ライブにうってつけのワイヤレスシールド!SHURE&Audio-technicaの特徴とモデル

こんにちは。前回はライブパフォーマンスをするためのマストアイテムといえるワイヤレスシステム、そのなかでもLINE6社の製品を紹介しました。

今回はLINE6に負けず劣らずのワイヤレスシステム市場を獲得しているSHURE社とAudio-technica社のワイヤレスシステム製品の特徴とモデルを紹介していきます。

目次

  • SHURE/Audio-technicaの特徴
  • SHURE GLXD16
  • Audio-technica ATW-1501
  • まとめ

SHURE/Audio-technicaのワイヤレスの特徴

SHURE/Audio-technica共にどちらもマイクやヘッドホンで世界的に有名なオーディオメーカーです。

両社のワイヤレスの特徴は「よりライブに実践的である」という点です。

堅牢なメタルボディを有するレシーバーや内蔵チューナーなどライブをするギタリストにとって嬉しい機能が満載になっています。

それではモデル別に細かい仕様を見ていきましょう。

SHURE GLXD16

Awesome piece of equipment! Can't wait to use this baby on stage! #shure #shureglxd16 #wireless #wirelesssystem

Ian Tuazonさん(@iantuazon)がシェアした投稿 -

GLX-D ギターペダルデジタルワイヤレスシステムは、革新的な LINKFREQ周波数自動マネージメント機能、充電式電池、比類ないShureデザインと構造を組み合わせました。ストロボ式およびニードル式ギターチューナーを搭載する GLXD6 ギターペダル受信機はペダルボードに簡単に取りつけることができ、明瞭度の高いデジタルオーディオとシームレスな操作性を提供します。(出典:公式HPより)

今までのワイヤレスシステムは音質や安定性をある程度犠牲にしているという側面がありましたがSHURE GLXD16は自動的に最適な、つまり電波干渉や音切れなどが起こりにくい周波数帯を選択するLINKFREQシステムを採用しておりこれを解消しています。

頑強なトランスミッターGLXF1と同社初のペダル型レシーバーGLXG6の2つから構成されているSHURE GLXD16は短時間の充電で長時間の運用を可能としており、ストロボタイプとニードルタイプの2つを選択できる高精度のチューナーを内蔵しているなどライブユーズにも適しているモデルです。

使用アーティストにはBABYMETALのギタリスト、大村孝佳氏やGALNERYUSのSyu氏などが使用しており、信頼度の高さが伺えます。

Audio-technica ATW-1501

念願のワイヤレス。 これで私もI CAN FLY〜 #audiotechnica #atw1501 #system10 #bass

Taichi141さん(@taichibass_141)がシェアした投稿 -

Audio-technica ATW-1501は3つのダイバーシティ方式、受信状態の良いアンテナを自動的に選択するベースダイバーシティ方式、時間ダイバー方式、周波数ダイバー方式を採用した革新的なギターワイヤレスシステムです。

チューナーを内蔵したペダルサイズのレシーバーに、電池残量を4ステップで表示するトランスミッター、加えて1台のレシーバーに8台のトランスミッターの同時接続を可能としライブ中のギター持ち替えをスムーズにすることができるマルチペアリングシステムなどライブで使うにあたって痒いところに手が届くような仕様を持っています。

まとめ

いかがだったでしょうか。SHURE社、Audio-technica社のどちらも独自の機能を有しており甲乙つけがたいですね。

LINE6社のワイヤレスシステム含め、自分の環境にあったモデルを選択してみてください。

それでは。

この記事に関連する商品

ベース音源「MODO BASS」の実力は 評判通り?

ベース音源「MODO BASS」の実力は 評判通り?

昨年発売されたヴァーチャル・インストゥルメントのなかで最も話題になったと言っても 間違いないのがIK Multimediaのベース音源『MODO BASS』ではないでしょうか?発売前から、プロ・アマ問わず、かなり期待が膨らんでいましたが、日本国内でもパッ ケージ版の...

マーシャルアンプを自宅に買うならこれだ! オススメのシリーズまとめ

マーシャルアンプを自宅に買うならこれだ! オススメのシリーズまとめ

ギターを練習していると、生音ではわからないニュアンスやテクニックがありますよね。アンプを通して大音量で鳴らしたい・・・でも近所迷惑だから家でアンプなんか使えない・・・!そんな自宅練習に最適なアンプを紹介したいと思います。メーカーはたくさんありますが、今回は一番有名であろうマーシャルの自宅練習用...

ロック曲の作り方。”6415”が大好きなONE OK ROCKのサビコード進行の分析。

ロック曲の作り方。”6415”が大好きなONE OK ROCKのサビコード進行の分析。

今日本で最も"アツい"バンドの1つにONE OK ROCK(読み方:ワンオクロック)が挙げられます。Re:makeやThe Beginningといった、ONE OK ROCKの代表曲のような"アツい"曲を書くには、どうすれば良いのでしょうか?今回はコード進行という側面から切り込んでいきたいと思...

独特な見た目が人気のJames Tylerの魅力

独特な見た目が人気のJames Tylerの魅力

マーブルチョコのような独特なカラーが特徴的なギター「James Tyler」をご存知でしょうか?非常に目立つルックスとは裏腹にネックグリップなどの演奏面においての評価は非常に高いギターです。この記事では、そんな個性的なルックスと安定のサウンドの両方を持ち合わせたジェームズテイラーギターの魅力や...

個性的なメーカー!リッケンバッカーエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

個性的なメーカー!リッケンバッカーエレキギターの特徴と種類、おすすめシリーズ

Rickenbacker(リッケンバッカー)とは、アドルフ・リッケンバッカーによって作られたアメリカ合衆国の楽器メーカーです。日本の代理店は新星堂、山野楽器となっています。個性的なルックスや硬く芯があるサウンドで、多彩なジャンルのアーティストたちに支持され、長年人気を誇るブランドです。そんなリ...

おすすめの記事一覧

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

シンプルでも負けない品質!レスポールスタジオの特徴と最新モデル事情

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

DTMの世界にワイヤレス時代が到来、その機能と特徴について解説

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

小さな暴れ馬!! フェンダーUSAムスタングの特徴とおすすめモデル

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

WEBベースのDAW、Soundtrapの機能とコーライティングの可能性を探る!

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

あまりにも有名なジム・ダンロップのエフェクター その実力はいかに!?

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

扱いづらくても万能型!! フェンダーUSAジャズマスターの特徴とおすすめモデル

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

ワンマンギターライブにデビュー!ボーカルエフェクター3選

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

名前のない時代もある? フェンダーUSAテレキャスターの特徴とおすすめモデル

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

ラウドな重低音を求めるならこれ!Strictly 7 Guitarsの特徴とおすすめ!

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

Presonus社のDAW Studio Oneが3.5にバージョンアップされ、より軽快性を増しました

楽器・機材を探す