音楽・楽器の最新情報ならガッキマニアブログ

11月21日のおすすめ

今日のおすすめ

  • ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

    ライブ構成やライブアルバムなどの確立者 ピーター・フランプトン

    12歳の時には既にプロとして活動していた稀代のギタリスト ピーター・フランプトン。ザ・ハードやハンブル・パイの一員として活躍し、ライブでのバンド編成からアコースティック編成への転換やライブアルバムリリースの第一人者として知られるイギリス人の魅力に迫ります。

  • ロックからフラメンコまでプレイするスティーヴ・スティーヴンス

    ロックからフラメンコまでプレイするスティーヴ・スティーヴンス

    ビリー・アイドルの相棒として知られ、マイケル・ジャクソンや氷室京介と共演しているスティーヴ・スティーヴンスはヘビーメタルカラーが濃いギタリストと思われがちですが、『トップガン』や『スピード』などの映画音楽を担当し、フラメンコギターのアルバムをリリースする...

  • ジミ・ヘンドリックスの『アトランタポップフェスティバル』

    ジミ・ヘンドリックスの『アトランタポップフェスティバル』

    あらゆるギタリストの特集で取り上げられない事の方が珍しいジミ・ヘンドリックス。しかしその語られる多さもあり「ギターに火をつけた」、「右利き用ギターを逆さに持ち左手で弾いた」、「背中や歯でギターを弾いた」などの逸話だけが独り歩きしてしまう事もしばしば…。今...

  • 堅実なギタープレイが魅力のジェフ・ベック

    堅実なギタープレイが魅力のジェフ・ベック

    エリック・クラプトン、ジミー・ペイジと並び世界3大ギタリストのひとりに数えられるジェフ・ベック。そんな彼のライブアルバムとそのキャリア、プレースタイルについてご紹介します。

  • デヴィッド・ボウイの右腕としても活躍したカルロス・アロマー

    デヴィッド・ボウイの右腕としても活躍したカルロス・アロマー

    その楽しげにギターを弾く表情がプレイスタイルにも表れているカルロス・アロマー。デヴィッド・ボウイとの出会いやエレクトロニック・ミュージックに対する考え方、そこから生まれたソロアルバムを通じて彼の個性に迫ります。

  • 布袋寅泰 異色のソロデビューアルバム『GUITARHYTHM』

    布袋寅泰 異色のソロデビューアルバム『GUITARHYTHM』

    BOØWYのギタリストとして活躍した布袋寅泰は、1988年4月4日・5日に東京ドームで開催されたBOØWYのLAST GIGSからわずか半年後の10月5日にソロとしてのファーストアルバムである『GUITARHYTHM』をリリース。全曲新曲、ギターとコンピ...

  • デヴィッド・ボウイのスタジアムロックGLASS SPIDER TOUR

    デヴィッド・ボウイのスタジアムロックGLASS SPIDER TOUR

    1987年5月〜12月に掛けて行われたデヴィッド・ボウイ史上最も大規模なスタジアムツアー。当時のシーンはビッグセールスが定着しスタジアムロック時代真っ只中。ボウイ自身も1983年の『Let’sDance』や映画出演などでメインストリームを疾走していました...

  • デヴィッド・ボウイがゼロからバンドを結成しリリースした『TIN MACHINE』

    デヴィッド・ボウイがゼロからバンドを結成しリリースした『TIN MACHINE』

    1980年代のデヴィッド・ボウイの活躍は言わずもがなです。ロックというジャンルのみならず音楽界、はたまた俳優としても成功を収めた事で文字通りの“スーパースター”となったボウイが80年代終盤に求めたものは純粋な音楽への原点回帰でした。その手始めに結成したテ...

  • 氷室京介が語る「究極の氷室京介の音楽」アルバム『I・DÉ・A』

    氷室京介が語る「究極の氷室京介の音楽」アルバム『I・DÉ・A』

    遡る事ちょうど10年前…氷室京介が自らの活動拠点をアメリカ ロサンゼルスに移して初めて“カタチ”になったアルバムが『I・DÉ・A』。1997年12月10日にリリースされたこのアルバムはビリー・アイドルのギタリストとして名を馳せたスティーヴ・スティーヴンス...

  • 最強アイドル・でんぱ組.incのメンバーとおすすめ曲紹介!

    最強アイドル・でんぱ組.incのメンバーとおすすめ曲紹介!

    いまその名を知らぬ者はいない、最強のオタクアイドルグループ・・・でんぱ組.inc。解散騒動やメンバー脱退の噂が流れましたが、今のところは大丈夫です。メディアへの露出も増えてきて新たなステージに向かおうとしているでんぱ組。そんな彼女たち6人のメンバー紹介と...

  • 覚えておきたいエレキギターのネックの木材の種類と特徴

    覚えておきたいエレキギターのネックの木材の種類と特徴

    前回はエレキギターのボディによく使われる木材をピックアップして種類と特徴を説明していきました。当たり前ですが、ギターはボディ材だけでは完成しません。ボディ、ネック、指板、これらが組み合わさって初めて楽器として完成します。というわけで今回はネック材編。よく...

  • ギターボディによく使われる木材の種類と特徴

    ギターボディによく使われる木材の種類と特徴

    突然ですが、エレキギターの音色は何によって決まるのでしょう?もちろん様々な要因が積み重なっていることは確かです。それはそもそもアンプであったりピックアップであったり木材同士の組み込み精度の高さやそれこそ弾き手の腕だったりします。しかし、やはり外すことので...

  • FRIEDMAN BE-ODのエフェクターレビュー【第1弾】

    FRIEDMAN BE-ODのエフェクターレビュー【第1弾】

    アメリカのアンプメーカー「FRIEDMAN Amplification」より待望のエフェクターが発売されました。近年ENGLやOrangeなどのアンプメーカーが自社のアンプサウンドをペダルへと落とし込み、発売され話題になっていましたが、いよいよブティック...

  • 音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

    音作りには欠かせない、ギタリスト必見のおすすめシールド

    ギタリストにとってシールドは音作りには必要不可欠のアイテムですよね。でも、どのメーカー、どの型番のシールドが良いのかは結構判断しづらいと思います。そこで今回はそんな方に向けて、おすすめのシールドメーカー、型番をご紹介したいと思います。

  • 世界に誇る国産ブランド、フジゲンエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

    世界に誇る国産ブランド、フジゲンエレキギターの特徴とおすすめシリーズ

    FUJIGEN(フジゲン)というブランドをご存知でしょうか?日本を代表するエレキギターのメーカーであり、かつてはあの有名はフェンダーの日本ブランド「フェンダージャパン」の製造も行っていました。その品質はピカイチで人気の高いブランドです。では具体的に、フジ...

  • ギタリストの必需品!ペダル式チューナーのオススメと選び方

    ギタリストの必需品!ペダル式チューナーのオススメと選び方

    ギターは必ずチューニングと言われる音の調律が必要になります。基本的にギターは太い6弦と言われる弦からE,A,D,G,B,Eとチューニングするレギュラーチューニングが主流です。また、6弦のみを1音下げたドロップDや全弦を半音下げた半音下げチューニングなど、...

  • Studio Oneと連携を深める楽譜ソフト Presonus Notion 6の特徴と使い方

    Studio Oneと連携を深める楽譜ソフト Presonus Notion 6の特徴と使い方

    Notionは楽譜作成ソフトでありながら、DAWに近い実力を持ったソフトです。Notionは、iOSアプリのNotionとのシームレスな連携に加え、2016年にバージョンが6になった段階で、同じPresonus社のStudo oneとの連携を深めています...

おすすめ記事

楽器・機材を探す