
  • ボディ幅 385㎜

K Series YW-K7-OVA VS

  • 定価 85000円(税別)
  • トップ ソリッドスプルース
  • サイドバック オバンコールラミネイト
  • ネック マホガニー
  • フィンガーボード ローズウッド
  • ブリッヂ ローズウッド
  • ナット幅 42㎜
  • スケール 645㎜
  • 全長 1020㎜
  • ボディ幅 400㎜

コスパに優れた万能アコギ

#ヤイリギター の工場なう!

ykandaさん(@ykandajade)がシェアした投稿 -

Kヤイリを考えたときは、まずこのシリーズがシリーズから考えることになると思います。

このシリーズでも、弾き手を満足させる生涯使い続けられる1本は見つけられると思います。あとは好みと予算の問題で、上位モデルの方が良さを感じる場合もあるとは思いますが、この価格帯、予算で考えたときは、KヤイリのKシリーズは確実に優先順位が高くなる選択になると思います。

それはKヤイリ自体のアコギの質の高さがあるからです。

何を選ぶか迷っている方は、Kシリーズを1つの基準にしてみるのもいいかもしれません。

この記事に関連する商品

ちゃんと理解してる?エレキギターのパーツ各名称とその役割!

ちゃんと理解してる?エレキギターのパーツ各名称とその役割!

ギターは、様々なパーツによって構成されていますね。その各名称をちゃんとわかっていますか?加えてその役割まで理解できているでしょうか?役割を理解することで、カスタマイズする時は、もちろん日頃のサウンドへの理解も深まるでしょう。今回は、名称だけでなくその役割についても解説していきたいと思います。

どのメーカーにする?SGギターのラインナップまとめ

どのメーカーにする?SGギターのラインナップまとめ

SGギターは、根強い人気があります。扱いやすいボディとハリがあり、抜けの良い音!ここでは、そんなSGギターについて紹介していきます。 

ミックスの時ギターが細く、迫力が出なくて悩んでいる方へ。ギターダブリングの効果について。

ミックスの時ギターが細く、迫力が出なくて悩んでいる方へ。ギターダブリングの効果について。

楽曲の中でギターが1本しかない場合、音に迫力を出すのは難しいですよね。音作りで太いサウンドにするとしても限界がありますし・・・。スリーピースバンドなど、ライブでは音量でカバーできたものの、録音となるとギターが物足りないと感じるバンドも多いと思います。そんな時、もう1本別のギターを入れてしまうと...

フェルナンデスのおすすめベースと種類一覧

フェルナンデスのおすすめベースと種類一覧

フェルナンデス(FERNANDES)は、ヴィジュアル系ロックバンドのアーティストが使っているイメージが強いメーカーではないでしょうか?ここではフェルナンデスのおすすめしたいベースとシリーズを紹介していきます!

【エフェクター】トゥルーバイパスでも音質劣化?トゥルーバイパス神話に注意!

【エフェクター】トゥルーバイパスでも音質劣化?トゥルーバイパス神話に注意!

エフェクター選びに注意するときによく出る話の一つに『トゥルーバイパスか否か』というものがあります。『トゥルーバイパスじゃないと音質が劣化する』だの『BOSSやIbanezeはトゥルーバイパスじゃないからダメ』みたいな話をエフェクターにこだわってる友人から聞くこともあるかと思います。本当にそうな...

おすすめの記事一覧

高品質国産ギター!フェルナンデス製エレキギターの魅力に迫る!

高品質国産ギター!フェルナンデス製エレキギターの魅力に迫る!

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

人気ナンバーワン!バッカス製ストラトキャスターの魅力に迫る!

人気ナンバーワン!バッカス製ストラトキャスターの魅力に迫る!

【年代別】ギブソンのシリアルナンバーと製造年度一覧

【年代別】ギブソンのシリアルナンバーと製造年度一覧

高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

高品質でお手頃価格!トーカイ製テレキャスターの魅力!

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

すべてのジャンルに対応できる!フェンダーUSAストラトキャスターの特徴とおすすめモデル

価格以上のクオリティ!高品質なバッカス製エレキギターの特徴!

価格以上のクオリティ!高品質なバッカス製エレキギターの特徴!

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

【年代別】フェンダーUSAのシリアルナンバーと製造年度一覧

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

スタジオやライブハウスの定番アンプ!Marshall JCM900の解説と使い方!

楽器大国静岡の星!トーカイ製エレキギターの魅力!!

楽器大国静岡の星!トーカイ製エレキギターの魅力!!

楽器・機材を探す