Zero-G社のVocaloid Miriamを見直そう

Vocaloidは今や、音楽の一ジャンルとして成長しています。歌声だけでなく、初音ミクなどのように、独自のキャラクターを組み合わせたブランディングは、コマーシャルなどにも起用されるなど、独自の世界を作っています。しかし、初期のvocaloidには、この路線とちょっと異なる大人の歌声がありました。

今回はVocaloid Miriamについて、解説します。

目次

  • ヒーリングミュージックの歌姫、Miriam Stockly
  • 透明感のある歌声は、ソロにもコーラスにも活躍します
  • 大人のためのVocaloidがもっと欲しい
  • 本物のMiriamを聞くことで、さらにVocaloidが光ります

 ヒーリングミュージックの歌姫、Miriam Stockly

Miriamは、2004年に英国のZero-G社が開発した、第1世代のVocaloidです。歌声の持ち主は、Miriam Stocklyという歌手で、エルトン・ジョンやティナ・タナーなどのバックコーラスに参加するなど一流ミュージシャンとも共演しています。また、ヒーリングミュージックで知られる、Adiemusでは、ソロボーカルを担当し、一人多重録音で独特の世界観を作っています。NHKの「世紀を超えて」のテーマ曲や、トヨタプリウスのコマーシャルにも使われているので、曲を聞けば、ご存知の方も多いと思います。

透明感のある歌声は、ソロにもコーラスにも活躍します

そんな本格的な歌姫を起用した、Vocaloid Miriamは、最新のVocaloid4に比べると、機能面では確かに劣りますが、素直に歌わせれば、透明感のある素晴らしい歌声を再現します。素材の良さは、何にも勝ります。まだ、日本語vocaloidが、少なかった頃はなんとか工夫をして、日本語を歌わせましたが、結構、様になっていました。

Vocaloidを使う時には、Vocaloid自身を主人公に楽曲を作る場合もありますが、バックコーラスなどに利用する場合は、miriamは最高の歌声を提供してくれます。ひとつ課題があるとすれば、単に英語をそのまま入力すると、時たまおかしな発音になることで、これはコツを覚えれば、なんとかなります。

大人のためのVocaloidがもっと欲しい

Youtubeに、いくつかMiriamを利用した、楽曲がupされています。やはりヒーリングミュージック関連の歌声は実に良くはまっています。Miriamの商品パッケージは、最近の日本のVocaloidと異なり、Miriam Stockly自身の写真が利用されています。それだけMiriamの存在感が強いのでしょう。海外のスタンダードナンバーを歌わせれば、日本のVocaloidには無い、大人の表現力を持っています。

確かに、日本のVocaloidは一つのポシションを確立しましたが、より広い市場を獲得するために、Miriamのような、透明感のある声が必要です。特に、Vocaloidをバックコーラスに使う場合にはMiriamは威力を発揮します。

もともとVocaloidの開発プロジェクトの最初のコンセプトのひとつに、安いコストでバックコーラスを手軽に作成できることが、目標のひとつに入っていました。

まとめ:本物のMiriamを聞くことで、さらにVocaloidが光ります

あらためて、Miriam Stoklyの歌声をyoutubeで検索すると、ヒーリングミュージックだけでなく、TOTOとの共演など、彼女の幅広い活動を見ることができます。ピーターラビットの挿入歌などを担当していたり、PRAISEというグループでも活躍しています。”中の人”の実際の歌唱が聞けるので、vocaloidを制作する上でも、彼女の声の活かし方がよくわかります。日本のVocaloidでも、小林幸子などのミュージシャンをカバーしたものが増えてきましたが、もっといろいろなジャンルの歌声がサンプリングされることを願います。Miriam Stokly、あらためて、その実力と声に感動しました。

BOSSのエフェクター、NF-1を徹底解説!【Noice Gate】

BOSSのエフェクター、NF-1を徹底解説!【Noice Gate】

ギタリストのみなさんは、ギターのノイズを気にしたことはありますか?ギターはアンプにつなぐとブーンッとどうしてもノイズが乗り音が汚くなってしまいます。そんな時のためにノイズを低減させてくれるエフェクターがNoice Gateです。歪み系や残響系のように目立つ変化ではないですが、大事な仕事をしてく...

ギターの可能性に挑戦し続ける3大ギタリストきっての個性派。ジミー・ペイジ

ギターの可能性に挑戦し続ける3大ギタリストきっての個性派。ジミー・ペイジ

エリック・クラプトンにジェフ・ベック、ジミー・ペイジと言えば言わずと知れた世界3大ギタリストです。この3人の中で最もギターが秘める無限の可能性に挑戦し続けたのは、ジミー・ペイジではないでしょうか?ヴァイオリンの弦でギターを奏でたり、ロシア生まれの電子楽器 テルミンとギターの融合など、そのビジュ...

1本3000万円!?超レアな1959年製ギブソンレスポールとは?特徴や歴史を解説!

1本3000万円!?超レアな1959年製ギブソンレスポールとは?特徴や歴史を解説!

みなさんは高すぎるギター、と聞いて何を思い浮かべるでしょうか?楽器店などに行くと、ものすごい装飾の施されたギターが100万円で売られていてびっくりすること、ありますよね。今回はそのレベルを遥かに超える3000万円級(!)のギターのご紹介です。

ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

12歳の時には既にプロとして活動していた稀代のギタリスト ピーター・フランプトン。ザ・ハードやハンブル・パイの一員として活躍し、ライブでのバンド編成からアコースティック編成への転換やライブアルバムリリースの第一人者として知られるイギリス人の魅力に迫ります。

アンプに通したくなるマーティンレトロシリーズの特徴とおすすめモデル

アンプに通したくなるマーティンレトロシリーズの特徴とおすすめモデル

アコースティックギター(以下アコギ)は音楽シーンの中で多くの活躍の場所があります。弾き語りを一人で楽しむことも楽しいけれど、エレアコ化するとレコーディングやライブパフォーマンス様々な可能性が広がっていきます。マーティンのレトロシリーズはフィッシュマンとの共同開発で、エレアコにしたシリーズです。...

おすすめの記事一覧

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

偶然からの産物!マーティンD35の特徴とおすすめモデル

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

世界のフジゲン!フジゲン製ストラトキャスターの魅力に迫る!

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

Steinberg社のCubase9の特徴を紹介!コードトラックと新機能とは?

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

聞けばハッピー!熱いパフォーマンスと不思議なキャラクター、Galantisとオススメ定番曲

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

楽器・機材を探す