持っておいて損なし!ギター用クリーンブースターのおすすめと特徴!

こんにちは。スタジオ練習やライブなどで、バッキングの音はいいけどギターソロになると周りの音に埋もれてしまって全く聞こえないという悩みをお持ちの方、いらっしゃいますか?

今日はそんなお悩みをお持ちの方もそうでない方も持っておいて損なし、繋いでおくだけで効果ありなクリーンブースターペダルの特徴とおすすめをご紹介致します!

目次

  • クリーンブーストの定番!Xotic RC booster
  • 王道Echoplex!Xotic EP booster
    • 様々なシーンで活躍!EP Booster
  • 高品質なハイエンドブースター!D.A,Project D.A-booster
  • 2chで幅広く使える!Suhr Koko Boost
  • 音が太く!Demeter FatControl
  • まとめ

クリーンブーストの定番!Xotic RC booster

Xotic製のクリーンブースターです。オンにするだけで音が太くなる、音に煌びやかさやハリ艶が増すなどと評されプロギタリストの使用も多く同社の主力エフェクター製品となっています。Gain/Volume/Treble/Bassの4ノブスタイルで、特にTrebleとBassの効きが良く攻めたセッティングも可能です。

セッティングの例としては、前段に置いて常時ONにしてバッファーのように使用する。もしくは後段に置いてここぞというときやギターソロ時に踏んでブースターとして使う、といったような使い方ができます。

特に後段に置いてブースターとして使う時にはTrebleやBassのノブを弄って音ヌケのいいセッティングにしておけば音量だけでなく音質も変わるのでより効果的ですね。

王道Echoplex!Xotic EP booster

先程と同じくXotic Effectsの主力製品の一つ、EP Boosterです。

RC Boosterと違うところは「Maestro Echoplex EP-3」のプリアンプ部をシミューレートしたブースターであるということ。何のこっちゃ分からないですね。

Maestro Echoplex EP-3はテープエコー、エコーマシンと呼ばれる今で言うディレイのような効果を生み出すマシンです。接続し入力された音声を実際にテープに録音し再生することでやまびこ効果を生み出し、尚且つローファイ感も加わりその音に魅了されたアーティストは多く、使用者にはエディ・ヴァンヘイレンやエリック・ジョンソンなどがいます。

EP-3は内部にプリアンプを内蔵し、そのプリアンプを通ることで音が変化しました。その音の変化を好み常にそのプリアンプを通したいと思う使用者は多かったのですが、Echoplexはテープを内蔵している構造上巨大なため持ち運びには不便でした。

そこで生み出されたのが、そのプリアンプの音を再現したEP-boosterをはじめとするEchoplex系ブースターというわけです。

長くなりましたね。早速解説にうつりましょう。

様々なシーンで活躍!EP Booster

EPブースターは筐体表面にGAINのノブがひとつあるだけの一見単純なブースターペダルですが内部にDIPスイッチ2つ内蔵しており、それぞれBASS BOOST Switch,Bright Switchとして機能し様々なシーンで活躍することが出来ます。

踏むと、若干の低域のブーストと隠し味的に微量のゲインが加わる印象です。ソロ時のボリュームブースターのような使い方も出来ますが、個人的なオススメは本来の仕様であるバッファプリアンプとして前段に置いて常時ONという使い方です。

こうすることでバンドの中でも存在感のある太い音になり他の楽器で埋もれにくくなります。

高品質なハイエンドブースター!D.A. Prohect D.A Booster

Instagram試しに投稿してみた。 #ギター #エフェクター #ブースター

D.A-projectさん(@d.a_project)がシェアした投稿 -

ネットの口コミで広がりつつあるD.A-ProjectのD.A.Boosterです。

基本的にはネットでのみ販売が行われておりビルダーの城竜也氏によるハンドメイドで作られています。バッファタイプとトゥルーバイパスタイプの2機種が用意されており、自分の用途に合わせて選択することが可能です。

前段でONにすると高域がきらびやかになりハイ側のレンジが広くなる印象です。音の曇りがなくなる感じ、といったところでしょうか。かなりクリアな音質になるので歪ませてもコードの分離感がよく扱いやすいブースターです。

筐体表面にはアクリル板が貼られておりペダルをONにすることでアクリル板にLEDの光が伝達され美しく光ります。

音だけでなく見た目にもこだわりのあるハンドメイドペダルです。私自身も使用していますが、これはお勧めです!

2Chで幅広く使える!Suhr koko boost

ギター業界の世界最高峰、Suhr Guitarsによるブースターペダル、Suhr Koko Boostです。

ハイエンドギターとしての知名度が高いSuhrですが、創設者のJohn SuhrはCAEでOD-100などの開発に携わったエレクトロニクス関連のプロでもあります。

その彼がプロデュースするペダル、悪いはずがありませんね。

原音を忠実にブーストするクリーンブーストセクションと中音域を持ち上げるミッドブーストセクションの2Ch構造になっています。

ドンシャリで音を作っているとボリュームをあげても他の楽器の音域と被ってしまって結局抜けないサウンドになってしまうことがあります。

しかしミッドをブーストすることでギターの一番美味しい音域がブーストされバンドアンサンブルのなかでもクリアに聴こえるサウンドを作り出せます。

各チャンネルは独立で作用するため、場面に合わせてクリーンブーストかミッドブーストを選べるところがいいですね。

音が太く!Demeter Fat Control

ハイクオリティなプロ向けラック製品をプロデュースしているDemeter社のブーストペダルです。

ややレンジの広い中音域をブーストすることができ、ただブーストするだけではなく太く腰の据わったサウンドに変化します。

ミッドブースト機能を有するFatモードの他にも、Fatterモードというややハイが削られ丸みを帯びた優しいサウンドになるモードもあり1台で音色の幅が広がる珍しいタイプのブースターです。

まとめ

いかがだったでしょうか。

ブースターには様々な種類のものがあり、それぞれに狙ったコンセプトがあります。自分の求めているブースターがどんなものなのか、どういう使い方できるものが適しているのかなど、しっかりと見定めて選ぶと失敗が少ないのではないかと思います。

気になるものがあれば是非試奏してみてください。

それでは。

  • 大仕事を成し遂げた隠れたテクニシャン・プレイヤー リンジー・バッキンガム

    大仕事を成し遂げた隠れたテクニシャン・プレイヤー リンジー・バッキンガム

    フィンガーピッキングの使い手が、繊細なテクニシャンタイプのギタリストにカテゴライズされるギタリストが多いのは周知の事実です。その中でもキャッチーなポップテイストからサザンロック、アフリカンテイストなど、独特の道を歩むリンジー・バッキンガムのキャリアや愛器に迫ります。

  • 迷ったらこれ!トライアングル型ピックのおすすめと特徴!

    迷ったらこれ!トライアングル型ピックのおすすめと特徴!

    こんにちは。皆さんはこだわりの楽器用アイテム、何かありますか?プレイに直結するものからそうでないものまで様々なものがありますが今回はそのなかから最もプレイアビリティに直結するアイテムであるピック、トライアングル型のピックのおすすめと特徴を紹介していきます!

  • レオフェンダーの血統 G&Lベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

    レオフェンダーの血統 G&Lベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

    レオフェンダーはFenderの後にMUSICMAN、そしてG&Lを作りました。Fender とMUSICMANで得た経験を元に作られたG&Lは最も洗練されたメーカーです。レオフェンダー最後のブランドとしてミュージシャンはチェックするべきメーカーでしょう。今回はそんなG&...

  • 人気モデル!PRSのCustom24

    人気モデル!PRSのCustom24

    ポール・リード・スミス、通称PRSのギターは、ギタリストにとって憧れのギターとされています。ハイエンドなメーカーで美しさとPRSのサウンドは価格以上に魅力的なものがあるでしょう!この記事では、そんなPRSで1番人気の高いモデル、Custom24について紹介していきます!

  • ギターソロを弾くための練習法を身につけよう!

    ギターソロを弾くための練習法を身につけよう!

    ギタリストのいちばんの見せ場といえば、やはりギターソロですね。見せ場というだけあって当然曲の中で難しいことも多く、ライブなどの本番で一番怖いのもこのギターソロだったりします。失敗しないギターソロを弾くためには、どんな練習をすればよいのでしょうか?この記事では、ギターソロをうまく弾けるようにする...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す