AKAI professional EWI-USBでT-SQUAREを演奏しよう!その特徴も紹介!

ウィンド・シンセサイザーという楽器をご存知の方はあまり多くは無いと思いますが、T-SQUAREという名前はご存知の方も多いと思います。彼らがリード楽器として利用していたのが、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWIシリーズです。 この記事では、AKAIのウィンド・シンセサイザー、EWI-USBの特徴と使い方について解説します。

目次

  • T-SQUAREで広まった
  • 音源をもたない強み
  • EWI-USBの特長と使い方
  • まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

T-SQUAREで広まった

まずは、T-SQUAREの演奏をご覧ください。TVコマーシャルなどにも、使われているので、耳にした方も多いと思います。ヒット曲TRUSHはF1グランプリのテーマ曲にもなり、彼らの名前を一躍日本全国に広めました。

ウィンド・シンセサイザーは、サックスやフルートなどの木管楽器の奏法で、シンセサイザーを演奏する楽器として、誕生しました。多くのメーカーから製品が発売されましたが、市場リーダーとして、生き残ってきたのは、AKAIとヤマハの2社で、T-SQUAREが使っていたのは、AKAIの製品です。

特に、タッチセンサーを利用していることで、早いフレーズへの対応が特徴です。

音源をもたない強み

ウィンド・シンセサイザーは、大きく2種類に分類することができます。具体的には、音源を自ら持っているものと、midiコントローラーとしての機能のみで、音源は外部のハードウェア、ソフトウェア音源に任せるもので、EWI-USBは音源を持たないコントローラーです。

AKAIでは、EWI-USB以外は音源内蔵ですが、EWI-USBは音源を持たないことで、軽量であること、音源、特にソフトウェア音源の将来の技術革新に対応できること、ソフトウェアの機能によってですが、単音だけでなく、コードやアルペジオ奏法などもできるなど、発展性を持っています。

EWI-USBの特長と使い方

シンセサイザーといえば、キーボードを連想するように、現代のシンセサイザーは、一般的にキーボード・シンセサイザーをイメージすると思います。では、なぜ、ウィンド・シンセサイザーを利用するのでしょうか?それは、ひとえに感性的な要素が強いと思います。

キーボードを巧みに使って、サックスやフルート系の音を鳴らす人もいますが、やはり、管楽器に近い形態のウィンド・シンセサイザーの方が様になります。また、管楽器のなめらかな音色を表現するためには、管楽器の特性を取り入れた、ウィンド・シンセサイザーが適しています。

管楽器はB♭などの移調楽器が多いのですが、デジタルの強みで、移調も簡単です。さらに、息を挿入することによって、発音するので、弦楽器の発音状態とも相性が良いと言われています。 唯一の難点は、基本的に単音楽器であることですが、これも工夫することで、かなりの部分克服することができます。

具体的には、音源ソフトが持っている、コード演奏機能や、アルペジオ機能の利用です。例えば、アップルのMainstage3では、midiプラグインを利用して、一つの音程で、コードを鳴らしたり、アルペジオを演奏することができます。他のソフトでも同様の機能を持っていることが多いので、是非、試してください。

まとめ:新しい試みで、どう発展していくか

ウィンド・シンセサイザーは、ヤマハがWX5を1998年に発売して以来、新製品を導入していません。ヤマハのWX5はAKAIに比べて、運針面で優れているので、是非、新製品を導入してほしいと思います。

AKAIもEWI-USBを2008年、ワイヤレス機能を搭載したEWI-5000を2014年に発売して、ほぼ動きが止まったように感じましたが、ローランドが2016年にAerophone AE-10で市場参入を果たしました。

AE-10はどちらかというと、クラッシックの分野を意識して、ナチュラルな音色を売り物にしていますが、ウィンド・シンセサイザーの世界に、また活気が持たらしました。そして、T-SQUAREに続く、新しいアーティストの誕生が待たれます。

  • まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

    まるで絵画!ゼマティスギターの魅力と特徴を紹介!

    美術館に展示されていそうな芸術性に溢れたギター。それが「ゼマティス」です。手作業で作られるその見た目は非常に芸術性に優れ、大量生産ができないことからのレアリティーも非常に高い楽器です。ルックスをフューチャーされる事が多いですが、そのサウンドクオリティも非常に注目です。この記事ではそんなゼマティ...

  • 音源内蔵型ドラムパッドコントローラのライナップとその特徴

    音源内蔵型ドラムパッドコントローラのライナップとその特徴

    ドラムパッドコントローラは、ドラムやパーカッションの代わりだけでなく、ドラムセットへの拡張音源の提供や、効果音の送出のタイミング出しなどで、楽曲にメリハリをつけたり、バックトラックや効果音を呼び出す便利なGearです。今回は音源内蔵型の代表的なドラムパッドコントローラのラインナップや特徴につい...

  • ESP製テレキャスターのおすすめと特徴を紹介!N-TEとTHROBBERを解説! 

    ESP製テレキャスターのおすすめと特徴を紹介!N-TEとTHROBBERを解説! 

    世界初のソリッドギターとして生まれたテレキャスター。シンプル・イズ・ベストを具現化したような音とルックスは、ロックンロールやガレージロックとの相性が抜群で、その佇まいは現在も世界中のギタリストを魅了し続けています。そんなテレキャスターを基に作られたギターは数知れず、オーソドックスなテレキャスタ...

  • シェクター エレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

    シェクター エレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ

    シェクターのエレキベースは、パワフルなサウンドが特徴的でメタルやミクスチャーロックなどのバンドでよく見かけることが多いエレキベースです。シェクターは使用しているアーティストも多く、非常に人気の高いメーカーと言えます。この記事では、そんなシェクターエレキベースの特徴と種類、おすすめシリーズ・モデ...

  • まずはこの曲!エレキギター初心者におすすめの練習曲10選

    まずはこの曲!エレキギター初心者におすすめの練習曲10選

    エレキギターを購入してまず行いたいのは、曲を弾く事ですよね。しかし、初心者の中には何から始めよう?と悩んでいる方もいるのではないでしょうか?まずは曲を練習しよう!と思ってもどの曲から始めようか迷ってしまいますよね。そこで、エレキギター初心者におすすめの練習曲をまとめました。

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す