フェンダー エクスクルージブ ジャズベースの魅力と特徴

「これからベースを始めたい!」そんな方が楽器探しをする際に必ず目にするメーカーの一つが「FENDER(フェンダー)」では無いでしょうか?老舗メーカーとして最も有名なフェンダー社の楽器は今も昔も多くの人に愛されて来ました。

そんなフェンダー社のベースラインナップの中で最も人気の高いスタイルが「ジャズベース」になります。「ジャズってあのJAZZ?」と初心者の方には誤解されがちですが、全てのジャンルに対応できる素晴らしいオールラウンダーです。

この記事ではそんなジャズベースの魅力と特徴をお伝えします。

目次

  • フェンダージャパンとは
  • 年式による仕様の違い
  • ジャズベースとプレシジョンベースの違い
    • ジャズベースの特徴
    • プレシジョンベースの特徴
  • オススメのジャズベース
    • Fender Japan Exclusive Classic 60s Jazz Bass
    • Fender Japan Exclusive Classic 70s Jazz Bass
    • Fender Japan Exclusive Aerodyne Jazz Bass

フェンダージャパンとは

フェンダー・ジャパンはその名前の通り、フェンダー社の正式なライセンスを受けている日本のギターブランドです。1970年代以降、日本には大手ギターブランドであるフェンダーのコピー商品が多く出回っており、そこでフェンダー自身が日本で安価なギターを販売するため、子会社としてフェンダー・ジャパンを設立。コピー版を一掃する目的と、フェンダーの廉価版シリーズを普及させるのが目的でした。その後、一時は不人気から姿を消しますが、フェンダーの代理店だった神田商会が新たにコピーライセンスを取得、フェンダー・ジャパンを自社のプライベートブランドとして再興させました。

残念ながら2015年3月20日を以って フェンダー ジャパンブランドは終了となりましたが、本家フェンダー社の意向により、日本向けフェンダーの発売に向け、現在の「フェンダー ジャパン エクスクルーシブ シリーズ」になっています。

年式による仕様の違い

フェンダーの楽器にはモデル名の後ろに数字表記で「50s,60s」など、どの年代の特徴を再現しているかを表しています。これは、各年代で仕様している木材などに非常に特徴があるため使われている表現方法です。この年式の違いを知っておくと、ある程度その楽器の特徴が見えてくるので、是非覚えて見てください。

しかし、各年代再現による違いが出るモデルはある程度の価格帯の楽器からになってしまう為、ボディと指板の木材の違いだけご説明させていただきます。

1950年代再現

メイプル指板 バスorアルダーボディ

1960年代再現

ローズ指板、バスorアルダーボディ

1970年代再現

メイプル指板、アッシュボディ

見た目や音にも非常に影響しますが、どの年代が好きかは完全な好みになって来ますので、もし可能ならば2つ、もしくは3つを同じ場所で弾き比べるとわかり易いと思います。

ジャズベースとプレシジョンベースの違い

ジャズベースとプレシジョンベースはどちらも非常にスタンダードなモデルとしてあげられる事が多い機種です。では、この2つのベースの主な特徴をご説明します。

ジャズベースの特徴

ジャズベースの一番の特徴は、ピックアップがフロント(ネック側)とリア(ブリッジ側)に2機搭載されている点です。シングルコイル(スプリットコイル)・ピックアップ2機搭載という全く新しい概念を採用し、フロント側とリア側のピックアップ同士が起動する事でプレシジョンベースで悩みの種だったノイズを発生させないという、当時としては画期的なサウンドを得ることができたのです。また各々のピックアップの音量、トーンを独自に調整する事でサウンド作りの幅が大幅に広がりました。

そしてもう一つの大きな特徴は、プレイアビリティ向上の為、細いネック幅が採用された事にあります。これにより、よりスムーズに多彩なフレーズを演奏する事が可能となり、ベースという楽器が「ギターの低音部分を支える」という役割から「楽曲の低音部分を彩る」という役割へと進化していく事となるのです。

プレシジョンベースの特徴

プレシジョンベースは1951年、アンプで音を増幅することによって大きなステージでの演奏を目的として誕生しました。エレキベースが誕生する以前、ジャズなどのジャンルで低域を担当していたのはコントラバスでした。ボディサイズも非常に大きく、長いスケールにフレットレス指板であったことから、非常に高い演奏技術が要求されました。それに対して、プレシジョンベースでは音をアンプによって増幅するのでボディサイズを大きくする必要はありません。これによってコントラバスにはないプレイアビリティの高さを実現しているのです。

さらに短いスケールの指板にギターと同じように金属製のフレットを打ち込むことによって、誰でも簡単に正確な音程での演奏が可能となりました。これがプレシジョン(正確な)ベースという名前の由来になったと言われています。もし、レオフェンダーがプレシジョンベースをこの仕様にしなければ、今でもエレキベースは非常に高い演奏技術が必要な特殊な楽器となっていたかもしれません。

オススメのジャズベース

Fender Japan Exclusive Classic 60s Jazz Bass

「Fender Japan JB62」の仕様を受け継いでおり、プレシジョンベースに比較してスリムなネックシェイプで、演奏者の身体に馴染みやすいくびれたボディデザインが特徴です。二基のピックアップで表現力豊かなフレーズを奏でてくれるオールマイティなモデルです。

主な仕様

  • BODY:Alder
  • NECK:MAPLE
  •  OVAL TYPE SCALE:432mm
  • FRETBOARD:ROSEWOOD
  • FRET:20F VINTAGE
  • RADIUS:184R
  • NUT WIDTH:38㎜
  • PICKUPS:JB VINTAGE (USA)
  • CONTROLS:2VOL, 1TONE,
  • BRIDGE:VINTAGE
  • TUNER:MHB-GB1 NI

Fender Japan Exclusive Classic 70s Jazz Bass

タイトなサウンドが特長の'75タイプ・ジャズベースで70年代に多く見られるアッシュ材をボディに採用し、より引き締まったサウンドを実現しています。ワイドレンジで幅広いジャンルに対応するオリジナル・ピックアップを搭載しています。

主な仕様

  • Body Shape:Jazz Bass
  • Body Material:Ash
  • Body Finish:Polyester
  • Neck Material:Maple
  • Neck Shape:Slim "C"
  • Scale Length:34" (864 mm)
  • Fingerboard Radius:7.25" (184.1 mm)
  • Number of Frets:20
  • Fret Size:Medium Jumbo
  • String Nut:Synthetic Bone
  • Nut Width:1.5" (38.1 mm)
  • Neck Plate:3-Bolt "F" Stamped with Micro-Tilt?;
  • Neck Finish:Polyester
  • Position Inlays:White Dot
  • Bridge Pickup:Vintage-Style Single-Coil Jazz Bass
  • Middle Pickup:Vintage-Style Single-Coil Jazz Bass
  • Controls:Master Volume, Master Tone, Blend
  • Pickup Switching:None
  • Pickup Configuration:SS
  • Bridge:4-Saddle Vintage-Style
  • Tuning Machines:Vintage-Style Open-Back
  • Orientation:Right-Hand
  • Pickguard:3-Ply White
  • Control Knobs:Vintage Style Black Plastic Jazz Bass

Fender Japan Exclusive Aerodyne Jazz Bass

Aerodyneという単語には「重航空機」の意味があり、緩やかな曲面を描いたラウンドトップ形状はプレイヤーの身体に見事にフィットします。軽量なうえにバランスの良いサウンドのバスウッドボディで、ジャズベースとプレシジョンベースを融合したようなPJピックアップ構成が魅力的です。

主な仕様

  • Body Material Basswood
  • Body Finish Polyester
  • Neck Material Maple
  • Neck Shape Slim "C"
  • Scale Length 34" (864 mm)
  • Fingerboard Radius 7.25" (184.1 mm)
  • Number of Frets 20
  • Fret Size Vintage-Style
  • String Nut Synthetic Bone
  • Nut Width 1.5" (38.1 mm)
  • Neck Plate 4-Bolt
  • Neck Finish Polyester
  • Fingerboard Rosewood
  • Position Inlays White Dot
  • Controls Master Volume, Tone 1. (Neck Pickup), Tone 2. (Bridge Pickup)
  • Pickup Switching None
  • Pickup Configuration PJ
  • Bridge 4-Saddle Standard
  • Tuning Machines Standard Open-Gear
  • Orientation Right-Hand
  • Pickguard Black
  • Control Knobs Chrome Skirted

あとがき

フェンダー ジャズベースの魅力、いかがだったでしょうか?一大ブームを巻き起こしたアニメ「けいおん!」もこのジャズベースを使用していた事で人気でした。スタンダードだからこその扱いやすさは格別ですので、ベースを始める際には是非1度お手にとって見てはいかがでしょうか?

  • アイバニーズ・エレキベース「SR」の特徴とおすすめモデル

    アイバニーズ・エレキベース「SR」の特徴とおすすめモデル

    アイバニーズのエレキベースといえば、癖がなく音作りを楽しむことができる、プレイアビリティが高いなどの特徴のあることで有名ですね。今回は、アイバニーズのエレキベースでも定番のシリーズとなっている「SRシリーズ」の特徴とおすすめのモデルを紹介していきたいと思います。海外でも評価の高いアイバニーズの...

  • マーシャルの発売したスピーカーに注目!

    マーシャルの発売したスピーカーに注目!

    ギターアンプの王道を作ってきたマーシャルが販売する、オーディオ用のスピーカーがあります。それらの商品はマーシャルアンプで培った技術をふんだんに使っており、非常にユーザビリティに優れている製品です。そんなマーシャルのオーディオ部門は、マーシャルらしい使いやすい高機能、シンプルな操作性とアナログな...

  • ワンランク上の音作り。ギタリストに必要なMIXエンジニア的思考

    ワンランク上の音作り。ギタリストに必要なMIXエンジニア的思考

    最近はギタリストの人がDAWを使用することもあって、エフェクターボードを作るときにMIXエンジニア的思考をされている方が多くなってきました。MIXを通じて楽曲の音を俯瞰でみれる人が増えたのですね。今回はこのような考え方を理解し、ギター単体のことしか考えていない音作りから、バンド全体における自分...

  • エレキギターのチューニングアプリはTuner Lite! もはやチューナーいらずでどこでも調弦できる?

    エレキギターのチューニングアプリはTuner Lite! もはやチューナーいらずでどこでも調弦できる?

    みなさん、チューナーは普段何を使っていますか?ライブ中の演奏などではエフェクターチューナーやクリップチューナーを使う自分ですが、スタジオ演奏などのフランクな場では、最近チューナーを持ち込まなくなっている私です。では、何を使っているのか?それは、チューナーアプリです!

  • joyoエフェクターの元ネタ一覧とそれぞれのレビュー

    joyoエフェクターの元ネタ一覧とそれぞれのレビュー

    JOYOは中国を拠点にエフェクター・アンプ・チューナー・メトロノーム・イコライザーなど様々な楽器周辺機器を製造し楽器関連のものだけでなく、オーディオインターフェースなども展開しています。基本的にはコンパクトでシンプルなものが多く、これまでの常識にとらわれない革新的なものを幅広く展開していること...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す