ヘヴィサウンド向け!アイバニーズ製レスポールことARZシリーズの魅力と特徴

アイバニーズ製のレスポールであるARZシリーズ。見た目こそレスポールと同じですがまったく別のベクトルのギターということはご存知でしょうか。今回はそんなアイバニーズ製のARZの特徴やおすすめをご紹介していきます!

目次

  • 重厚な音圧!Iron Label
  • メタル向けと言っても過言ではないスペック!
    • ボディー材
    • ピックアップ
  • お小遣い足りるかな・・・気になる価格帯は!?
  • まとめ

重厚な音圧!Iron Label

Say hello to my twins. Ibanez Artist Series ARZ700 . #ibanez #artistseries #arz #guitar #guitarist #lespaul #emg

Connor MacLeodさん(@helloconnor)がシェアした投稿 -

アイバニーズのギターは基本的にハードロック、ヘヴィメタルといったラウドミュージックに向いているギターが多く作られていますが、このIron Labelはラウド系に特に重きを置いたシリーズとなっています。比較的多機能であらゆるサウンドに対応できるRGシリーズに関しても、このIron Labelでは多くの機能を制限してシンプルになっています。

余計な機能を排除したシンプルなスペックはメタル系ギタリストに愛されているようです。

メタル向けと言っても過言ではないスペック!

Ibanez ARZ800QM #ibanez #quiltedmaple #arz #singlecut

Ageng Guitar Storeさん(@agengguitarstore)がシェアした投稿 -

ARZはアイバニーズでは珍しいレスポールタイプのギターですが、レスポールと共通する部分は形だけと言っても過言ではないほど別のギターとなっています。

ボディ材

ボディ材はブビガントップ、マホガニーバック。ネックはヒールカットが施されておりハイポジションが弾きやすいマホガニーネック。指板は音の立ち上がりが良いエボニー指板。

ピックアップ

ピックアップはリア、フロントともにEMGが搭載。ピックアップセレクターは落とし込みがされておりプレイの邪魔をしない。ギブソンより少し長い25インチで24フレット。完全にダウンチューニングを意識した作りになっています。以上の特徴を見るだけでも重いメタルサウンドにピッタリのギターということがわかりますね。ピッタリというよりはここまでくるともはやメタル専用モデルと言っても過言ではないでしょう。

通常の6弦に加えて7弦ギターもラインナップされておりますので、より重い音楽にも対応可能なギターです。筆者はハードロック、ヘヴィメタル畑の人間なので、正直このスペックはテンションがあがってしまいます。ちなみに、RGシリーズに関しても機能は極端に少なくなっており、同様にEMGピックアップを搭載しています。

お小遣い足りるかな・・・気になる価格帯は!?

Active or Passive? #lol #ibanez #arz

Zebedee Izakさん(@zebneedy)がシェアした投稿 -

価格帯としては、大まかに言えば10~20万円くらいで購入できるものが多く、13万円くらいがボリュームゾーンでしょうか。エントリーモデルではないので少し金額は張りますが、7弦ギターもラインナップされているのでダウンチューニング命のメタラーにはピッタリのモデルです。最初の一本にレスポールタイプを選ぶ方は多いかと思います。

しかし上達してくるともっとヘヴィな音が欲しい、でもレスポールタイプの形が好き。そんな欲が出てくることが多々あります。ほんとギタリストの欲ってすごいですよね、あれもいいこれもいい、もっとこうなってるギターがいい、等々筆者も常に思ってしまいます。そんなときの二本目にちょうどいい価格、スペックではないでしょうか。

7弦モデルもありますので7弦デビューとしても高すぎず安すぎず丁度いい金額かと思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ARZの特徴は理解していただけましたか。見た目で「お、アイバニーズのレスポールもいいかな」と思ってた方はしっかりとスペックまで確認しないと、思っていたものと全然違う!となりそうなので気をつけた方がいいかもしれません。

メタルサウンドをお求めの方には是非ともオススメな一本ですので、重厚なサウンドを響かせてくださいね。

この記事に関連する商品

  • 再結成したザ・バンドのギタリストはチューブアンプを使用するジム・ウィーダー

    再結成したザ・バンドのギタリストはチューブアンプを使用するジム・ウィーダー

    1985年にサザンロックの代表格“ザ・バンド”の再結成に参加したジム・ウィーダー。オリジナルメンバーのロビー・ロバートソンとはひと味違うプレイでバンドのギターサウンドを引っ張りました。ナッシュビルやアトランタでスタジオミュージシャンとして始まった彼のキャリアとチューブアンプを用いた彼の骨太ギタ...

  • コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

    コスパ最強のMAC専用のDAWソフト「Logic Pro X」の特徴

    強力なクリエイティブツールや、ソフトシンセ&プラグインエフェクトを搭載するAppleの『Logic Pro X』は、今では数少ないMAC専用のDAWソフトです。驚くべきは2万円代前半という販売価格の安さで、アップル純正ということもあり『Logic Pro X』ためにMACを選ぶ人がいる...

  • ヘヴィメタルの基礎を築いた、リッチー・ブラックモア名曲

    ヘヴィメタルの基礎を築いた、リッチー・ブラックモア名曲

    リッチー・ブラックモアは、ディープパープルとして活動後、自身のソロバンドであるレインボーとして活躍しました。1970年代というブルース・ロックの全盛期にロックギターにクラシックのフレーズを入れ、ロックの可能性を広げました。1970年代以降のハードロックに多大な影響を及ぼしました。彼のステージ上...

  • エフェクターのつなぐ順番は?セオリーを覚えよう!

    エフェクターのつなぐ順番は?セオリーを覚えよう!

    エフェクターを何個か買うと、当然のことながらある疑問が浮かびます。『つなぐ順番はどうしたらよいのだろう?』と。もちろん、自分の好みでつないで新しい音を探すのも一興です。しかし、何事もそうであるようにエフェクターのつなぎ方にもまたセオリーがあります。今日は、エフェクターのつなぎ方のセオリーについ...

  • 音楽の中心にあり続ける事!ワッシュバーンの特徴とアコギの代表モデル

    音楽の中心にあり続ける事!ワッシュバーンの特徴とアコギの代表モデル

    ワッシュバーンのというメーカーを知っていますか。ワッシュバーンはアコースティックギター(以下アコギ)よりもエレクトリックギター(以下エレキ)をメインとしたメーカーです。アコギが好きな方にはなかなかワッシュバーンは馴染みがないかもしれません。しかし、ロックやファンクのアーティストが、エレキからの...

おすすめの記事一覧

楽器・機材を探す