ギターの弦一つで音はものすごく違う!特徴と選び方

様々なメーカーから様々な種類の弦が発売されています。

明らかに音の違うもの、気のせいなのかなと思う程差がわからないもの、様々です。

今回は弦の特徴をまとめてみます。

ゲージ(太さ)の違い

音色ももちろん変わってきますが、弾き心地にも大きく影響してきます。

太いゲージのものほどテンション(引っ張る力)が高いため押さえるのに力がいりますがその分パワーのある低音のしっかり出た太い音、パワフルな音になります。

逆に細いゲージのものだと押さえやすく高音が強調された音になります。

素材の違い

エレキギターの弦にはニッケル素材のものとステンレス素材のものがあります。

ニッケル素材はバランスの良いサウンド、ステンレス素材のものは硬くジャキっとした音、さびにくいのが特徴です。

コーティング弦

その名の通り弦を薄い膜でコーティングした弦です。

巻き弦の隙間などに手の油分などが入り込まず音質の劣化が少ないですがその分高価です。わずかにノイズが増えるという方もいます。

メーカーごとの違い

メーカーごとでも音は微妙に変わります。わずかなものから製法により出てくる特徴など様々です。

  • ダダリオ:イタリアの老舗メーカーで愛用者がとても多いです。太くてまとまりのあるサウンドが特徴です。
  • アーニーボール:アメリカの老舗メーカーでダダリオと並ぶ人気です。キラキラした倍音たっぷりのサウンドです。
  • S.I.T:独自の「ステイ・イン・チューン加工」により、チューニングの安定性が向上。落ち着いて、安定したサウンドです。
  • エリクサー:コーティング仕様により寿命が長いです。人気も非常に高いです。
  • GHS:近年人気の高まってきているアメリカのメーカーです。芯のある無骨で男らしいサウンドが特徴です。

エレキギター弦にはこれらの特徴がありますが初心者の方は音の違いよりもまずはしっかりと押さえられること、

弦交換で失敗してもいいように安価でゲージの細いもの(009〜042とかかれたライトゲージまたはスパーライトゲージとよばれるもの)で弾きこんでいくことが大切です。

その後にもう少しパンチが欲しい、ドロップチューニングなのでテンションをかせぎたいなどの目的が見えたときに弦の種類を変えていくのがベストだと思います。

弦の違いを感じれるようになったときはもう初心者ではなくなっていると思います。そこからは自分らしいこだわり、音がどういったといったものなのかをイメージしてお好みの弦を探してみてください!

この記事に関連する商品

  • 変わらないスタンダード!ムーンベース JJシリーズの魅力

    変わらないスタンダード!ムーンベース JJシリーズの魅力

    皆さんはMOONというメーカーはご存知でしょうか?MOONとはいまでは多くのメーカーが行っているコンポネートという概念を初めに行ったメーカーなのです。これにより多くのミュージシャンに愛用されるようになり世界中のミュージシャンに知られるようになりました。MOONは世界中に楽器を発信するにあたって...

  • ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来  ”クリス・デュアーテ

    ブルース界を代表するギタリストのひとりは“スティーヴィー・レイ・ヴォーンの再来 ”クリス・デュアーテ

    60年代、70年代生まれのブルースギタリストの代表格といったらチャーリー・セクストンやジョー・ボナマッサといった所でしょうか?しかし、その年代のそのジャンルで欠かすことの出来ないギタリストがクリス・デュアーテです。デュアーテはギターを始めた後にスティーヴィー・レイ・ヴォーンのライブを観てブルー...

  • Wavesの即戦力プラグインバンドル「Renaissance Maxx」

    Wavesの即戦力プラグインバンドル「Renaissance Maxx」

    いろいろなDTM系の雑誌や書籍などにも頻繁に登場する業界標準プラグインメーカーのWavesですが、プロアマ問わずに最もスタンダードと言っても過言ではないコンプレッサーが「Renaissance Compressor(ルネッサンス・コンプレッサー)」です。その「Renaissance Compr...

  • 5弦ベースのチューニングはどうすれば良い?基礎を解説

    5弦ベースのチューニングはどうすれば良い?基礎を解説

    昨今ジャンルの多様化に際してベースも広い音域が必要となりオーソドックスな4弦ベースに加え弦の本数を増やした多弦ベースというものが増えてきています。特に多弦ベースでは、オーソドックスな4弦ベースに1本弦を増やした5弦ベースが主流になってきています。ですが多弦ベースとなると同じベースでもいろいろと...

  • エピフォン:レスポールスタンダードの特徴と仕様・スペック

    エピフォン:レスポールスタンダードの特徴と仕様・スペック

    ギタリストならみんなが1度は憧れるレスポール!ここでは、エピフォン(Epiphone)のレスポールスタンダードの特徴と仕様・スペックについて紹介していきますよ!1957年にギブソンの子会社となるまで、ギブソンとそのシェアを競い合っていたほどの技術力を持っています。子会社化してもコピーモデルでは...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す