ストロークから速弾きまでこなせるピック!ジャズ型ピックのおすすめ!

こんにちは。ピックには様々な種類がありますがみなさんはどのタイプをお使いでしょうか?形によって弾きやすさなども変わってくるので自分のスタイルに合ったピックを選びたいですね。

今回紹介するジャズ型のピックは速い演奏を弾くことの多い方やモダンなスタイルを好む方にオススメのピックです。これを機会に、ジャズ型のピックを持って、早弾きやモダンスタイルに挑戦してみましょう!

目次

  • JIM DUNLOP ULTEX JAZZ3の特徴
  • JIM DUNLOP JAZZ3 XLの特徴
  • JIM DUNKOP TORTEX JAZZ SHARPの特徴
  • JIM DUNLOP John Petrucci Jazz IIIの特徴
  • まとめ

JIM DUNLOP ULTEX JAZZ3の特徴

Cula badak #ultex #dunlop #jimdunlop #jazziii #guitarpick #jimdunlopjazziii

Altana mohanさん(@altana_mohan)がシェアした投稿 -

爪に最も近い素材、ULTEXで作られたピックです。小ぶりでピックの振り幅を小さくできるために速弾きにも適しています。

ロゴ部が盛り上がっており滑り止めになっているため握りやすく、ULTEXのつるつるした質感は弦分離に優れ速いパッセージもスラスラと弾きこなすことが出来ます。

小さいサイズのため人によってはカッティングし辛いと感じるところが難点でしょうか。

JIM DUNLOP JAZZ III XLの特徴

先ほど紹介したJAZZ3をそのままビッグサイズにしたモデル。JAZZ3は小さ過ぎると感じる方にオススメしたいピックですね。

基本的にはJAZZ3と全く同じ形でサイズのみが大きくなっているためプレイアビリティなどはそのまま継承されています。

ULTEMで作られたJAZZ3 XL ULTEMもあります。

JIM DUNLOP TORTEX JAZZ SHARPの特徴

なんだかJIM DUNLOPの製品ばっかりですが、やはりそれだけ大きな市場を獲得しているということでしょうね。

TORTEXというJIM DUNKOPが独自に開発した素材を使用したこのピックはややざらりとした質感をもちピッキング時にはゾリっとした独特のアタック感があります。

加えてこのモデルは通常のモデルに比べて先端がよりシャープになっており浅く持ったり深く持ったりといった演奏者の握り方の好みにも柔軟に対応できます。

JIM DUNLOP John Petrucci Jazz3の特徴

JD Jazz III picks day... And the winner is...The Black Stiffo Max Grip ??????

Antoine Beconciniさん(@antoinebeconcini)がシェアした投稿 -

JIM DUNLOP社が発売したDream Theaterのギタリスト、John Petrucciのシグネチャーピックです。

弦があたる部分が磨き上げられておりスムースな演奏性を誇り、かつキレのある音が特徴です。

またJPという彼のイニシャルが刻まれたロゴ部は凹凸状になっておりすべり止めとして機能しています。

かなり硬く先端の磨き上げにより弦に強く引っかからず独特のアタック感を持っています。John Petrucciの用に速いフレーズを積極的に弾くことが多い方におすすめのピックですが、通常のJazz3と比べてやや大きいサイズになっているため色々なジャンルに対応できるピックになっています。

実はこれもUltexで作られています。

まとめ

如何でしょうか。個人的にはこのジャズ型のピックが最も汎用性が高いのではないかと思っています。ジャズピックという名前ですが、実際はどんなジャンルにも合います。

速いフレーズやコードストロークまで柔軟に対応できるため色々なジャンルを演奏される方にはもってこいですね。よって、まだジャンルが決められない初心者の方にもおすすめできるピックとなっています!ぜひ、ジャズピックを持って、自分の好きなジャンルを探してみてください。

それでは。

この記事に関連する商品

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す